クイーンカジノ

クイーンカジノの儲けや利益に税金はかかる?税務署に電話で聞いてみた

皆さん、こんにちは。

カジノ大好き、四条司です。

 

クイーンカジノで儲けていますか?

今回は、そんなクイーンカジノの儲けや利益にかかる税金についてです。

 

競馬やパチンコの儲けや利益にも税金がかかるって言われていますので、やはりオンラインカジノのクイーンカジノでも税金はかかるのでしょうか?

ズバリ、税務署に電話してみました。

気になりますよね~、早速どうぞ。

 

その前に、先に税務署に電話で聞いた結論をまとめておきますね。

 

・クイーンカジノの儲けにも税金はかかります。

・税金の計算方法は、1ゲームごとです。1日単位ではありません。

 

クイーンカジノの儲けには税金がかかる

今の日本の法律(税法)では、ギャンブルでの儲けにも税金がかかります。

え?っと思った人もいるかもしれませんが、パチンコや競馬などのギャンブルで儲けると、その儲け分にも税金がかかるのです。

とは言っても、「パチンコや競馬で儲かったから税金を払った」っていう人は聞いたことないですけどね。

 

法律上は、ギャンブルの儲けにも税金がかかりますので、まずは「クイーンカジノで儲かったら税金がかかる」ということを覚えて下さい。

 

所得税の一時所得に

「税金」と一言で言っても、様々な種類の税金があります。

クイーンカジノなどギャンブルでの儲けは、所得税の中の「一時所得」の税金になります。

ちなみに、サラリーマンがもらう給料は、所得税の中の「給与所得」になりますし、ビットコインの儲けは所得税の中の「雑所得」になります。

計算方法などが、それぞれ違うんですよ。

 

クイーンカジノの儲けは、所得税の中の「一時所得」という税金になるということを覚えて下さい。

 

 

50万円までは税金はかからない

この一時所得、年間(1年間)の所得の金額が50万円までなら税金はかかりません。

「所得」って専門用語で分かりにくいですが、「儲け」と思って大丈夫です。

つまり、一時所得は年間50万円までは税金がかからないのです。

 

税金がかかるぐらい、毎年クイーンカジノで稼いでみたいですよね。

嬉しい?悩みです。

 

↑文末に「直接」要した金額、とあります。

 

計算方法を税務署に電話で聞いてみた

ここからが重要なポイントです。

実は、僕が過去に書いた記事で間違った内容がありました。

このオンラインカジノの儲けを計算する際、1日単位で計算すると書いていたのです。

 

ネット上の情報だと、大半のサイトが「オンラインカジノの儲けは、1日単位で計算する」と書いています。

が、これは誤った情報です。

僕も間違えていました、すみません。

ここで訂正します。

 

そして今回は、万全を期すために直接税務署にクイーンカジノ(オンラインカジノ)の儲けについて、電話で聞いてみました。

 

「儲け」の計算は1ゲーム単位で

税務署に聞いてみた結果は、次の通りです。

 

ギャンブルでの儲け、クイーンカジノでの儲けは、1日単位ではなく1ゲーム単位で計算します。

つまり「今日3万円儲かった」場合、この3万円に税金がかかるのではありません。

計算方法が間違っています。

正しくは、「ルーレットで1ゲーム賭けたら100円儲かった」から、この儲かった100円に税金がかかるのです。

 

具体例を挙げようと思いますが、その前に競馬で例えると分かりやすいと思います。

 

競馬に例えると分かりやすい

※競馬の場合は、1レースではなく馬券1枚ごとに税金の所得を計算します。

 

あるG1レースで、次のように馬券を買ったとします。

 

1枚目の馬券 単勝 5番 3,000円

2枚目の馬券 馬連    3-9 5,000円

3枚目の馬券 馬連 2-7 7,000円

 

の合計3枚の馬券、1万5千円分買いました。

何番の馬を狙っているのかよく分からない買い方ですが、気にしないでください(笑)。

 

レースの結果は・・・

 

1着 5番

2着 10番

3着 2番

 

です。

と言うことは、1枚目の馬券が当たりましたね。

単勝5番のオッズは6倍だったので、1万8千円が払い戻しされました。

 

さて、ここで問題です。

このレースでの一時所得の所得(儲け・利益)はいくらでしょうか?

 

普通に考えると・・・

 

全部で1万5千円賭けて払い戻しが1万8千円だから、儲けは3千円ですよね。

日常生活では、「3千円儲かった」となります。

しかし、税金上では違うのです。

 

初めにも書きましたが、競馬の場合は馬券1枚ごとに儲けを計算します。

 

1枚目の馬券の儲けは、3千円賭けて1万8千円払い戻しされたので1万5千円になります。

ここまでは良いですよね?

 

次に2枚目と3枚目の馬券の計算・・・はしません。

 

そう、一時所得は、その所得(儲け)に直接かかった費用のみが経費として認められるのです。

2枚目と3枚目は、直接1枚目の馬券の儲けには関係ありません。

ハズレ馬券は、経費にならないのです。

 

1万8千円の払い戻しに掛かった費用は、1枚目の馬券購入金額の3千円のみ。

この3千円が経費です。

 

つまり、このG1レースでの儲け(一時所得)は・・・

 

1万円8千円 - 3千円 = 1万5千円

 

になります。

 

この1万5千円に税金がかかってきます。

(年間の儲けの合計が50万円以下なら、税金はかかりません。)

実際の手元に残った3千円に、税金がかかる訳ではないのです。

ここがギャンブルの一時所得の計算方法で、一番間違えやすいポイントです。

 

競馬の儲けの税金の計算方法は、1日ごとでも1レースごとでもなく、馬券1枚ごとに計算をして下さい。

これは、税務署に聞いたので間違えありません。

 

 

クイーンカジノの儲け(利益)の計算方法は?

では、クイーンカジノでの儲けた場合で、かかってくる税金を計算してみましょう。

競馬の儲けと同じ様に、かかる税金を計算してみます。

 

例)クイーンカジノのルーレットで遊んでみました。

1ゲーム目 1ドル賭けたら2ドル当たり、1ドル儲かりました。

2ゲーム目 2ドル賭けたらハズレました。

3ゲーム目 2ドル賭けたら1ドル当たり、1ドル損をしました。

 

3ゲームトータルで見ると、5ドル賭けて3ドル当たってますので、2ドルの損です。

でも、これは一般的なギャンブルをする人の儲けの考え方。

税金では、競馬と同じ様に1ゲーム単位で計算します。

 

まず、ハズレた(損をした)ゲームは儲けが出ていませんので、一時所得の計算から除外します。

一時所得は、儲かった分(ゲーム)だけ計算します。

 

つまり今回の例で言うと、1ゲーム目のみが税金の対象になりますね。

2と3ゲーム目は、儲け(所得)が発生していません。

1ゲーム目で1ドルの儲けがありますので、この1ドルに対して税金がかかります。

(一時所得は、年間50万円までは税金がかかりません。)

 

以上が、クイーンカジノ(オンラインカジノ)の税金の計算方法です。

 

僕は初め、1日単位で税金がいくらかかるのかを計算していました。

でも、今回税務署に電話で聞いてみた結果、1ゲーム(1レース)単位が正しい税金の計算方法と分かりました。

ネット上では、未(いま)だに1日単位での税金の計算方法を紹介しているサイトがありますが、皆さんは勘違いしないで下さいね。

 

実際、税金はいくらかかるの?

では、実際にクイーンカジノでいくら儲けたら(いくら利益が出たら)、どれぐらいの税金がかかるのかを具体的に計算してみます。

 

ややこしいと思いますので、そう感じた人は読み飛ばして下さい(笑)。

覚えなくても大丈夫です。

 

 

一時所得の計算方法は?

1年間で儲けた金額を合計します。先程の1枚の馬券ごと、ルーレット1ゲームごとの儲けの総合計金額です。

 

②①の儲けの合計金額から、特別控除の50万円を引きます。

特別控除とは、”オマケ”で50万円までは税金がかかりませんよ、儲けから引いてもいいですよ、という金額です。

これが「一時所得は50万円までは、税金がかからない」という根拠です。

計算結果が0以下なら、クイーンカジノの儲けには税金はかかりません。

 

③儲けがあった場合は、その金額を更に半分にします。 ②の計算結果が10万円なら、半分にして5万円です。この半分にした金額に、税金がかかるのです。

※この「5万円」が、実際に支払う税金の金額ではありません!更にここから”税率”を掛けます。

 

例)1年間のクイーンカジノの儲けが86万円でした。

この86万円から50万円を引くと(控除すると)36万円です。

更にこの36万円を半分にすると、18万円になります。

この18万円に税率を掛けた金額が、実際に支払う税金の金額です。

 

但し、給料をもらっているサラリーマンは、給与所得にこの一時所得の18万円を足して税率を掛けます。

はい、ややこしいですね。

覚えなくて大丈夫です。

 

所得税の税率は?

所得税の税率は、人によって違います。

上で少しお話しましたが、クイーンカジノの儲けの18万円は、給料との所得と合わせて計算します。

 

サラリーマンって、儲ければ儲けるほど税金が高くなりますよね?

年収1000万円を超えている人を見ると「すごいな~っ」て思いますが、実はその分税金もたくさん払っているので、思ったよりは手残りがありません。

日本の税金は、儲ければ儲けるほど高くなる(税率が高くなる)ように作られています。

人によりもらっている給料が違うので、税率も人によって違うのです。

(クイーンカジノの儲けの18万円に、何%の税率を掛けるのかは人により違います。)

 

下の表は、国税庁のものです。

 

 

一番税率が低いのは、所得が195万円以下の人の5%。

※この195万円は「課税所得」であり、「年収」ではありません。

はい、ややこしいです。

 

この人の場合、クイーンカジノの儲け18万円には、5%を掛けた金額の9千円の税金がかかります。

元は86万円の儲けでしたから、意外と安いですよね。

 

税率33%区分の人だと、18万円に33%を掛けて59,400円の税金です。

まあまあな税額ですが、この33%の区分の人と言うのは、年収1200万円超の人たち。

年収1200万円と言えば、月収100万円ですからね。

これだけ稼いでいるので、税率もそれなりに高いのでしょう。

 

普通のサラリーマンなら、だいたい10%か20%の税率区分になります。

10%なら1万8千円、20%なら3万6千円の税金がかかってきます。

 

かかる税金の具体例

例)年収500万円のサラリーマンが、クイーンカジノで年間100万円儲けた場合。

※もちろん、一時所得としての「儲け」です。

クイーンカジノの儲けの100万円は、50万円を引いて半分にすると25万円です。

税率区分は20%になりますので、25万円に20%を掛けて5万円。

クイーンカジノの儲けには、5万円の税金がかかります。

※給料の500万円には、別で税金がかかります。(毎月、”所得税”として天引きされているアレです。)

 

年収280万円の人(僕)の場合はどうでしょう?

クイーンカジノで70万円儲けたとします。

クイーンカジノの儲けの70万円を、50万円引いて半分にすると10万円。

税率は5%になりますので、5千円の税金がかかります。

貧乏人には、税金が安いですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ギャンブルの儲けや利益には、所得税の中の「一時所得」という種類の税金がかかります。

クイーンカジノ(オンラインカジノ)の儲けに対しても同じです。

 

「儲け(利益)」の計算方法は、「1レースごと」「1ゲームごと」です。

「1日ごと(単位)」ではありません。

 

また、儲かった時だけを合計して計算します。

損をしたレースやゲームは、一時所得の計算に含めません。

 

年間の儲けた金額が50万円までは税金がかかりません。

それ以上の儲けには税金がかかりますが、人により税率が違いますので支払う税額も変わってきます。

 

以上が、今回の簡単なまとめになります。

 

・・・後半の計算方法は、ややこしいですよね。

ですから今回は、

 

・クイーンカジノの儲けには、税金がかかる。

・その計算方法は面倒クサイ

 

とだけ覚えておきましょう(笑)。

これだけで十分です。

 

でも、クイーンカジノの儲けにかかる税金って、意外と安いと思いませんか?

ギャンブルの儲けなので、もっと税金を取られるかと思っていましたよね。

 

余談(ビットコインの儲けや利益は?)

余談ですが、ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)の儲けにも税金がかかりますが、こちらは所得税の中の「雑所得」になります。

 

雑所得は一時所得と違って、50万円が引ける”オマケ”がなく、また”半分”にもなりません。

つまり、ビットコインの取引で儲けた金額のそのまま全額に税率を掛けるのです。

これが「ビットコインの儲けに対する税金は高い」と言われている理由です。

 

例えば、ビットコインの取引で100万円儲けたら、税率20%の人は20万円の税金が掛かってきます。

(一時所得なら5万円の税金で済みます。)

 

尚、今回は(これでも)変わりやすくするため、途中で省略して計算しているところがあります。

税法はややこしいです。

僕も素人ですので、この記事の内容は「一般論」として参考までにお願いします。

詳しくは、税理士さんや税務署に聞いて下さいね。

 

税務署も、電話で聞くと丁寧に教えてくれますよ。

「オンラインカジノは違法だから、税務署に聞くと捕まる」というのはデマです。

税務署は、警察署ではありません。

それにオンラインカジノは、違法ではありません(合法でもありませんが)。

 

また、「税務署に電話すると税金を取られる」というのもデマです。

僕は、過去に何回も税務署に電話していますが、すべて匿名で対応してくれます。

住所や名前を聞かれたことはありません。(もちろん、個人的な内容は別です。)

 

税務署に電話して聞くということは、税金のことを正しく知り納税したいという意志の現れです。

これに対して税務署は、丁寧に教えてくれます。

そもそも税金を払わない(脱税)する人は、税務署に電話なんかしないですからね。

 

今回の僕の記事が「怪しい」と思う人は、ぜひご自身で税務署に聞いて確かめてみて下さい。

その方がより確実ですし、税金に対しても納得が行くと思います。

 

クイーンカジノについては、こちらの記事でまとめてあります。

クイーンカジノの違法性や税金のまとめ!ボーナスや入金方法の詳細情報も

 

ベラジョンカジノの方が条件が良い

クイーンカジノには、一時所得がかかることが分かりました。

ということは、基本的にオンラインカジノは同じように税金がかかると言うことですね。

それでしたら、クイーンカジノより条件が良いベラジョンカジノで遊んでみたほうが有利かもしれません。

 

ベラジョンカジノはこちらから

 

ベラジョンカジノはカジノゲームの種類が豊富でその数はクイーンカジノの倍の1100種類以上。

もちろんライブカジノもありますよ。

 

クイーンカジノは、入金にVISAのクレジットカードが使えませんが、ベラジョンカジノならVISAにも対応しています。

VISAが使えなくて困っている人は、ベラジョンカジノで試してみて下さい。

 

そしてベラジョンカジノが一番有利な点は、ボーナスの出金条件が甘いこと。

クイーンカジノは、受け取ったボーナスの40倍のベットプレイ数が必要ですが、ベラジョンカジノならなんと半分の20倍でOKです。

禁止ゲームもありませんので、好きなゲームでボーナス出金条件の消化ができます。

 

 

ボーナスがリアルマネーとして出金しやすいのがベラジョンカジノの特徴。

せっかく受け取ったボーナスですから、できればリアルマネーにしたいですよね。

 

もちろん、ベラジョンカジノも日本語に完全対応。

初心者の方でも安心して遊べます。

 

ライセンスも、審査が厳しいと言われているマルタ共和国のものを取得済み。

イカサマや不正のない、平等なカジノが楽しめます。

 

ベラジョンカジノは現在キャンペーン中で新規アカウント登録で入金不要の30ドルのボーナスがもらえます。

(下記ボタンからの限定です)

 

早速、ボーナスの出金条件が甘いベラジョンカジノで稼ぎましょう。

稼いだら税金は払いましょうね(笑)。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイトはこちら