カジ旅

カジ旅で出金したら確定申告は必要?税金について詳しく解説!

オンラインカジノをプレイしていると気になる事がそれなりに出てくる。

中でも特に気になるのは税金に関してではないだろうか。

オンラインカジノをプレイしていると予想を遥かに超えた金額が勝ってしまうことはないだろうか?

そんな時に何気なく換金をしていると恐ろしい事になる恐れがあるので注意が必要だ。

法律は「知りませんでした」は通用しない世界なのである。

最低限の知識はしっかりと持っていることが必要になるのだ。

 

カジ旅の出金に確定申告はしないといけないの?

見出しにある通りカジノで稼いだキャッシュは税金がかかるのか?

これの答えはかかるが正解である。

 

そして、確定申告もしなければならないのが、正解である。

そもそも、ギャンブルで得たお金には税金が発生することを前提に理解しておこう。

日本で行われるギャンブルといえば

パチンコ

スロット

競馬

競艇

競輪

などである。

それからオンラインカジノこれらには全てに税金がかかる。

 

では何故ギャンブルで得たお金を税金で納めたことはないのだろうか?

その答えは 基本的にその場で現金を受け取っているから。

つまり口座に現金の動きがないので税務署もギャンブルのお金について足がつかめないと言うのが税理士の見解である。

 

他にも稼いだ額が微額で普段の給料と比較してもおかしな点が無いことなどが挙げられる。

この考えをもとにすると、直接現金で受け取るオンラインカジノ以外のギャンブルは税務署から目をつけられにくいが、銀行に送金されるオンラインカジノはしっかりと申告しないと脱税として処罰を受ける可能性があるのだ。

 

オンラインカジノ関係の税金について解説!

ギャンブルで得たお金には所得税が課されることになる。

ではオンラインカジノでキャッシュを得た場合はどの時点で所得税が発生するのかを説明していこう。

所得税はオンラインカジノで収入が出た時点で発生する。

そして、所得税は一年間の所得に対して課されるので一年間で得たオンラインカジノのキャッシュの総額からから経費を差し引いた額が課税対象になると言うわけだ。

 

もう一つ大事なポイントは申告をする際にオンラインカジノで得た利益額から損失額を引くことはできないということだ。

例えば年間の利益が100万円とする。

それから損失額は50万円とする。

この場合は50万円として利益額を考えるのではなく、100万円として考える。

損益額を引くことができないというのはなんとも悲しいことである。

 

次にオンラインカジノの儲けは雑所得になるかについて考えていこう。

先ず雑所得の考え方について説明しよう。

売上 - 経費 = 利益

利益 × 税率 = 雑所得

この計算式から導き出されるのが雑所得である。

この場合利益が出なければ、税金を払う必要はない。

しかし、基本的にギャンブルは一時所得に分類される。

 

過去に競馬の所得が雑所得として最高裁平成29年12月15日判決で認められた例もある。

しかし、先程も述べたように原則ギャンブルは一時所得である。

この一時所得の計算法は勝利金額(キャッシュ)➖支出金額(突っ込んだ金額)➖特別控除額=一時所得額

この計算式で導き出した額が一時所得額となる。

 

そして、この導き出した一時所得額に2分の1

をかけたものが一時所得の課税対象となる。

 

計算式で表すと

一時所得額✖️2分の1=一時所得の課税対象額

となる。

そしてここから所得税を導く計算式は

{ (給与所得等他の所得 + 一時所得の課税対象) }- (各種所得控除)× 税率=所得税

となる。

数字ばかり出てきて面倒だが、最低限の知識として、覚えておく必要がある。

ここでこの場を借りて確定申告のやり方についても記載していく。

先ず確定申告をする必要のある所得についての期間から説明していく。

 

その年の1月1日から12月31日までに得たオンラインカジノの所得が、確定申告の対象となる。

先記載したとおり、オンラインカジノで得た一時所得を計算し、他の所得と併せて確定申告する必要がある。

 

また、確定申告の時期は、毎年2月16日から3月15日までの間の1か月間となる。

オンラインカジノで収益がある人は当該期間中に忘れずに申告しなければならない。

次に必要な書類について記載していく。

 

⚫️源泉徴収票(会社勤務の場合)

⚫️支払調書(カジノ側から受領)

⚫️支出に関する領収書

以上の三つの書類が必要となる。

 

次に確定申告までの流れを説明していく。

はじめに収入や支出の情報を収集する。

オンラインカジノで得た所得のキャッシュ(勝利金)や支出の情報を収集する。

必要書類の準備

はじめに収集した情報を裏付ける資料を収集して準備する必要がある。

詳しく説明すると、支払調書や支出に関する領収書を収集する必要がある。

 

クレジットカードで入金すると思うが、その入金の履歴でも可能である。(書類化する必要がある)

これらの書類は、所得税の計算において根拠資料になるため前もって準備する必要がある。

 

確定申告書の作成

必要事項や所得税の金額を記載した上で確定申告書を作成する。

他の所得も一緒に確定申告する必要があるので、事前に作成するように心がけよう。

 

確定申告書の提出

領収書等を収集し作成した確定申告書を必要書類と併せて2月16日から3月15日までの間に申告者の管轄する税務署に申告する。

 

所得税の納付

申告が終われれば納税となる。

確定申告した内容に基づいて所得税を納付する。

納付方法は現金納付から振替納税、e-Taxなど様々な方法があるので、自分自身の選択した納税方法で納付すれば確定申告は終了である。

 

カジ旅がオススメの理由

では最後にカジ旅がお勧めの理由について記載していく。

筆者が考えるカジ旅のお勧めな理由は2つである。

 

①ブリッツモード機能を駆使して、ボーナスまでの道のりが軽い

旅カジノにはブリッツモードと呼ばれる機能が存在する。

この機能は特定のスロットゲームを高速回転させ、ボーナスゲームの直前にまで手早く進むことが出来る。

高速回転により、手早くボーナス直前にまで持っていくことが出来るので、時間短縮となる機能である。

カジ旅はこの機能を使用することが出来るのでオススメである。

 

②RPG感覚でカジノをプレイすることが出来る

旅カジノでは、RPG感覚でカジノをプレイすることが出来る。

このRPG感覚でカジノをプレイすることが出来るので、他のオンラインカジノサイトとは少し感覚の違ったプレイを楽しむことが出来る。

その他にもRPG感覚でオンラインカジノに使えるボーナスも受け取ることが出来る。

旅カジノをプレイすることで、RPGとカジノの両方を楽しめることが旅カジノの魅力ではないだろうか?

 

終わりに

今回はオンラインカジノの税金や確定申告について、記載してきた。

オンラインカジノので、得た勝利金には税金がかかる。

また必要な場合には、確定申告が必要になるになる。

 

このことはオンラインカジノをプレイするプレイヤーも以外と知らない人間も多いと考える。

しかし、知らないことでは、逃れられない状況に陥る危険性があることも、オンラインカジノをプレイする上では最低限の知識として、持っておく必要があるだろう。

何かの漫画のセリフになるが「法律は弱い人を守るためのものではなく、知っている者を助けるものである」このセリフをオンラインカジノのプレイヤーは肝に銘じる必要がある。

 

$40のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

カジ旅公式サイトはこちら