カジノディーラー

カジノディーラーはルーレットでコントロールして狙った数字に入れられる?癖はあるの?

皆さん、こんにちは。

カジノ案内人の四条司です。

 

今回は、恐らく多くの人が疑問に思っている

「カジノのディーラーは、ルーレットのボールをコントロールできるのか?」

についてです。

 

ルーレットで赤が7~8回ぐらい連続で出たり、同じ数字が3回も続くと「やっぱりディーラーが狙ってやってるよね・・・?」って疑いたくなります。

偶然にしても、でき過ぎですよね。

 

果たしてカジノのディーラーは、ルーレットのボールを狙った数字に入れるようコントロールできるのでしょうか?

その答えを、当サイトの人気読者「ひなさん」(20代女性 アミューズメントカジノのディーラー経験者)に答えてもらいました。

 

真相はどうなのでしょうか?

僕も気になります。

早速どうぞ~。

 

 

カジノディーラーは、ルーレットのボールをコントロールできるの?

こんにちは、ひなです^^

プレイヤーの方から「カジノディーラーは、ルーレットのボールをコントロールできるの?」とよく聞かれます。

 

この答えは「ルーレットは、練習をすればボールを落とす位置をコントロールできる」ですが、「コントロールできる」と実際にプレイヤーにそう答えるかどうかは、また別の問題です。

なぜなら、ディーラーはイカサマを疑われることをしてはいけないからです。

 

「ルーレットのボールをコントロールできる」と答えてしまうと、どんな結果になったとしてもプレイヤーから「イカサマだ!」と言われ、ゲームが成り立たなくなってしまうからです。

なので、基本的には「ルーレットのボールはコントロールできません」と答えるようにしています。

 

ディーラーになって何度もルーレットの練習すると、自分がどの力加減でボールを投げると何回転するかが分かってきます。

更に練習を積み重ね精度を上げると、自分が狙った位置にボールを落とすことも可能です。

 

 

ディーラーは特定の数字を狙うことはできるの?

自分が狙った位置にボールを落とすことはできますが、特定の数字を狙うことはできません。

これは、どんなに腕のいいディーラーであっても不可能です。

 

なぜかと言うと、ルーレットはボールを投げるだけでなく、同時に下のホイールも必ず回転させているからなんですね。

海外のルーレットではホイールの回転が早く、仮にボールをコントロールして狙った位置に落としたところで、回転しているホイールに当たり跳ね返されてしまいます。

 

ボールの落ちる場所が固定されていたとしても、ホイールが回っている限り特定の数字を狙うのは物理的に不可能なのがわかるでしょうか?

プロのディーラーは狙えるとか、ディーラー本人が狙えると言っていたとしても、絶対にルーレットの数字を狙えることはありえません。

これは、漫画の世界だけのお話です。

 

また、海外のルーレットは、数字ごとの溝がかなり浅く作られています。

ボールが落ちた後も、ボールはどんどん溝を乗り越えて横に転がっていくので、赤もしくは黒の色を狙うことすらできません。

赤黒の色は横並びに交互になっているので、最後の最後にボールが横に1つ転がるだけで結果が変わってしまいます。

 

このようにルーレットでは、ディーラーが狙った数字や色へボールをコントロールして落とすことは到底不可能です。

 

ただし、アミューズメントカジノは別です。

アミューズメントカジノは”アミューズメント”(娯楽)なので、実際のカジノのルーレットよりも優しい作りになっています。

 

まず、先ほどもお伝えした数字ごとの溝。

これが海外のルーレットよりもかなり深くなっています。

一度その数字にボールが落ちれば、そこからボールが横に移動することはないくらいしっかりと深い溝になっているため、ボールが落ちた後の結果はほとんど変わりません。

ルーレットには均等に縦横のピンが設置されているので、そのピンへの当たり具合によってはボールが転がっていくこともありますが、海外のルーレットほど落ちた後のボールは移動しない作りになっています。

 

更にアミューズメントカジノのルーレットは、海外よりもホイールをかなりゆっくり回します。

ゆっくり回すと言うことは、ボールが落ちた後もそこまで数字が移動することがありません。

 

私が働いていたアミューズメントカジノのプレイヤー(お客さん)は、ルーレットの数字配列を覚えている方も多くいました。

数字配列を覚えておけば、ディーラーがボールを投げた後にベットしてピンポイントの数字(ストレートアップ)を当てることも可能です。

実際にピンポイントの数字を当てて高額配当を取っていたプレイヤーも数多くいました。

 

ルーレットの数字配列なんて覚えられるわけないと思われがちですが、ずっと遊んでいると意外と覚えるものです。

特にベットした場所の隣にボールが落ちると悔しいので、どの数字の隣が何の数字かって言うのを自然と覚えちゃうんですね。

 

カジノのルーレットは、ディーラーごとに癖があるの?

カジノのルーレットは、ディーラーごとにそれぞれ癖があります。

 

まず、ディーラーが誰に投げ方を教わったのかによって、人それぞれボールの投げ方に癖が出ます。

そして、その人の熟練度によっても癖が左右されます。

 

まだルーレットディーラー(進行)が下手な人は、ボールを投げる際に無駄な力が入ったり回転数が少なかったり。

上手いディーラーは、無駄な力を入れずに回転速度も回転数も安定させながら、なおかつ回転数を自在にコントロールできたり、と。

 

そして力加減や手の湿り気、爪の長さなどでも投げ方は変わります。

「爪を切ったばかりなので、今日はボールの回転数が少ない」、なんてことも。

 

カジノのルーレットは、このようにディーラーによって癖があるので、プレイヤーからは

「このディーラーは、ボールの落ち位置が安定している(だから数字が狙いやすい。好きなディーラーだ)」。

「このディーラーは、ボールの落ち位置が安定していない(だから数字が狙えない。嫌なディーラーだ!)」

とか、癖の違いによって好き勝手に言われることもありますね。

 

ルーレットで同じ数字が連続したり赤が15連続したりすると「ディーラーがコントロールして狙ってる!」って言われることもあるのですが、完全にたまたまの偶然です。

カジノのルーレットは、特に緑色の「0」と「00」が嫌われていますが、私は「0」を4連続で入れたことがあり、めちゃくちゃブーイングを受けたこともあります(笑)。

でも、残念ながらコントロールして狙ってません、本当に残念ながら。

 

落ち位置が毎回バラバラなのに、何故か「0」付近の数字ばかりに落ちるディーラーもいました。

落ち位置がバラバラなのに、盤面は同じ位置に落ちるってすごい癖(?)ですよね。

 

ルーレットは、カジノの中でも完全に攻略法のないゲームとされています。

物理的な要素があるので、完全に運のゲームですね。

赤黒ではなくピンポイントの数字に当たるとディーラーをしていてとても気持ちがいいです。

 

 

まとめ

ひなさん、貴重な体験談をありがとうございました。

その他のひなさんの体験談はこちらです↓

カジノのルーレットって、ディーラー目線で見ても奥が深いんですね。

ネットの口コミを見ると、「ディーラーは、ボールをコントロールして数字を狙える!」と言う書き込みをよく見つけます。

でも僕は、さすがにあれだけホイールが高速で回っているので、特定の数字を狙うのは物理的に不可能じゃないのかなって思っていましたが、まさにその通りでした。

 

又、もしディーラーがボールをコントロールできて、特定の数字を意のままに狙うことができるのなら、ディーラーによる不正ができてしまいます。

自分の知り合いをプレイヤーとして賭けさせ、それにボールを落として稼がせれば良いのです。

儲かった分は、後で山分け・・・。

 

ディーラーが数字を狙うことができれば、こんな不正が可能になってしまいます。

カジノ側も、このような特定客とディーラーとの”不正結託”を防ぐために、ディーラーに対して「空き時間にボールを投げる練習は禁止」と言うルールを設けているカジノもあります。

 

それにしても、ルーレットのボールをどの辺りで落とす(失速させる)とか、回転数をコントロールできるのには驚きましたね。

これぞ、カジノディーラーの技術(スキル)と言えます。

何だか少し、カジノのディーラーに憧れてしまいました。

 

もし、あなたも

「実際にルーレットのボールを投げてみたい!」

「どこまでコントロールして狙えるのか試してみたい!」

と言う人は、日本カジノ学院と言うスクールで無料体験を開催しています。

なかなか自分で本物のルーレットを用意することは難しいので、こうした無料体験が利用できるのは嬉しいですね。

 

 

日本では、まだまだ馴染みのないカジノディーラーですが、海外ではすでに人気職で社会的地位も年収も、そして求人倍率も高いのです。

ディーラーには定年がなかったり、公務員の1.5倍の給料をもらえる国もあるぐらいなんですよ。

お金と同じ価値である多額のチップを扱う職業ですから、銀行員と同じと言えるでしょう。

 

 

日本のIRカジノができたら、1つのカジノに付き1000~2000人のディーラーが必要と言われています。

カジノは24時間営業で、基本的にディーラーは一つのテーブルに長時間付かないため、このような規模の人数が必要になります。

 

どこの国のIRも、従業員は自国から優先的に採用しますので、これは今からカジノディーラーとしての技術(スキル)を身に付けておくと就職に有利かも。

体力をそれほど必要としないため、50代~60代や女性のディーラーが多いのもうなずけます。

 

 

日本カジノ学院の無料体験のリンクを載せておきますので、詳しくは↓こちらからご確認してください。

日本カジノ学院のトップページの「オープンスクール・資料請求」のオレンジ色のバナーから、無料体験の案内ページに進みます。