未分類

インカジとはどんな言葉の略の意味?オンカジとの違いや違法性は?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、インカジという言葉の意味について説明します。

 

皆さん、インカジってどんな言葉の略だと思いますか?

又、インカジに似た言葉でオンカジという言葉も聞きます。

 

それぞれの言葉の意味や違い、何の略なのか、そしてそれぞれの違法性はどうなのかについてお話ししますね。

 

先にこの記事のまとめを書いておきます。

 

・インカジはインターネットカジノの略です。ほとんどは違法で営業されているカジノ店です。

・オンカジはオンラインカジノの略で、現在は合法とも違法とも言えません。

 

インカジとオンカジは何の言葉の略?

インカジは、インターネットカジノの略です。

オンカジは、オンラインカジノの略です。

 

オンラインということは、インターネットを使っているということです。

となると、どちらも同じような言葉の意味だと思いがちですが、インカジとオンカジは全く意味の違う言葉です。

 

インカジとはどんなカジノ店?

インカジことインターネットカジノとは、お店の中でお客さんにインターネット上で遊べるゲームで賭け事をさせるリアル店舗のカジノ店です。

ほぼ全てのインカジ店が、その場で現金に換金していますので違法です。

つまりインカジとは、違法カジノ・闇カジノのことですね。

 

 

オンカジとはどんなカジノ?

オンカジとはオンラインカジノの略で、スマホやパソコンを使ってインターネット上のカジノで遊ぶことです。

実際のリアル店舗のカジノ店に行くのではなく、インターネット上のカジノで遊びます。

ネットカジノとも呼ばれていますね。

 

先ほどのインカジは、実際のカジノ店に行ってそこでゲームを楽しみ換金をします。

しかしオンカジは、実際の店舗には行かず個人がスマホからインターネットでアクセスし、直接換金をする仕組みです。

 

インカジとオンカジとの違いは?

このようにインカジは、実際のリアル店舗にお客さんが遊びに行きます。

そこでインターネット上で遊べるカジノゲームで、賭け事をするわけです。

 

対してオンカジは、お客さんはリアル店舗に行きません。

自分のスマホやパソコンから直接インターネット上のカジノサイトへアクセスし、そこでルーレットやスロットなどを楽しみます。

お客さんはクレジットカードや銀行振込などで、カジノサイトとお金の入出金をします。

 

オンカジとインカジとの一番大きな違いは、実際のリアル店舗に行くかどうかです。

 

インカジは違法なの?

インカジは違法です。賭博罪で逮捕されます。

なぜなら、店内で現金に換金しているからです。

日本の法律で賭博は禁止されていますので、警察にバレれば賭博罪で逮捕されてしまいます。

インカジが闇カジノと言われている理由がここです。

 

ニュースで闇カジノが摘発される事件を見かけますが、現在でも雑居ビルの一室などでこのような違法カジノ店は営業を続けています。

入店するには身分証の確認が必要だったり、またイカサマや不正の噂も絶えません。

もともと違法なカジノ店ですから、何でもありといった感じでしょう。

近づかない方が身のためだと思います。

 

オンカジは違法なの?

インカジは日本国内で換金していますので、賭博罪で逮捕されます。

胴元(運営者)であるお店とお客さんとが、日本国内で賭博をしているからです。

 

これに対してオンカジは、お客さんが直接、海外のオンラインカジノサイトで遊びます。

この「海外」というのが、インカジと大きな違いです。

お客さんは日本国内からアクセスしていますが、胴元(運営者)側のカジノは海外にあります。

 

オンラインカジノの中で日本人に一番人気のベラジョンカジノを例にあげましょう。

 

 

ベラジョンカジノは、ヨーロッパにあるマルタ共和国と言う国で、正式なカジノライセンスを取得したオンラインカジノです。

つまり、合法的に運営されているオンラインカジノです。

マルタ共和国のカジノライセンスの審査は、世界でもトップクラスに厳しいことで有名です。

少しでも不正やイカサマがあれば、即ライセンス剥奪になってしまいます。

ベラジョンカジノは、合法で平等な健全な運営がされているオンラインカジノと言えるでしょう。

 

さて、このオンラインカジノのベラジョンカジノですが、日本の賭博罪に違反しているのでしょうか?

 

実は、これは合法とも違法とも言えないグレーです。

賭博罪とは基本的に運営者である胴元とお客さんの両方があって成り立つものです。

 

インカジは、双方が日本国内で賭博をしているため違法となります。

しかしオンカジは、お客さんは日本国内にいますが運営者側のベラジョンカジノは海外のカジノサイトです。

しかも、海外で合法的に運営されています。

 

これが何を表すかと言いますと、海外で合法的に運営されているベラジョンカジノを、日本の警察が逮捕することができないということです。

お客さんだけを逮捕して、運営者のベラジョンカジノを逮捕できない・・・。

こんな日本の賭博罪が想定していないことになってしまうのです。

 

それにベラジョンカジノを逮捕することができなければ、賭博の証拠を集めることもできません。

 

また賭博罪は、お客さんよりも運営者の方の罪を重く見ています。

お客さんは罰金刑で済みますが、運営者は懲役刑です。

 

仮にお客さんだけを逮捕すれば、罪の軽い方だけを裁き、罪の重い方を見逃すことになってしまいます。

これでは不釣り合いですよね。

 

ベラジョンカジノを例に説明してみましたが、このようにオンラインカジノは海外にある合法的なカジノサイトにアクセスするため、日本の法律では違法とは言えないのです。

つまりお客さんが、逮捕される可能性は低いと言えます。

 

もう一度簡単に説明しますと、インカジは日本国内にある違法に換金する実店舗の闇カジノです。

これに対してオンカジは、海外の合法的なカジノサイトにお客さんが直接アクセスして遊びます。

 

 

まとめ

インカジとオンカジとの、言葉や意味の違いをもう一度まとめます。

 

インカジとは、インターネットカジノの略です。

実際のリアル店舗で、インターネット上のカジノでお客さんが遊びます。

その場で換金が行われますので、これは賭博罪に違反し逮捕されます。

インカジは、闇カジノの一種です。

 

オンカジは、オンラインカジノの略です。

お客さんは実店舗に行くことなく、スマホやパソコンから直接インターネット上のカジノサイトにアクセスします。

 

代表的なオンラインカジノサイトのベラジョンカジノは、海外で正式なライセンスを取得して合法的に運営されています。

このため日本の賭博罪を当てはめることができず、合法とも違法とも言えないグレーな状態になります。

 

インカジとオンカジは似たような言葉ですが、意味が全く違う言葉です。

インカジは闇カジノの一種で違法、オンカジは逮捕される可能性が低いグレーなカジノ。

こう覚えてください。

 

最後に、例を挙げて紹介したベラジョンカジノですが、現在、新規会員登録でもれなく全員に30ドルのボーナスがプレゼントされます。

逮捕やイカサマの危険があるインカジで遊ぶよりも、今すぐ手軽で遊べるオンカジで遊んでみてはいかがですか?

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイト