未分類

お台場のカジノ構想は頓挫したの?予定地の場所やいつできるのかなど解説

お台場のカジノ構想は頓挫したのか検証


もともと、石原慎太郎氏が、「お台場カジノ構想」を提案し、カジノ構想が2017年辺りから話題となっていましたが、度重なる知事の交代や、会場候補地が度々変更となり計画は白紙状態となり、結果今までにお台場のカジノは本格的なラズベガスのようなカジノ計画までに至っていないのが現実です。

 

しかし稼いだポイントをアイテムと交換が可能なお台場にはカジノヴィーナスと呼ばれる カジノカフェがありますが、カジノヴィーナスは、「ブラックジャック」「バカラ」「ポーカー」の他にも10種類以上のカジノゲームが楽しめるアミューズメント施設となっています。

お台場に初の本格カジノで、ディーラーがカジノ初心者をサポートし、誰でも楽しめるアミューズメント施設です。

お台場のカジノっていつできるの?

お台場のカジノ構想は頓挫してはいないものの、開園時には現金を掛けることができませんでした。しかし、今となって法案が改正となり景品交換が可能となりました。

今まで遊んだことのない、また、ファミリーでも楽しむことができます。

 

館内の装飾は豪華で本場さながらのカジノを体験可能ですが、ベットをしすることができず、現金を掛けることができないという特徴があります。

本場のラスベガスと比べると、投資現金を賭けることはできませんが、豪華な気分でゲームを楽しめる施設です。

 

‎カジノ・ヴィーナス 〒135-0064東京都が現住所となり、ゲームの種類は

「ブラックジャック」
「ビデオポーカー」
「ビデオスロット」
「ルーレット」
「ビンゴ」
「ビッグ&スモール」
「ヒット&ブロー」

の7つのゲームが揃っています。

お台場のカジノの予定地と場所についても詳しく

東京のお台場に位置しているので、カジノヴィーナスは、観光や週末のお出かけに最適なロケーションです。そして2020年IR推進法が成立し日本でも掛けることが可能なカジノとなります。

 

お台場は、新宿から30分、汐留から15分、六本木からで、8分と都心の中心からはかなり近い距離にあります。汐留周辺は多くのホテルがあるので外国人観光客にも良い立地になります。

お台場のヴィーナスフォート3Fにカジノにちなんだアミューズメント施設があります。

 

また現金を賭けることはできませんがルールやマナーを教えてくれ本場のようにゲームを楽しむことはできスロットマシン等も充実しています。

お台場にはその他のショッピングモール等も利用でき多くのアミューズメント施設が増えています。ロケーション的には何かと楽しめますが稼いだメダルをアイテム(服)などの景品と、交換することができる様になりました。

 

もともと石原慎太の提案するカジノ構想は世界の代表的な都市にあるようなカジノが都内にないと言うことが始まりでした。

 

カジノ構想はもともと臨海副都心に開発予定でしたが、その目的としては経済効果が期待でき、また、景気刺激策としても雇用創出等も含めてかなりポジティブに考えられていましたが、反対意見として、日本に多重債務者を増やしてしまうと言う意見が多く、結果的にあまり、経済効果がないと見られてしまったのも原因のうちの一つとなります。

 

しかし、世界の主要の国を見て比べてもカジノがないのは東京や大阪となり、多くの国の首都にカジノがあるのに、都内にはないと言うのが未だに賛否両論があります。

 

どちらにしても外国人誘致など、観光効果から、経済効果があるのは事実ですが、この計画を引率する人がいなくなり、計画はアミューズメントで遊べる程度となっています。

一方、米国のラスベガスでは、お金を稼ぎたい人がすぐに稼げ、また、現金を十分に増やすことが可能なシステムが十分に整っています。

 

各ホテルにカジノが付帯していて、数々のカジノを訪れることができるのも魅力、カジノで遊べるゲームの種類も「ブラックジャック」「ビデオポーカー」「ビデオスロット」「ルーレット」「ビンゴ」「ビッグ&スモール」「ヒット&ブロー」などの他にも、 VIPルームで楽しむことができたり、かなり充実した環境でギャンブルを楽しむことができます。

 

本場のカジノは、ここまで進んでいます。その分日本のカジノハアミューズメントに過ぎず、ハッスルするような状態では有りません。

また本場のカジノと比べて、足らない面が多く、他の国「オランダ、フィリピン、マカオ、米国、アルゼンチン」などと比較しても、規模は小さく、また本格的なギャンブルを楽しめるような状態ではありません。

そのため2020年の段階でも中途半端な状態となっていて、景気刺激策や雇用創出にうながるような経済効果はありません。

どちらにしても開催予定地は臨海副都心が有力ですが、大規模なギャンブル場の建設は賛否両論があるようです。

 

しかし、本場のマカオやフィリピン、ラスベガスに行く前に、ゲームの練習をしたい方にはお台場のカジノは利用価値が高いとされています。練習がてらに利用する人も少なくないようです。

 

近年はアジアにおいてシンガポールなどもカジノ計画に参入し、外国人観光客など、経済効果を活性化しています。大型複合リゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」ハ計画から2年で完成し、今では多くの観光客がカジノを訪れるようになりました。

 

日本人や中国人の観光客も多く、日本から3時間で到着するほど、また日本の旅行会社もカジノツアーなどを安くツアーで提案していてお台場に行くよりもアクセスが簡単で、アジアでも有力な観光地のシンガポールは観光とカジノを同時に楽しめる街として栄えています。国際的に見ればやはり、日本のお台場カジノ構想は遅れていると言えるでしょう。