未分類

カジノスロットとパチンコのパチスロとの違いは?どちらも違法なの? 

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、カジノのスロットとパチンコのスロット(パチスロ)との違いを説明します。

 

やはり初心者の方にとっては、この両者のスロットの違いが分かりづらいようですね。

似ているようで、実はかなり中身が違いますよ。

 

早速お話していきます。

 

その前に、この記事の要点をまとめておきますね。

 

・カジノ(スロット)は違法で、パチンコ(パチスロ)は合法です。

・カジノスロットには、設定がありません。

・カジノスロットには、ストップボタンがありません。

・カジノスロットは、有効ラインが多いです。

・カジノスロットには、ジャックポットがあります。

・カジノスロットには、交換手数料がありません。

 

カジノとパチンコの法律上の違いは?

まずは、カジノとパチンコのスロット(パチスロ)との法律上の違いから見て行きましょう。

「カジノ」と聞くと、ラスベガスのような華やかなイメージを思い浮かべますが、「カジノ」を日本語に直訳すると「賭け事をする施設、賭博(とばく)場」です。

 

「カジノ=賭博場」ですね。

 

そして現在の日本の法律では、賭博は禁止されています。

お金を賭けて換金することは、賭博罪で違法ということですね。

 

競馬・競艇・競輪・オートレースの公営ギャンブルは、特別に例外として法律で認められています。

ギャンブルとは、「博打(バクチ)・賭け事」のことです。

 

カジノは賭け事をする建物のことを指す言葉で、ギャンブルは賭け事をする行為を指す言葉です。

博打と賭博は、同じ意味の言葉として捉えても問題ないと思います。

 

これに対してパチンコは、風俗営業法によって営業が許可されている遊技場です。

つまり違法のカジノに対して、パチンコは合法です。

 

「パチンコは、お金を賭けて換金しているから賭博で違法なのでは?」と思う人もいるかもしれません。

その理由を順に説明していきますね。

 

カジノは賭博罪で違法

このように日本では賭博は禁止されていますので、公営ギャンブル以外での賭け事は賭博罪で逮捕されます。

ですから、日本国内で合法的なカジノは存在しません。

 

摘発されてニュースになる「闇カジノ」や「闇スロット」は、 お金を賭けて違法に換金していたから摘発されたのです。

表向きは、「インターネットカフェ」などを装って営業しています。

 

カジノバーやカジノカフェなどは、 チップでカジノゲームを楽しめますが換金はしませんので違法ではありません。

これらは、ゲームセンターと同じと思ってくださいね。

 

しかし闇カジノや闇スロットは、アンダーグラウンドで換金をしているので全て違法となります。

店側も摘発されますし、そこで遊んでいるお客さんも賭博罪で逮捕されます。

日本では、換金ができるカジノは全て賭博罪で違法ですので、絶対に手を出してはいけません。

 

パチンコは風営法で合法

そして何よりも皆さんが疑問に思うのが、パチンコやパチスロは換金をしているので違法ギャンブルではないのか?ということでしょう。

 

パチンコ店は、風俗営業法という法律でその営業が許可されてます。

しかし換金することはもちろん許可されていません。

 

お客さんがパチンコ店内で交換した「特殊景品」を、現金に交換してくれる「換金所」があります。

実はこの換金所は、パチンコ店とは全く関係のない景品買い取り業者なのです。

パチンコ店は、玉やコインを特殊景品に物々交換しているだけで、直接的には現金に換金するわけではありません。

パチンコ店とは経営が全く別の第三の業者が、この特殊景品を任意で買い取っているだけです。

 

これがいわゆる”三店方式”と言われるやり方です。

 

パチンコ店は直接的には現金に換金していないものの、お客さんから見ればパチンコ店が間接的に現金に換金していると思うのが普通ですよね。

でも、法律上ではパチンコ店は賭博場に当たらず、合法的な遊技場なのです。

 

法律上は、「カジノは違法・パチンコは合法」です。

 

 

スロットのゲーム性の違いは?

それでは、カジノにあるスロットとパチンコ店にあるスロット(パチスロ)との違いを比べていきましょう。

 

カジノやパチスロ知らない人には、どちらも同じスロットマシーンに見えますが、ゲーム性や遊び方などこの二つのスロットは大きく違います。

 

カジノスロットには設定がない

まず一番大きな違いが、パチスロには一般的に6段階の設定があります。

これは、パチンコ店側が任意で変更することができ、設定6が一番大当たり確率が甘くコインが出やすい設定ですね。

ただ実際には、多くのパチンコ店のパチスロは低設定の設定1や2であることがほとんどです。

 

これに対してカジノのスロットは設定がありません。

大当たり確率などは一定で、カジノ側が任意で変更することができないのです。

つまりいつ誰がスロットを打っても、チャンスが平等に訪れるということが特徴です。

 

カジノスロットにはストップボタンがない

パチンコのパチスロの醍醐味の一つに「目押し」があります。

これは、お客さんがタイミングよくストップボタンを押すことによって、回転しているリールを狙ったところで停止させることを指します。

 

しかし実際には、リールの回転もパチスロ台側で制御されていますので、 いくら目押しが正確でも狙ったところで必ず停止するわけではありません。

目押しができないよりは、できた方がパチスロが楽しめるといった程度でしょうか。

 

そしてカジノのスロットには、ストップボタンがありません。

お客さんがスタートレバーをオンにすると、リールが回転するまではパチスロと同じですが、カジノのスロットはストップボタンがないためリールは自動的に停止します。

 

パチスロは、目押しの技術の差が勝率に若干影響しますが、カジノスロットは目押しの必要がないため、初心者の方でもスロット上級者と常に同じ平等なチャンスがあるのです。

 

有効ラインが違う

これはあまり気にしなくても良い点ですが、一般的なパチンコのパチスロは有効ラインは5ラインです。

上段・中段・下段のそれぞれの横ラインと、斜めの2ラインですね。

 

これに対してカジノスロットは、パチンコのパチスロのような5ラインの機種もあれば、有効ラインが何十通りもあるスロットも存在します。

とてもじゃないですが、全ての有効ラインを覚えることは難しいです。

でもリールの有効ライン上に図柄が揃えば、きちんと払い出しがされるので心配する必要はないですよ。

 

カジノスロットにはジャックポットがある

カジノスロットの一番の魅力と言えば、やはりジャックポットでしょう。

ジャックポットはパチンコのパチスロにはない機能で、カジノスロットだけの一攫千金のボーナスです。

 

ジャックポットは、お客さんが打つたびに少しずつその金額が増えていきジャックポットで大当たりするまで増え続けます。

つまりジャックポットが出ない期間が長ければ長いほど、積み上げられた金額が大きくなるので当たった時の金額も大きいのです。

過去には何千万円どころか、何億円と言う金額がジャックポットで大当たりしたことがあります。

 

パチンコのパチスロは、1日で儲かる金額は多くて数万円が限度でしょう。

しかしカジノのスロットは、たった一回転で数億円ものジャックポットに当選する可能性を秘めているのです。

カジノのスロットは、リールを回転させるたびにドキドキしますよ。

 

カジノスロットには換金手数料がない

パチンコのパチスロを打ったことがある人ならお分かりだと思いますが、パチスロには交換率がありますよね。

6枚交換や7枚交換などです。

 

お客さんは、パチスロのメダルを1枚20円でパチンコ店から借ります。

6枚交換なら、メダル1枚あたり16.6円相当の賞品と交換することができます。

7枚交換なら、14.2円相当ですね。

この20円との差額が、換金(交換)手数料と言われるものです。

 

でもこれはよく考えてみると、お客さんは500枚(1万円分)のメダルを借りて、500枚のメダルを交換しても負けてしまうということです。

パチスロは、出玉率が100%でも勝てないのですよ。

 

地域によっては、換金所でも更に手数料を取られるところもあります。

パチンコ店の景品カウンターで交換手数料取られて、さらに換金所でも手数料・・・。

これが、パチスロがなかなか勝てない理由の一つです。

 

これに対してカジノのスロットは、換金手数料が発生しません。

純粋に、メダルの枚数増えた分が「儲け」になります。

この換金手数料が発生しない点も、カジノスロットは平等と言えるでしょう。

 

 

どちらも違法なの?

以上が、カジノスロットとパチンコのパチスロとの違いです。

もう一度、まとめますね。

 

日本では賭博は禁止されていますので、カジノにおける換金はすべて違法です。

これに対してパチンコ店は、風俗営業法によってその営業が許可され、直接的には現金に換金していませんので合法です。

 

「カジノは違法で、パチンコは合法」となります。

 

IR推進法(カジノ法案)で合法に?

ところで、今国会で話題になっているIR推進法ですが、これは特定の地域に限ってカジノを合法的に認めましょうという法律です。

 

現段階では、日本国内に3ヶ所のカジノ施設の建設が予定されています。

まだ正式に場所は決まっていませんが、一体どこになるのか楽しみですね。

北海道や大阪、長崎などが候補地として挙がっているようです。

 

ここで間違えて欲しくないのが、 IR推進法によって日本が賭博合法になるわけではありません。

賭博は原則違法のままで、 IR推進法は特定の地域に限ってカジノ(賭博)を許可しましょう、という法律です。

ですから、引き続き許可された地域以外での現金を換金するカジノは、違法カジノとなり摘発・逮捕の対象となります。

違法営業の闇カジノや闇スロットには、十分に気をつけましょう。

 

追伸:オンラインカジノは合法?

今回の僕の説明を聞くと、パチスロよりもカジノスロットの方が魅力的だと感じると思います。

特に初心者の人にも、平等に楽しめる点が良いですよね。

 

しかし、日本国内でのカジノは違法です。

でも日本国内ではなく、海外のカジノなら・・・!?

 

そう、海外のオンラインカジノで遊べば違法にはならないのです。

 

そのオンラインカジノの中でも、日本人に人気ナンバー1なのが「ベラジョンカジノ」です。

ベラジョンカジノは、海外で合法的に運営されているカジノサイトですので、日本からアクセスして遊んでも違法とはなりません。

 

 

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

 

ベラジョンカジノは法律違反?違法賭博で逮捕される可能性はあるの?

 

ベラジョンカジノは無料プレーもありますし、今ならキャンペーン中で新規アカウント登録で$30のボーナスがもらえます^^

もらったボーナスは、一定条件をクリアすればキャッシュ(お金)として出金できますよ。

 

スマホカジノで入金不要で遊べるのはどこ?無料プレイはできる?

 

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

キャンペーンが終わらないうちにどうぞ!

 

ベラジョンカジノ公式サイト

 

 

ベラジョンカジノのスロットの現在のジャックポットです。

1番多い機種は、1000万ドル!

約10億円ですね。