遊雅堂

【初心者向け3選】甲子園に賭けられるブックメーカーと賭け方解説!

甲子園に賭けられるブックメーカー【3選】

✓夏の甲子園に賭けたい

✓オススメのブックメーカーは?

✓賭けてもいいの?

夏の帰省で時間を持て余し、パチンコ屋に行って惨敗。

こんなお決まりのパターンで、時間を無駄にした経験ありませんか。

稼げなくなったパチンコ屋で心もサイフも消耗するくらいなら「ブックメーカー」で好きなスポーツに賭けるほうがあきらかにお得。

職場で、仲間で、こっそり勝敗予想した夏の甲子園も今ならオンラインで簡単に賭けることができます。

今回は、夏の風物詩「甲子園」に賭けられる優良ブックメーカーと賭け方を解説します。

この記事でわかること

✓甲子園の賭け方

✓日本人向けブックメーカー【3選】

✓初心者は「遊雅堂」なら失敗しない

\オススメの甲子園ブックメーカーはこれ!/

「ブックメーカー」とは?

ブックメーカーとは

「ブックメーカー」とは、スポーツの試合に関するギャンブルを提供する企業です。

現在は、オンラインサイトでの賭けが主流で「野球」「サッカー」「格闘技」などのスポーツにおいて”どのチームが勝つか”あるいは”どの選手が勝つか”といった賭けを行います。

ブックメーカーは怪しい?

「ギャンブルを提供する企業と聞くと怪しい」

こんなイメージが沸くのも当然ですよね。

ブックメーカーは合法

\サッカーに賭けられる老舗ブックメーカー/

長友佑都の所属したサッカーチームのスポンサー

ちなみに、長友佑都選手が所属していたガラタサライFCは、有名ブックメーカー「NESINE.COM」がスポンサーを務めています。

ブックメーカーは海外の正式なライセンスを受けて、合法的に運営されていますので”違法団体”ではありません。

ブックメーカーは高還元率が魅力

ブックメーカーは儲かる?

みなさんは「宝くじ」の還元率をご存じですか?

宝くじは別名”貧乏人の税金”と呼ばれていますが、その理由がコチラです。

種別還元率管轄
ブックメーカー93~98%海外ライセンス
パチスロ / パチンコ80~85%警視庁
競馬70~80%農林水産省
競輪75%経済産業省
ボートレース(競艇)75%国土交通省
オートレース70%経済産業省
スポーツくじ50%文部科学省
宝くじ46%総務省
ブル吉

表をみるとブックメーカーを利用しない人は損している気分になるね。。

どんどん客離れしていく日本のギャンブルとは逆に、ブックメーカー利用者数はグングン伸びています。

上の表で示したように、ブックメーカーがお客さんにキッチリ還元しているので当然の結果といえますね。

オンラインで遊べる現代は、自分が”カモ”にされないギャンブル選びが重要です。

甲子園に賭けられるブックメーカーは少ない

さっそく「ウイリアムヒル」で甲子園に賭けたい!

と思ったアナタ。

ここからが、ブックメーカー選びの大事なポイントです。

甲子園に賭けられないブックメーカー

甲子園に賭けられる初心者向けブックメーカー【3選】

甲子園に賭けられるブックメーカー
ブル吉

センバツや夏の甲子園に賭けられて、初心者が使いやすいブックメーカーを厳選したよ

✓公式ライセンスを受けていること

✓初心者でも扱いやすい

✓日本人向けのサイト設計であること

✓甲子園の賭けが提供されること

3位「コニベット」

コニベットの入金方法
クレジットカード
銀行送金
仮想通貨
電子決済

かわいいマスコットが魅力のブックメーカー「コニベット」

ただし、サポート対応が「ボットかも」とのクチコミがあるので、いざという時に悩ましいところです。

2位「カジ旅」

カジ旅の入金方法
クレジットカード
銀行送金
仮想通貨
電子決済

独自システム”RPG型オンラインカジノ”が魅力の「カジ旅」

コニベットと同様にクレジットカード入金が可能で、使いやすいブックメーカーです。

サポート対応(ライブチャット)時間は、14:30~25:00とやや短め。

セールス電話がくることもあるので、好みがわかれるサイトです。

1位「遊雅堂」

遊雅堂の入金方法
クレジットカード(JCB・AMEX)
銀行送金
仮想通貨
電子決済

甲子園に賭けられる初心者向けブックメーカー1位は「遊雅堂」です。

遊雅堂はオンラインカジノで不動の人気を誇る「ベラジョンカジノ」の姉妹サイトで”日本人専用機”として誕生しました。

賭けられるスポーツのジャンルが老舗ブックメーカーよりも少なめですが、初心者には気にならないレベルです。

甲子園に賭けられるブックメーカーが少ない理由

甲子園に賭けられるブックメーカーは少ない

甲子園は日本のアマチュアジャンルであるが故に、賭けられるブックメーカーが少ないのは仕方ありません。

✓日本のスポーツを理解しているブックメーカーが少ない

✓勝敗予想しにくく、ブックメーカーが”大負け”する可能性がる

ブックメーカーの拠点は海外であり、日本のアマチュアスポーツに精通していないのが実態。

「甲子園には魔物が棲んでいる」の名言があるように、高校野球のようなアマチュアの試合は勝敗予想が立てにくく、ブックメーカーとしても賭けを提供したくないのがホンネでしょう。

ブックメーカーなら儲かる可能性大
ブル吉

日本人ユーザーを獲得したい企業は”負けるリスク”を取る傾向があるよ

甲子園に賭けたい初心者は「遊雅堂」なら失敗しない

遊雅堂

当サイトでは”失敗しないブックメーカー選び”をテーマに、日本人向けのサイトを紹介しています。

遊雅堂は100%日本語サイト

遊雅堂画面

✓違和感のある日本語が無い

✓英語表記ではなくカタカナが主体

ブックメーカーに限らず、海外サイトで”変な日本語”を見かけた経験ありませんか?

有名なブックメーカーでも、日本語表現に違和感を感じる場面が少なくありません。

その点、遊雅堂の日本語表現はパーフェクト。

遊雅堂は日本語の手厚いサポートが魅力

遊雅堂なら日本語サポート充実

遊雅堂は、365日24時間ライブチャットで日本語で相談できます。

3分以内にサポートから返答がありますので、夜中にブックメーカーを楽しみたい方でも安心して賭けられますね。

サポートセンターの人がブラック労働でないことを祈るばかり。

遊雅堂はクレジットカード入金ができて楽チン

遊雅堂はクレジットカードが使える

✓JCB

✓アメリカンエキスプレス

*遊雅堂は「VISA」「マスターカード」は使用不可

ブックメーカー次第では「仮想通貨」しか使えず、せっかくの賭けるタイミングを逃して損をする場合も。

その点、遊雅堂は決済方法のバリエーションが豊富です。

遊雅堂は日本円だけで賭けられる

遊雅堂は日本円で賭けられる
ブル吉

初心者がドルやユーロ表記を気にするとプレイに集中できないよね

遊雅堂の賭け方】甲子園は勝敗予想で賭けられる

遊雅堂の操作方法

勝利すると予想したチームをタップ

遊雅堂で甲子園に賭ける場合「マネーライン」という勝敗予想の儲けが提供されます。

操作がシンプルすぎて味気ないですが、この手軽さがブックメーカー魅力。

遊雅堂だけのスペシャルオッズ提供あり!

遊雅堂はスペシャルオッズあり

ブックメーカーのベテラン勢も歓喜のご様子(笑)

会員登録でモタモタしないように注意です。

【勝率アップ戦略】甲子園で儲けるのに必要な要素は?

甲子園のルール改正

甲子園では2018年以降、さまざまなルール改正が行われました。

ここでは、ルール改正による影響を踏まえ、スポーツベッティングで儲ける戦略を考察します。

ボールが飛ばない

今後の勝敗予想に大きく関わるのが、2024年のルール改正で登場した”飛ばないバット”

投手保護を目的としたルールですが、甲子園を目指す有力選手たちも困惑気味です。

バット変更でボールが飛ばない

このルール改正により、強豪チームですら適応に数年かかる見込みです。

2段モーション解禁

投球姿勢の多様化をもたらした「2段モーション解禁」

ソフトバンク1位指名を受けた前田悠伍投手(大阪桐蔭)のように、二段モーションを採用する選手が増えています。

バッター目線で考えると、明らかにタイミングを取りにくいハズ。

このルール改正も投手有利の状況を作ります。

✓有力な投手はいるか?

✓エースの代替え投手はいるか?

甲子園に儲けたい場合は、各チームの投手陣に注目すると勝率アップが期待できます。

【結論】ブックメーカー初心者は「遊雅堂」を選べば失敗しない

遊雅堂は最強

✓クレジットカード入金可能

✓日本円だけで賭けが完結

✓100%日本語サイト

✓高オッズが提供される

遊雅堂以外は悩むことが多い

初心者はブックメーカーに悩むだけ無駄。

いずれブックメーカーに慣れてくれば、2~3サイト登録するのは当たり前。

とりあえず「遊雅堂」で、賭け方のコツを理解すれば、無駄な時間を浪費しません。

初心者は遊雅堂を登録して甲子園の開幕に備えるべし

とりあえず遊雅堂に登録

\最大10万円のウエルカムボーナスあり/

ブル吉

遊雅堂は日本プロ野球(NPB)もアツい!登録、入金方法も解説はコチラ!

【甲子園に賭けられる】遊雅堂(ゆうがどう)の日本野球を徹底解説! ・ブックメーカーを利用して、日本野球に賭けたい! ・今すぐ始めたいけど「遊雅堂」は信頼できる? スポーツの賭けを提供す...

今だけ!3000円の特別ボーナスゲットはこちら

casinoble運営局
ブックメーカーとオンラインカジノの最新情報を相棒「ブル吉」とお届け!質の高い記事づくりに努めています。
\ Follow me /