エンパイアカジノ

エンパイアカジノのお金は税務署にバレる?確定申告や税金対策は必要?

オンラインカジノをプレイしていると気になる事がそれなりに出てくる。

中でも特に気になるのは税金に関してではないだろうか。

オンラインカジノをプレイしていると予想を遥かに超えた金額が勝ってしまうことはないだろうか?

 

その勝利金の多さに、オンラインカジノにハマってしまうプレイヤーも少なくない。

そんな時に何気なく多額の勝利金を換金をしていると恐ろしい事になる恐れがあるので是非この記事を最後まで読んで欲しい。

そして、オンラインカジノが原因で、脱税などにならないようにして欲しい。

 

エンパイアカジノの儲けは税務署にバレるのか?

見出しにある通りカジノで稼いだキャッシュは税金がかかるのか?

これの答えは「かかる」が正解である。

エンパイアカジノで稼いだお金は雑所得又は一時所得として税金がかかる事になる。

そもそも、ギャンブルで得たお金には税金が発生することを前提に理解しておこう。

 

この事は以外と知らずにギャンブルをしている人が多い、オンラインカジノ以外は換金所で直ぐに換金できるため、その事を考えるよ必要が無い事が理由として挙げられるのではないだろうか?

ここで、日本で行われるギャンブルを幾つか紹介していこう

代表的なものにパチンコ、スロット、競馬、競艇、競輪

などである。

 

それ以外にもオートレースなどが存在する。

それら以外のギャンブルである、オンラインカジノにも税金がかかる。では何故ギャンブルで得たお金を税金で納めたことはないのだろうか?

 

その答えは 基本的にその場で現金を受け取っているからが答えになる。

つまり口座に現金の動きがないので税務署もギャンブルのお金について足がつかめないと言うのが税理士の見解である。

 

他にも稼いだ額が微額で普段の給料と比較してもおかしな点が無いことなどが挙げられる。

基本的に税理士の見解では大幅に年収が増大するような場合でなければ、税務署は手が出せないという事である。

 

しかし、この事も人によって収入は異なってくるので断定することは出来ない。

この考えをもとにすると、直接現金で受け取るオンラインカジノ以外のギャンブルは税務署から目をつけられにくいが、銀行に送金されるオンラインカジノはしっかりと申告しないと脱税として処罰を受ける可能性があるのだ。

 

そして、ギャンブルで得たお金には所得税が課されることになる。

ではオンラインカジノでキャッシュを得た場合はどの時点で所得税が発生するのかを説明していこう。

 

所得税はオンラインカジノで収入が出た時点で発生する。

つまり、賭けが成立し、勝利金を手にした時に所得税が発生するのである。

そして、所得税は一年間の所得に対して課されるので一年間で得たオンラインカジノのキャッシュの総額からから経費を差し引いた額が課税対象になると言うわけだ。

 

もう一つ大事なポイントは申告をする際にオンラインカジノで得た利益額から損失額を引くことはできないということだ。

例えば年間の利益が100万円とする。

それから損失額は50万円とする。

この場合は50万円として利益額を考えるのではなく、100万円として考える。

損益額を引くことができないというのはなんとも悲しいことである。

この話を聞いて、税務署への申告を拒みたくなるが、拒むと後から悲惨な目にあう事になるので、よく考えて行動することが重要である。

 

エンパイアカジノで稼いだお金は確定申告は必要?

次にエンパイアカジノで稼いだお金には確定申告が必要なのか、その答えは必要である。

オンラインカジノで稼いだお金は雑所得扱いとして確定申告をする必要がある。

会社などに勤務するサラリーマンの場合は、月々に貰う給料とは別に確定申告をする必要がある。

 

公務員の場合は、副業が禁止されているのでオンラインカジノで雑所得を得ることは出来ない。

先程公務員の副業は禁止されていると言ったが正確に言うと完全に禁止されているわけではない、不動産賃貸、FX、フリマアプリ(せどりを除く)などは禁止されていない、その他にも地方公務員法第38条において記載されている通りである。

 

話が少し逸れたので元にも戻すが、エンパイアカジノ(オンラインカジノ)で稼いだお金には税金がかかるので確定申告が必要である。

では、どのような流れで確定申告をすればいいのか説明していく。

オンラインカジノの確定申告の方法

先ず確定申告する範囲になるが、

その年の1月1日から12月31日までに得たオンラインカジノの所得

が確定申告の対象となる。

必要な書類は源泉徴収票(会社勤務の場合)、支払調書(カジノ側から受領)、支出に関する領収書が必要になる。

確定申告をする前にあらかじめ準備しておこう。

次に確定申告をするための流れを紹介しよう。

 

①はじめに収入や支出の情報を収集する。

オンラインカジノで得た所得のキャッシュ(勝利金)や支出の情報を収集する。

この作業は面倒だが、正しく行わないと、後に大変なのでしっかりするように心がけよう。

 

②必要書類の準備

はじめに収集した情報を裏付ける資料を収集して準備する必要がある。

詳しく説明すると、支払調書や支出に関する領収書を収集する必要がある。

クレジットカードで入金すると思うが、その入金の履歴でも可能である。(書類化する必要がある)

 

書類化するにはクレジットカード会社に連絡して、書類化を申請しよう(一部出来ないカード会社もある)

これらの書類は、所得税の計算において根拠資料になるため前もって準備する必要がある。

 

③確定申告書の作成

必要事項や所得税の金額を記載した上で確定申告書を作成する。

他の所得も一緒に確定申告する必要があるので、事前に作成するように心がけよう。

 

④確定申告書の提出

領収書等を収集し作成した確定申告書を必要書類と併せて2月16日から3月15日までの間に申告者の管轄する税務署に申告する。

⑤所得税の納付

申告が終われれば納税となる。

確定申告した内容に基づいて所得税を納付する。

納付方法は現金納付から振替納税、e-Taxなど様々な方法があるので、自分自身の選択した納税方法で納付すれば確定申告は終了である。

非常に面倒な作業ではあるが、しっかりしておかないと後で痛い目に遭うのはのは自分なので面倒くさがらずにやって欲しい。

 

オンラインカジノの税金対策

最後にオンラインカジノの税金対策について記載していく。

オンラインカジノでは、マネーロンダリングを防止するために幾つかの策が講じてある。

所得隠しにオンラインカジノを選択することは、良い考えとは言えない。

 

では、それ以外でオンラインカジノの税金対策は存在しないのだろうか。

筆者はその事について調べてみると、面白い内容を発見した。

それは、税務署がわからない範囲で勝利金をおろしていく作戦である。

 

具体的に言うと、引き出し先を分散させて、税務署が気にならないほどの額を少しづつおろしていく作戦である。

この方法を取れば、税務署が気にすることなく、勝利金を得ることが出来るような気がするが実際には多くの問題点が存在するのだ。

一番の問題点は手数料である。

どのような手段を考えても、オンラインカジノからポイントサイト(ビーナスポイント、エコペイズ)などからお金を換金すると、手数料が発生してしまう。

 

その手数料が積もれば、真面目に確定申告したほうが安く勝利金を得ることが出来る結果に気付いてしまうのだ。

そしてほかの問題点は、単純に面倒なのである。

分散して、お金をおろす考えのこの方法では、何度も特定の場所に分散して換金しなければならないので、実に面倒なものである。

 

この事からも真面目に確定申告をしたほうが、安全で合理的だという結論に至ってしまうのである。

オンラインカジノを税金対策に考える手段は多く存在するが、どれも現実味の無いものばかりなので、特に考える必要はないであろう。

 

エンパイアカジノでVIPプレイヤーになったら実際のカジノでプレイできる可能性もあります。

その際はカジノ側がプライベートジェットやスイートルーム代を支払ってくれるので、ぜひエンパイアカジノでVIPプレイヤーを目指しましょう。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

キャンペーン特典を受け取って遊ぶにはこちらから

 

エンパイアカジノ公式サイト