カジ旅

カジ旅は学生は遊べるの?何歳からアカウント登録できる?

 

オンラインカジノをプレイする際に忘れてはいけないことがある。

それは、オンラインカジノには年齢制限が存在するということだ。

オンラインカジノはゲーム性が強い面もあるが、紛れもなく賭け事には間違いない。

基本的に、未成年はオンラインカジノはプレイすることは出来ない。

しかし、オンラインカジノサイトによっては、年齢制限も異なる場合が多い。

今回はそのことについて記載していく。

カジ旅は18歳未満の学生でも遊べるの?

はじめに結論から言うと、オンラインカジノは基本的に18歳未満では、遊ぶことは出来ない。

これは、ほとんどのオンラインカジノサイトでも共通の決まり事だ。

仮に18歳未満だとカジノサイト側が知っていて遊ばせると、ライセンスが認証されないと言われている。

ライセンスが認証されなければ、オンラインカジノを運営する側としては、大きな打撃である。

 

カジノ運営側としても、18歳未満はオンラインカジノで遊んでほしくないのが心情である。

しかし、オンラインカジノサイトによっては、登録だけはすることが出来るオンラインカジノサイトも存在する。

登録をすることは出来るが、入金をする段階で、年齢制限に引っ掛かり結果としてオンラインカジノをプレイすることは出来ない。

 

入金をすることは出来ないが、オンラインカジノサイトによってはでもプレイをすることは出来る。

あくまでも体験プレイなので、テレビゲームで言う体験版である。

 

旅カジは何歳からアカウント登録できる?

旅カジノは本拠地をオランダ領の島に置くカジノサイトである。

オランダ領の島に本拠地を置いていることから、本拠地以外の各国でオンラインカジノで遊ぶ際には、その各国の法律の元に判断される。

旅カジノの年齢制限は18歳以上であるから、利用者の各国よって適用される法の下の居住管轄区域規定されている、最低の法定年齢に適合している者がオンラインカジノで遊ぶことが出来る取り決めになっている。

この文から読み取れるよう旅カジノでは、年齢制限は18歳以上となっている。

そして、その他の法律関係はオンラインカジノで遊ぶ人の国の法律に委ねるというものである。

ここで重要な事は、オンラインカジノはある程度の基準は設けているが、最終的には各国の基準に合わせることになるのである。

その基準に基づいて判断されることになるので、日本においては、18歳以上からオンラインカジノは遊ぶことが出来るので、日本においての旅カジノの年齢制限は18歳である。

(登録情報を偽証すると)

 

さらに、旅カジノに限らず、すべてのオンラインカジノサイトでは、登録する際の個人情報常に最新のものに設定しなければならず、個人情報を偽証して登録をすると運営側からアカウントロックされたり、アカウントを削除されたりする。

特に注意すべきことは、住所である。

カジノサイトによっては、入金する際のクレジットカードに登録されている住所と実際の住んでいる住所が異なる場合は、住民票の提出を求められるケースも存在する。

アカウントを登録する際には、注意が必要だ。

 

また。オンラインカジノの主な入金方法はクレジットカードによる入金方法となる。

そのクレジットカードを作ることが出来る年齢は日本では18歳以上となる。

18歳は未成年者であるため、クレジットカードを作る際には、親権者の同意が必要になる。

同意を得てクレジットカードを作っても、親権者が指定した項目以外は、使用できないようブロックしたりと未成年者がオンラインカジノに入金するには、銀行送金かVプリカ以外はほぼ不可能ということになる。

 

そして、送金するにも、Vプリカを使用するにも登録する必要があるので、未成年がオンラインカジノで遊ぶことは、ほぼ不可能である。

ただし、カードの名義人が18歳以上のカードで親権者の同意が必要でないカードを未成年者が勝手に使用したりする場合は例外となる。(勿論、登録の壁を越える必要はあるが、、)

 

旅カジは何歳の人が多いの?

これまでは、オンラインカジノは何歳から利用できるかについて記載してきた。

繰り返しになるが、オンラインカジノはサイトによるが、基本的には18歳以上からが遊ぶことが出来る権利を手にすることが出来る。

では、旅カジノをはじめとするオンラインカジノで遊ぶ、年齢層はどのようになっているのか考えていこう。

先ず、最低年齢は基準にある通り、18歳以上からが最低年齢となる。

 

そして、最高年齢層は60代と言われている。

オンラインカジノを総括して最高年齢が出されているので決して断定することは出来ないが、情報は信頼出来るものである。

旅カジノで遊ぶ人が多い年齢は、確たる情報を得ることが出来なかったので、断定は出来ないが、恐らく40代までのユーザーが多いと考えられる。

そのように考えられる理由は、

 

〇カジ旅がスロットに特化したカジノサイトであるから

〇RPG要素が組み込まれているため、40代以上の年齢には面倒に思えるから

 

が主な理由である。

 

70代になると、インターネットの利用率が急激に下がるので、その年代がオンラインカジノで遊んでいるユーザーになることは難しいと考えられ、この60代という答えになる。

 

ここからは、私の独自の調査になるが各年代によって遊ぶカジノゲームの種類は何か調査したことがある。

 

その独自調査結果から、40代まではスロットで遊ぶユーザーが多く見られた。(ハワイアンドリーム、ムーンプリンセスなど)

そして、50代以上は、テーブルゲームで遊ぶユーザーが多いことが分かった。

(ルーレット、バカラなど)

40代までのユーザーが、スロットを遊ぶ事には理由があり、それは

 

〇パチスロでは稼ぐことが出来ない額を一気に稼ぐことが出来ること。

 

〇テーブルゲームも楽しいが、ゲーム性がどうしても欲しくなる

 

といった理由があった。

次に50代からは、スロットではなく、テーブルゲームで遊ぶユーザーが多かった。

その理由は

 

〇日本語で書いてあるスロットはゲーム性を何とか理解できるが、根本的なルールを知って いるわけではないので、少しためらってしまう

〇はじめから、ルールを知っているテーブルゲームが安心して遊ぶことが出来る

 

といった理由があった。

どの年代も限られた資金であることには変わらないので、遊ぶ際には慎重になることは当然の事だと言える。

補足だが、オンラインカジノで遊ぶ人はどのような職業の人が多いのか独自に考えてみた。

オンラインカジノは、利益を上げると雑所得となる。

つまり、副業が禁じられている公務員は遊ぶことが出来ない。

 

公務員は、給料が1円単位で管理されているので、オンラインカジノで利益を上げると直ぐに発覚してしまうのだ。

実際に、某県の地方公務員がオンラインカジノで処分を受けている。

そのことから、公務員を除く職業はオンラインカジノで遊ぶことが出来る職業となる。

しかし、会社によっては会社内の規約で副業を禁じている会社も多く存在する。

 

雑所得といっても今のご時世で会社から目を付けられるのは、いい気がしない。

そのような、公務員以外でもある程度の縛りがある職業を除くと、一番多い職業は自営業という結論にたどり着く。

自営業でも、毎日仕事に追われている人ではなく、ある程度の時間と資金に余裕のある府とが一番オンラインカジノで遊んでいるのではないだろうか。

 

$40のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

カジ旅公式サイトはこちら