未分類

カジノやギャンブルがあるデイサービスや老人ホームはどこ?評判まとめ

 

この記事では、日本全国にあるカジノができる老人ホーム(デイサービス)について詳しく解説していくとともに、世間のリアルな声(評判)も合わせて紹介していきます!

え!?カジノやギャンブルができる老人ホームなんてあるの?と驚かれる方もいるかもしれませんが、実際に存在します。

カジノやギャンブルができる老人ホーム・デイサービスを解説

日本で最も有名カジノ型デイサービスである“デイサービスラスベガス”をご紹介します!

施設名
デイサービス ラスベガス(東京・埼玉・神奈川・群馬・愛知・岐阜・静岡)

デイサービス ラスベガスは日本で最も知名度があるカジノ型デイサービスです。

カジノ型デイサービスといっても1日中ただカジノゲームをプレイするというわけではなく、1日の中で約2時間半(1日に2回のセッション)をアクティビティの一貫としてカジノゲームに触れることができ、その他の時間は一般的なデイサービスのような運動や食事、健康チェックなどのアクティビティが行われています。

 

どんなゲームがプレイできるの?

デイサービスラスベガスでは、施設によって多少異なりますがカジノゲームのブラックジャックやルーレット、ポーカーゲームやパチンコ・パチスロ、麻雀などもプレイすることができます。

実際にプレイする前にルールを知らない利用者には手厚くルールやプレイ方法を教えてくれます。

黒塗りの車でお迎え!

デイサービス ラスベガスでは、なんと黒塗りの特別仕様車で家まで迎えに来てくれます。

これはラスベガス・カジノを連想されるもので、高級車でカジノに出向くことで本場のカジノの雰囲気を味わってもらうために導入しているそうです!

男女比は?

カジノ・ギャンブルと聞くと男性の利用者が多いのではないか?と思われがちですが、実際の男女比は(施設によって多少異なりますが)6:4で男性の方が少し多い男女比となっており、極端に男性が多いわけではありませんので、女性の方にも安心して利用していただける施設となっております。

 

デイサービスラスベガス利用者の介護度の変化

『デイサービスのレクリエーションといえば、計算ドリルに塗り絵など、テーブルで一人で行う物がほとんどでした。高齢者の男性などが、一人で塗り絵や計算ドリルを行うことなど、それだけで苦痛に感じている方も多く、やりたくないという意見も多数いただきました。

ラスベガスでは、楽しく脳を活性化できるという目的に対し、もっとも適したものとして「ゲーミングの要素」を取り入れたサービスを導入いたしました。楽しくゲームを行うだけで意識せずに脳機能を活性化できる上に、コミュニケーションや自主性の点でも高い効果を発揮しています。』

引用:デイサービス LAS VEGAS公式ウェブサイト

カジノゲームをアクティビティとして取り入れることで、利用者の興味ややる気が向上し、積極的にアクティビティに参加する利用者が増えたことで、施設に通う利用者の症状の改善や維持がされるようになったそうです。

 

施設を3ヶ月利用した利用者の声をご紹介します。

利用以前と比較して元気になりましたか?

77%の利用者が“はい”と答えました。

利用以前と比べて楽しみが増えましたか?

92.9%の利用者が“はい”と答えました。

利用以前と比較して会話が増えましたか?

73.7%の利用者が“はい”と答えました。

このように施設利用後たった3ヶ月でたくさんの利用者の方々が改善を感じられています!

カジノゲームをプレイする上で勝ったり負けたりすることで脳の機能が刺激され活性化されると言われています。

違反性はないのか検証

ギャンブル(カジノや麻雀など)をデイサービスのアクティビティに取り入れることは、実際にお金を賭けてプレイしない限り法律的に違法ではありません。

カジノ型のデイサービス施設では施設内専用の通貨などを利用してカジノをプレイすることができるようになっています。もちろん勝っても換金や商品に交換することはできません!

上記で紹介したデイサービスラスベガスでは、“ベガス”という施設内で飲み利用できる通貨を使ってカジノゲームを楽しむことができるようになっており、勝つことでベガスが増えたとしても一切の現金や賞品を獲得することができません。

その代わりに、多くベガスを獲得した利用者は表彰されることでその功績を称えられます!

条例で禁止する県も!

兵庫県の条例で、デイサービスや老人ホームの利用時間の半分以上の時間を利用者が擬似通貨などを使いカジノや麻雀を行う場合や、賭博やギャンブルを連想させる名前や広告を使用した場合、デイサービス施設として指定をしないという規制がかけることができるようになりました。

カジノや麻雀をプレイする事により、一定の脳の活性化やボケ防止などの効果は認められると証明されてはいるものの、ギャンブル依存になる可能性などが懸念されこのような条例が施行されています。

カジノやギャンブルができる老人ホーム・デイサービスの評判

カジノ(ギャンブル)をアクティビティとして導入しているデイサービスはいかがなものか?という議論は長年されており賛否両論あるのが現状となっております。

世間で挙げられているカジノやギャンブルができる老人ホーム・デイサービスの賛成の意見と反対の意見をいくつかご紹介します!

賛成の意見

“カジノや麻雀のように手先を使うことで物忘れやボケの防止になるので良いと思う”

“実際にお金を賭けて遊ぶわけではないので何が問題なの?”

このように、カジノや麻雀などのゲームをプレイすることで、指先を動かし頭を使うこと(計算など)で物忘れやボケの防止につながるということが科学的に証明されているので、違法賭博をしているわけではないので別に遊び程度でプレイするくらいなら賛成という声が多く挙げられていました。

反対の意見

“カジノ=賭博という印象があるので、それを導入しているデイサービスはあまり良い感じはしない”

“ギャンブルを覚えることで実際にパチンコやカジノにのめり込む可能性が0とは言えない”

反対の意見で多かったのが、施設内だけでプレイするならそこまで問題ではないが、施設外でパチンコやカジノに手を出して実際にお金を賭けてプレイするようになることへの心配の声が挙げられていました。

これらはあくまでも個人の意見となっており、全ての施設や利用者がこうであるというわけではございませんのであらかじめご了承ください。

カジノ型と聞くとあまり良い感じがしない風潮がまだまだ日本には残っていますが、実際のカジノ型デイサービスの施設を覗いてみると、一般的なデイサービスと何変らぬ施設となっており、中ではおじいちゃんおばあちゃんが元気に体操したり会話を交わしたりと想像するような“悪”な施設ではないということだけは頭に入れておいてください!

カジノやギャンブルがあるデイサービスや老人ホームはどこ?についてのまとめ

カジノがプレイできるデイサービス・老人ホームについて賛否両論はあるものの、実際全国にカジノ型デイサービス施設がたくさん存在します。

違法性はないものの、カジノ(ギャンブル)ばかりして、本来のデイサービスで行われるべきサービスが蔑ろになっているのではないかという懸念点から反対の意見がたくさんあるのも事実です。

ただ、カジノやギャンブルをアクティビティとして導入することで一定の効果(脳の活性化など)が認められているのも事実となっており、カジノ型のデイサービスを選択する利用者が多いのも現実となっております。