ベラジョンカジノ

オンカジのクレイジータイムとスクラッチはどっちが勝てる?

2020年6月に、ライブカジノの大手プロバイダーであるエヴォリューションゲーミング社(Evolution Gaming)から、ライブゲームのクレイジータイム(Crazy Time)が発表された。

新登場したクレイジータイムは人気沸騰中で、実際に1000倍、500倍が当たった事がTwitterでもよくツイートされている。

Youtubeでも動画のアップ数が増えてきている人気急上昇のゲームである。

日本でも最大で50万ドル(日本円で約5,200万円)の賞金を獲得したプレイヤーもいる。

 

クレイジータイムのボーナスゲーム

クレイジータイムにはボーナスゲームが存在している。

そのボーナスゲームは、コインフリップ(Coin Flip)、キャシュハント(Cash Hunt)、パチンコ(Pachinko)、そしてクレイジータイム(Crazy Time)の4つである。

これらの4つのボーナスゲームの中で、一番大きく稼げるのがクレイジータイムで、巨大ホイールには10倍から100倍と、倍率が2倍になるDouble、2倍になるTripleの枠があり、2色の中で自分が選んだ色のフラッパーが停止した枠の倍率が賭金に乗算され賞金となる仕組みである。

 

クレイジータイムの確率は?

クレイジータイムの確率は、あまりにも多すぎてここでは全てを紹介する事は出来ない。

また、確率は日によって変動するしていくので下記のサイトを確認して欲しい。

このサイトは、過去のクレイジータイムの情報から確率を導き出しているサイトである。

 

ただし、海外サイトになるので表記は全て英語である。

https://tracksino.com/crazytime

 

クレイジータイムの賭け方や配当

それではクレイジータイムの賭け方や配当を解説していこう。

先ず、クレイジータイムの賭け方は、各エリアにベットするだけである。

特に難しい事は無い。

 

エリアは全部で8種類あり、それぞれの配当や確率は下記を参考にして欲しい。

ここでは、確率を記載しているが、あくまでも理論上のものなので、リアルタイムの確率は若干違いが出ている事はご了承願いたい。

リアルタイムでの確率を確認したいプレイヤーは先程のサイトで確認する事をオススメしている。

 

〇エリア   1

〇個数  21

〇配当  1倍

〇確率  40.4%

 

〇エリア  2

〇個数   13

〇配当   2倍

〇確率   25.0%

 

〇エリア  5

〇個数   7

〇配当  5倍

〇確率  13.5%

 

〇エリア 10

〇個数  4

〇配当 10倍

〇確率 7.7%

 

〇エリア パチンコ

〇個数  2

〇配当  ボーナスゲーム

〇確率  3.8%

 

〇エリア キャッシュハント

〇個数  2

〇配当  ボーナスゲーム

〇確率  3.8%

 

〇エリア コインフリップ

〇個数  4

〇配当  ボーナスゲーム

〇確率  7.7%

 

〇エリア クレイジータイム

〇個数  1

〇配当  ボーナスゲーム

〇確率  1.9%

 

以上がクレイジータイムの配当になっている。

一番の配当が期待できるのはクレイジータイムのエリアに止まった時である。

 

スクラッチとは

スクラッチは、削ったその場で当たりがわかる宝くじである。

これまでに多くのアニメなどとコラボしたスクラッチも発売されている。

トリプルマッチ、ラッキー3、ハッピーカウント、トライアングルチャンス、およびタテ・ヨコ・ナナメなど、さまざまなゲームがある。

 

ここで宝くじについて紹介しておこう。

宝くじ(たからくじ)は、日本において当せん金付証票法に基づき発行される富くじである。

日本では古くは江戸時代などにおいて神社や寺の修復費用を集めるなどの目的で富籤(とみくじ)が発行されていた。

また、日中戦争の戦費調達のために制定された臨時資金調整法に基づき「福券」や「勝札」が発行されたこともある。

宝くじは1948年に当せん金付証票法に基づき浮動購買力を吸収し、もって地方財政資金の調達に資することを目的とする為に運営されている。

難しく記載したが、要は地方財政の資金調達の為に国が運営しているギャンブルが宝くじでである。

 

クレイジータイムとスクラッチの検証方法

宝くじの種類を理解したところで検証方法を説明していこう。

今回は、双方の軍資金は3000円とし、オンラインカジノでは10回クレイジータイムを回し、宝くじでは1枚300円のスクラッチを10枚購入する事にした。

 

なお、クレイジータイムでは「1」の枠に3ドル投資する事にした。

クレイジータイムでボーナスを引く事が出来れば、6ドルとなり3ドル獲得した事になる。

それでは、早速検証を始めていこう。

 

クレイジータイムとスクラッチの検証結果

クレイジータイムのの結果

1回転目    当たり

2回転目    当たり

3回転目    当たり

4回転目    当たり

5回転目    ハズレ

6回転目    ハズレ

7回転目    ハズレ

8回転目    当たり

9回転目    当たり

10回転目     当たり

 

オンラインカジノでは+1100の結果に終わった。

10回転回して7回ボーナスを引くことが出来たので上出来の結果ではないだろうか?

 

宝くじの結果

次は宝くじの結果である。

宝くじは以下の通りになった。

 

全てハズレ

 

何とも残念な結果である。

300円賞も当たらなかったのは正直残念である。

では、ここでスクラッチの当選確率について解説しておこう。

基本的に300円のスクラッチの発行数900万本と言われている。

 

気になる1等の当選確率は100万分の1の確率である。

3等でも1万分の1である。

この確率を考えると10枚購入し、何も当たりを引く事が出来なくても不思議では無いと思う。

それでも300円賞は当たって欲しかった。

以下はスクラッチの当選確率をまとめたものである。

参考にして欲しい。

 

 

              配当金     本数            当選確率

1等        10,000,000円     9本           0.0001%

2等        300,000円           90本         0.001%

3等        30,000円             900本       0.01%

4等        3,000円 9,000本   0.1%

5等        1,000円 180,000本           2%

6等        300円        900,000本            10%

ハズレくじ         0円        791,001本           87.8889%

 

クレイジータイムとスクラッチではどちらが利益率高いのか結論

では、最後にオンラインカジノと宝くじではどちらが利益を出す事が出来るのか考えてみよう。

オンラインカジノと宝くじでは、利益を出す事が出来るのはオンラインカジノである。

 

「当たり前だろ!」「ギャンブルの種類が違いすぎるだろ」「お前は馬鹿か!」と言われそうであるがご了承願いたい。

オンラインカジノと宝くじでは払い戻し率が大きく違うのである。

 

宝くじの払い戻し率は約45.7%と考えられている。(宝くじの種類によって若干違う)

それに比べてオンラインカジノの払い戻し率は、約97%と言われている。

 

この数字から見ても、オンラインカジノの方が圧倒的に利益率も高くなることがわかる。

今回の検証を行ってもオンラインカジノは+1100円の利益を出したが、宝くじは-3000円の損失である。

では、スクラッチを購入する際にはどのような事を考えればいいのだろうか?

その答えは、スクラッチはあくまでも削る楽しさを買うものだと認識すればいいのである。

 

明確な答えになっていないが、それほどまでにスクラッチで利益を出すのは難しい事である。

もし、宝くじで利益を出したいと考えるのであれば、一攫千金が狙えるジャンボ宝くじの方がオススメである。

 

正直なところスクラッチは払い戻し率や利益率を考えても手を出さないほうが望ましい。

それ以外で、確実に利益を出したいと考えるギャンブラーは、オンラインカジノをプレイする事をオススメしている。

 

ベラジョンカジノの新規アカウント登録は、こちらからどうぞ。

今なら入金不要で30$のボーナスがもらえます。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイトはこちら