カジノシークレット

カジノシークレットは違法ギャンブルでやばいの?捕まる危険性はある?

皆さん、こんにちは。

カジノ案内人の四条司です。

 

今回は、カジノシークレットの違法性についてお話します。

カジノシークレットは、昨年できたばかりのオンラインカジノですが、アメリカのラスベガスのカジノのように本物のお金を賭けることができます。

 

でも、これって違法ギャンブルでやばいのでは・・・?

警察に捕まる危険性があっては、安心して遊べないけど・・・。

 

そんな疑問にお答えしますね。

 

先にこの記事の要点をまとめておきます。

 

・カジノシークレットは、違法ギャンブルではありません。

・従って、警察に捕まる危険性はほとんどありません。

 

カジノシークレットでキャッシュバックをもらう

 

カジノシークレットは違法ギャンブルではない

現在、インターネット上で人気のオンラインカジノ。

その中でも、昨年できたばかりで既に話題になっているのが、カジノシークレットです。

オンラインカジノとは、インターネットを使って本物の現金を賭けて換金することができるインターネット上のカジノです。

日本人向けのオンラインカジノって、最近増えてきましたよね。

 

でも、少し待ってください。

 

日本では公営ギャンブルやパチンコを除き、カジノなど本物のお金を賭けるギャンブルは賭博罪で禁止されています。

ということは、オンラインカジノであるカジノシークレットも違法ギャンブルなのでしょうか?

 

実は、カジノシークレットは日本の法律では違法ギャンブルではありません。

その理由は、カジノシークレットが海外で運営されているオンラインカジノだからです。

やばいということはないのですね。

 

カジノシークレット公式サイトはこちら

 

海外のオンラインカジノは違法ではない

カジノシークレットは日本人向けのオンラインカジノですので、サイトも日本語表記でヘルプサポートも日本人スタッフが対応してくれます。

しかしカジノシークレットは、日本国内で運営されているオンラインカジノでありません。

海外のヨーロッパにある、マルタ共和国という国で運営されています。

この「海外の」と言うが、カジノシークレットが違法ギャンブルにならないポイントなのです。

 

もし、カジノシークレットが日本国内で運営されているのなら、当然、日本の賭博罪によって運営者は捕まってしまいますが、海外で運営されていますので日本の法律が及ばず違法ギャンブルとはならないのです。

アメリカのラスベガスやマカオのカジノが、日本の賭博罪で違法ギャンブルにならないのと同じ様に、マルタ共和国で運営されているカジノシークレットも、日本の賭博罪で違法ギャンブルとはなりません。

 

カジノシークレットは、インターネット上にあるオンラインカジノですので、それをスマホやパソコンを使ってアクセスしているのに過ぎません。

直接海外のカジノへ行くのか、もしくはインターネットを使ってアクセスするのかの違いがあるだけで、海外のカジノが日本の法律で違法ギャンブルとはならない点では同じです。

 

↑「Malta」(マルタ)というのが確認できます。

 

カジノシークレットは合法ギャンブルでもない

ただ、ひとつ気をつけて欲しいのが、違法ギャンブルではないからと言って、カジノシークレットが合法ギャンブルと言うわけでもありません。

もう少し詳しく説明しますと、現在の日本の賭博罪では、海外で運営されているオンラインカジノを取り締まる条文がありません。

賭博罪ができた当初、オンラインカジノというものを想定していなかったからです。

 

日本の賭博罪は、それ以来オンラインカジノに対して何も改正されていませんので、正しくは「違法ギャンブルではない」というよりも「取り締まる法律がない」と言った方が正しいでしょう。

つまりカジノシークレットは、違法ギャンブルではないものの合法ギャンブルでもない、言わば「グレーなギャンブル」です。

 

「グレー」と聞くと何だか怪しいように聞こえますが、要はパチンコ店も同じです。

パチンコは、店内で直接現金に換金していないだけで、すぐ隣にある景品交換所でお客さんは換金しています。

誰がどう見ても、パチンコは換金しているギャンブルですが、法律上はギャンブルではなく「遊技」とみなされているため、パチンコは違法ギャンブルではないのです。

 

また、公営ギャンブルの競馬・競輪・オートレース・競艇は、法律で特別に認められているギャンブルです。

しかし、競馬とパチンコとオンラインカジノは、やってることはそれぞれ同じギャンブルなのに法律上の解釈が全く違う・・・。

 

日本は、これだけ身近にパチンコというギャンブルがある国です。

オンラインカジノであるカジノシークレットがグレーだからと言って、すぐに違法ギャンブルだと言うのは、僕はおかしいな理屈だと思います。

IR推進法も成立したことにより、今後は日本もカジノに対して市場を開いていくことでしょう。

 

 

警察に捕まる危険性はほぼない

このようにシークレットカジノは、現在の日本の賭博罪では違法でもなく合法でもありません。

では、警察に捕まる危険性はないのでしょうか?

オンラインカジノが明確に合法ではない以上、警察に捕まる危険性が心配です。

 

この点に関しては、僕は捕まる可能性は”ほぼ”ないと思っています。

実は数年前に、オンラインカジノで遊んでいた日本人が、京都府警に逮捕されるという有名な事件がありました。

もちろん、警察は賭博罪で捕まえたわけですが、その後なんとこの捕まった日本人は不起訴となり釈放されたのです。

 

不起訴というのは裁判にかけないこと、つまり無罪ということです。

警察は、賭博罪で捕まえたまでは良かったものの、取り調べを進めるうちに裁判にかけても有罪にできる見込みがなくなってしまったので、仕方なく起訴を諦めて釈放したのです。

その理由は先ほど説明しました通り、オンラインカジノが海外で運営されているからです。

 

警察は、日本人を捕まえることはできましたが、海外にいるオンラインカジノの運営責任者を捕まえることができません。

仮に、その運営国の政府に協力を呼びかけても、オンラインカジノはその国で合法的に運営されていますので協力を得るのは難しいでしょう。

これでは日本の警察は、オンラインカジノを捜査をして調べることができないですよね。

 

となれば、日本人が賭博をしたという証拠を集めることができないですし、そもそも賭博とは、カジノ側の運営者と日本人のお客さん両者が揃って初めて成立するものです。

それにも関わらず、お客さんの日本人だけを捕まえて運営者を捕まえないというのは、賭博罪の趣旨からしてもおかしなことになってしまいます。

やはりここでも、オンラインカジノが海外で運営されているということが大きく影響しています。

 

この京都府警のオンラインカジノ事件があってから、オンラインカジノは違法ギャンブルではないという認識が広まりました。

今後、賭博罪が改正されない限り、警察がオンラインカジノプレイヤーを捕まえても、裁判で有罪にできる見込みは薄いでしょう。

警察もそのことが分かっているので、現状、海外のオンラインカジノは黙認という状態が続いています。

※日本国内で運営されているオンラインカジノは、もちろん違法ギャンブルで捕まります。

海外運営を装った、日本国内で運営されているオンラインカジノもありますので気をつけましょう。

 

賭博罪のよう日本の刑事事件は裁判にかけられれば99%有罪になると言われています。

「警察に捕まる=有罪」と思ってしまいますが、警察に捕まるだけではまだ「疑いがある」「怪しい」というだけです。

本当にそれが違法で有罪なのかは、裁判所の裁判官が決めます。

 

でも、警察はそれすら諦めて釈放をしたということは、やはり現在の日本の賭博罪ではオンラインカジノは有罪にできないということでしょう。

賭博罪が改正されない限り、この状態はずっと続くと思います。

ですから僕は、カジノシークレットで遊んでも警察に捕まる危険性はほぼないと思っています。

 

カジノシークレット公式サイトはこちら

 

まとめ

もう一度、この記事の内容をまとめます。

 

オンラインカジノであるカジノシークレットは、海外のマルタ共和国で運営されています。

海外で運営されていることから、日本の法律が及ばないため違法ギャンブルにはなりません。

 

また、現在の賭博罪ではオンラインカジノを取り締まることができないため、カジノシークレットは違法ギャンブルでもなければ合法ギャンブルでもありません。

 

過去にオンラインカジノをプレイしていて捕まった日本人がいましたが、裁判にかけられることなく釈放された事件がありました。

このことからも、カジノシークレットで遊んでいて警察に捕まる事はほぼないと言えるでしょう。

 

カジノシークレットは、今までのオンラインカジノにはないキャッシュバック型のボーナスを採用しています。

キャッシュバックですから、出金条件がなくすぐに引き出すことが可能。

 

今ならこのサイトを見ている方だけを限定に、最大470ドルをキャッシュバック!

(通常は最大450ドルです。)

全く新しいスタイルのカジノシークレットをぜひ試してみてくださいね。

 

カジノシークレットでキャッシュバックをもらう