クイーンカジノ

クイーンカジノの違法性や税金のまとめ!ボーナスや入金方法の詳細情報も

皆さん、こんにちは。

カジノ大好き、四条司です。

 

今回は、クイーンカジノについてまとめてみます。

今までいくつかクイーンカジノについて書いてきましたが、分かりやすいようにここでまとめてみますね。

 

気になる項目がありましたら、下の目次から飛んでください。

 

クイーンカジノの違法性まとめ

まず、クイーンカジノの違法性についてまとめてみます。

 

クイーンカジノは違法ギャンブルで捕まる?法律上は問題ないのか?

 

現在の日本では賭博が禁止されていますが、クイーンカジノは本物のリアルマネーを賭けています。

普通に考えれば、リアルマネーを賭ければ賭博罪に違反して逮捕されるはずです。

 

果たしてクイーンカジノは、合法カジノなのでしょうか?

それとも、違法カジノなのでしょうか?

 

実は、クイーンカジノは違法カジノではありません。

と言っても、合法カジノでもないのです。

 

その理由を次に説明します。

 

オンラインカジノは違法か合法か?

クイーンカジノは、インターネットを使って海外のインターネット上のカジノにアクセスしています。

このようなカジノのことをオンラインカジノと呼びますが、実はオンラインカジノは、現在の日本の法律では違法ではありません。

その理由は、オンラインカジノであるクイーンカジノは、フィリピンのマニラで運営されているからです。

 

日本の賭博罪は、もちろん日本の国内でのみ適用されます。

クイーンカジノが日本国内で運営されているのなら、クイーンカジノの運営者は逮捕されてしまいますが、海外のフィリピンで運営されているクイーンカジノには、日本の賭博罪は及ばないからです。

アメリカのラスベガスを違法カジノだ!と言って、日本の警察が取り締まることはできませんよね。

インターネット上のカジノか、実際のリアルカジノかの違いがあるだけで、理屈は同じです。

 

オンラインカジノ(クイーンカジノ)の違法性についてまとめると、海外で運営されているクイーンカジノは、日本の法律で取り締まることができないため違法カジノではありません。

 

日本人プレイヤーが逮捕される可能性は?

しかし、ここで一つの疑問が残ります。

 

クイーンカジノ自体はフィリピンで運営されていますが、僕たち日本人のプレイヤーは、日本国内からクイーンカジノへアクセスしています。

当然、僕たち日本人には賭博罪が適用されるはず。

 

違法カジノで賭け事をしたとして、逮捕される可能性はないのでしょうか?

 

実は、この部分に関してはグレーな状態です。

違法とも合法とも言えません。

確かに僕たち日本人は、クイーンカジノでリアルマネーを賭けギャンブルをしています。

ここの部分だけを見れば、違法賭博で逮捕されてもおかしくはないでしょう。

 

でも、先ほどの説明を思い出してください。

クイーンカジノは海外で運営されているため、日本の警察に逮捕されることはありません。

すると、ここでおかしな現象が起こります。

クイーンカジノも僕たち日本人も同じ賭博をしているのに、クイーンカジノは逮捕されずに僕たち日本人だけが逮捕されるということが起こるのです。

 

賭博というリアルマネーを賭けるギャンブルは、一人ではできません。

ギャンブル場を運営する運営者(胴元)と、お客さんの双方がいて初めて成り立ちます。

にも関わらず、お客さん(僕たち日本人)だけが逮捕されるというのは、おかしな話ですよね。

 

それに賭博罪は、お客さんよりも運営者の方の罪を重く見ています。

同じ賭博罪で逮捕されても、運営者の方が罪が重いのです。

 

これをクイーンカジノに当てはめると・・・

 

罪が軽い僕たち日本人だけ逮捕されて、罪が重いクイーンカジノは逮捕されない。

このような法律の趣旨にそぐわない、おかしな事が起こってしまうのです。

 

また、僕たち日本人だけを逮捕しても、日本の警察はその賭博の証拠を集めることが非常に困難です。

もし、証拠を集めようとするのなら、海外にあるクイーンカジノまで調べなければならないからです。

 

実際、過去にクイーンカジノ以外のオンラインカジノで遊んでいた日本人プレイヤーが、京都府警に賭博罪で逮捕されたという事件がありました。

 

しかし、結果は不起訴に。

不起訴とは裁判にかけない、つまり無罪と同じということです。

 

なぜ、警察は逮捕したのに不起訴にしたのでしょうか?

 

それは、もちろん裁判にかけても有罪にできる見込みがなかったからです。

罪の重いオンラインカジノ側を逮捕できないですし、証拠を集めて捜査することもできません。

これでは、日本人を裁判にかけても・・・と判断したのでしょう。

”ダメ元”で裁判して、もし警察(検察)が負けることにでもなれば、それこそ「オンラインカジノは合法」となってしまい、警察(検察)のメンツも丸つぶれです。

 

 

このようなおかしな現象が起こる原因は、現在の日本の賭博罪の法律が時代に追いついていないのです。

 

今の賭博罪ができたのが、昭和の初め頃。

当時、インターネットを使って海外のオンラインカジノでギャンブルをするということなど、誰も到底予想もつきません。

オンラインカジノを違法カジノで取り締まろうとするのなら、もうこれは法律を改正するしかないですね。

 

クイーンカジノ違法性についてまとめます。

 

クイーンカジノは海外で運営されているオンラインカジノのため、日本の賭博罪で運営者を逮捕することができません。

賭博罪が運営者側の罪をより重く見ているのにも関わらず、 その運営者であるクイーンカジノを逮捕できないことから、僕たち日本人プレーヤーだけを逮捕するということは、法律の趣旨にそぐわないのです。

 

このことからクイーンカジノは、違法カジノとは言えないが合法カジノとも言えない・・・そんな状態です。

クイーンカジノの違法性については”グレー”ですね。

 

クイーンカジノにライセンスはあるのか?

ここまでお話ししたのは、クイーンカジノが日本の法律で違法か合法かということです。

次にクイーンカジノが、運営されているフィリピンで違法か合法かについてお話します。

 

クイーンカジノのライセンスは怪しいの?ネットの評判を運営に聞いてみた

 

日本ではようやくIR推進法が成立し、特定の地域でのみですが合法的にカジノが認められることとなりました。

しかし、世界を見ればカジノを合法ギャンブルとして認めている国はたくさんあります。

クイーンカジノがあるフィリピンも、その国の一つ。

 

フィリピンでオンラインカジノを運営するのには、フィリピン政府の許可ライセンスが必要です。

勝手に無許可でオンラインカジノを運営すれば、違法カジノとなってしまいますからね。

もちろんクイーンカジノも、フィリピン政府のライセンスを取得済み。

クイーンカジノは、フィリピンで合法的に運営されているオンラインカジノなのです。

 

しかし、すでに別の記事で書きましたが、クイーンカジノはフィリピン政府のライセンスを取得しているというものの、そのライセンスを公表していないです。

僕も、直接クイーンカジノのヘルプサポートにライセンスについて問い合わせてみましたが、確かにライセンスは取得しているようです。

しかしクイーンカジノ側の都合により、現在はライセンスの公表を一時中止しているとのこと。

 

 

僕は、ちょっとこの辺りが気になります。

ライセンスとは、車の運転で言えば免許証のようなもの。

これが証明できないとなれば、ちょっと問題ですよね。

 

ましてやクイーンカジノはカジノというギャンブルですから、リアルマネーを賭けています。

僕は、ライセンスが不透明なカジノへ、自分のお金を賭けることが不安で仕方ありません。

 

先ほどクイーンカジノは海外で運営されているため、日本の警察は手が出せないとお話しました。

これは、もし僕たち日本人とクイーンカジノとの間にトラブルが発生しても、日本の警察は助けてくれないということも意味します。

オンラインカジノで遊ぶということは、その違法性も含めて何かトラブルがあった時も全て自己責任なのです。

 

もし、突然クイーンカジノが閉鎖されたら、あなたはどうしますか?

 

クイーンカジノのアカウント内に残っているリアルマネーは、もう返って来ないかもしれません。

クイーンカジノに登録した個人情報が、適切に管理されず名簿業者に売られてしまう可能性だってあります。

 

ライセンスが無いカジノというのは、このようなリスクを伴うのです。

僕個人としては、クイーンカジノがきちんとライセンスを公式サイトで公表するまでは、入金したりカジノでプレイしたりするのを控えようと思っています。

皆さんがどうするのかは、個々の判断と”自己責任”にお任せします。

 

 

クイーンカジノの税金まとめ

次にクイーンカジノの税金についてまとめます。

 

クイーンカジノの儲けや利益に税金はかかる?税務署に電話で聞いてみた

 

パチンコや競馬など、ギャンブルで儲けたお金に税金がかかることは知っていますか?

所得税の中の一時所得という税金がかかります。

これは、オンラインカジノであるクイーンカジノの儲けについても同じです。

クイーンカジノで儲ければ、一時所得という税金がかかるのです。

 

クイーンカジノでの儲けの税金の計算方法

このクイーンカジノ(ギャンブル)で儲けた一時所得の税金の計算方法ですが、多くの人が勘違いしているようですので正しく理解しましょう。

 

こちらも分かりやすいように、以前の記事では競馬を例えに出して説明しています。

 

一時所得では、直接儲けに関係する支出のみが経費として認められます。

競馬で言えば、儲けた当たり馬券そのものの購入金額が経費となります。

1000円で1枚の馬券を買って1万円が当たった場合、この1000円が儲けから差し引くことができる経費です。

つまり、この場合の儲けは9000円になります。

 

気をつけて欲しいのがここからです。

 

この当たり馬券以外に何枚ハズレ馬券を同じレースで買っていても、ハズレ馬券の購入したお金は経費として認められません。

つまり、儲けた1万円から引くことができないのです。

引くことができるのは、当たり馬券そのものの購入金額だけです。

 

一時所得は、このように当たり馬券一枚一枚ごとに計算します。

1レース毎に計算するのではないですし、1日ごとで計算するわけではありません。

 

ネット上では、「今日いくら儲かった」という計算方法を紹介しているサイトがありますが、「今日」と言う1日単位で税金を計算するわけではありませんので間違えないようにしてくださいね。

競馬の場合は、当たり馬券一枚ごとに所得の税金を計算します。

 

そしてクイーンカジノの税金ですが、競馬と同じように1ゲーム1ゲームごとに税金を計算します。

1日ごとではありません。

 

例えば、ルーレットなら1ゲームごとに儲けの税金を計算、ブラックジャックも1ゲームごとに儲けの税金を計算します。

もちろん、自分が勝ったゲームだけです。

負けたゲームは、計算には含めません。

ハズレ馬券は税金の計算に含めない、という競馬の馬券と同じ考えです。

 

では、具体的にクイーンカジノではいくらぐらいの税金がかかるのかと言いますと、年間の儲けが50万円を超えた場合に、一時所得という税金がかかってきます。

発生した税金は、確定申告で納めます。

年間の儲けが50万円未満なら、確定申告をする必要はありません。

まずは、この税金がかかってくる50万円を目標に稼ぎたいですよね。

 

脱税したら税務署にバレるのか?

クイーンカジノ(オンラインカジノ)の儲けには、税金がかかるということが分かりました。

となると皆さん気になるのが、もし税金を払わずに脱税したら税務署にバレるのか?ということです(笑)。

 

クイーンカジノで脱税すると税務署にバレるし逮捕される?確定申告は必要?

 

実は、クイーンカジノの儲けは、パチンコや競馬に比べて税務署にバレやすいというデメリット(?)があります。

その理由は、必ず金融機関の口座を使うからです。

 

パチンコは、お金を賭ける時も換金する時も、直接現金でやり取りします。

競馬の馬券も同じで窓口で現金で購入し窓口で現金に換金します。

悪い言い方をすれば、儲けを脱税しても”足がつかない”ということですね。

 

これに比べてクイーンカジノは海外のオンラインカジノため、入金する時も出金する時も日本の自分の金融機関の口座を使います。

税務署は日本国内の金融機関に対して、その人の口座があるかどうかを権限で調査することができます。

通帳がないネット銀行でも、安心はできません。

むしろオンラインカジノだからこそ、ネット銀行が真っ先に疑われる可能性だってあります。

 

こうしてオンラインカジノの儲けは、金融機関がしっかり”証拠”として残してくれますので、税務署が調査すれば脱税したことがバレてしまうのです。

脱税がバレるかどうかに関して言えば、ここが現金で直接賭けるパチンコや競馬との差ですね。

 

ただ、これは僕の個人的な見解として聞いてください。

 

オンラインカジノ以外にも、ビットコインやネットオークションの儲けも脱税の調査の対象になります。

税務署も、星の数ほどある個々のこれらの儲けを全て把握することは不可能です。

となると、脱税の金額が大きいと疑われるものから、優先的に調査するのが心情というもの。

 

確かに1円でも脱税すれば、それは脱税で犯罪です。

でも現実的に考えると、数万円程度のクイーンカジノの儲けの税金なら、税務署もそこまで目くじらを立てて調査することはないでしょう。

 

さすがに数百万円、数千万円となれば話は別になります。

これぐらいの金額を脱税すれば、「悪質」とみなされても仕方がないです。

僕としては、税金がかからない50万円を超えた辺り、100万円ぐらいを儲けた場合は、素直に納税した方がいいと思います。

 

日本の金融機関は、海外からの送金が100万円以上の場合は、税務署に通知するようになっています。

クイーンカジノから100万円以上を一度に出金すれば、税務署に儲けがバレるということです。

これは、覚えておいてください。

100万円未満を小分けにして送金するという脱税まがいの方法もありますが、こちらも税務署が権限で調査できますので、僕はお勧めしません。

 

脱税で逮捕される可能性は?

税金を正しく納めてさえすれば、税務署を恐れる必要はありません。

 

でも、もし仮に脱税してバレた場合、逮捕される可能性があるのでしょうか?

 

過去の例を見ると、脱税で逮捕されるケースは国税庁が動いた場合です。

いわゆる”マルサ”ってやつですね。

 

通常、税金の事に関しては地域の税務署が担当します。

しかし、脱税の金額が数千万や数億円以上となると、国税庁が担当するのです。

これぐらいの金額になると、個人ではなかなか難しい規模ですので、会社の経営者や会社ぐるみの脱税事件になります。

このような国税庁が担当する巨額の脱税事件は、容疑者が逮捕される可能性があります。

 

反対に、地域の税務署が担当するぐらいの脱税でしたら、逮捕されることはまずないでしょう。

だからと言って、脱税はダメですよ。

 

 

クイーンカジノのボーナスまとめ

話題は変わりまして、クイーンカジノのボーナスについてまとめてみます。

 

クイーンカジノのボーナスの出金条件は?規約で禁止されていることも 

 

クイーンカジノでは、まずアカウントを登録をすると入金不要のボーナスがもらえますよね。

その他、様々な イベントでボーナスを受け取ることができます。

 

クイーンカジノに限らず各オンラインカジノでは、ボーナスをリアルマネーとして出金する場合に条件が決められています。

無料でもらったボーナスを、そのまま無条件でリアルマネーとして出金することができてしまったら、オンラインカジノ側は赤字になってしまい、経営が成り立たなくなるからです。

 

各オンラインカジノには、決められたボーナスの出金条件がありますが、オンラインカジノごとにその条件が異なります。

ボーナスも出金条件が甘いオンラインカジノもあれば、出金条件がかなり厳しいオンラインカジノもあります。

このボーナスの出金条件が、オンラインカジノを選ぶ上での一つのポイントとなりますので よく確認してくださいね。

 

ボーナスの出金条件は40倍のベットが必要

前置きが長くなりましたが、クイーンカジノのボーナスの出金条件を説明します。

クイーンカジノでは、受け取ったボーナスの40倍のベットをする必要があります。

 

例えば、30ドルのボーナスを受け取った場合、この40倍ですから1200ドル分のベットをすればリアルマネーとして出金することができます。

この1200ドルとは、1200ドル儲けるのではなく単に1200ドル賭ける(ベットする)だけで出金条件を達成できます。

 

規約で禁止されている賭け方がある

ここで、皆さんに気をつけて欲しいことがあります。

ボーナスの出金条件を達成しようとする場合、クイーンカジノの規約で禁止されていることがありますので、規約違反にならないように気をつけてください。

万一、規約に反してしまうと、ボーナスを没収されてしまいます。

 

その禁止行為とは、例えばルーレットで赤と黒の同時に賭ける(ベットする)ことです。

ルーレットの場合、赤と黒のそれぞれが当たる確率はほぼ1/2です。

つまり赤と黒の両方に賭ければ、チップは増えることがないものの減って損する事もありません。

 

通常はこのような賭け方をする人はいませんが、ボーナスの出金条件に限ってはチップは増えなくても、ベット数にはカウントされます。

この赤と黒の両方同時に賭ける方法を延々と繰り返せば,、チップをほぼ減らすことなく、いくらでもボーナスの出金条件を達成することができてしまいます。

 

このような賭け方をクイーンカジノの規約では、「低利益率の賭けまたは分散賭け」と表現し禁止しています。

細かい字で書かれている規約を、隅々まで読む人は滅多にいませんが、知らずにこのような賭け方をしてしまいボーナスが没収になってしまっても、「規約を知らなかった」では通用しないので注意が必要です。

もちろん、バカラでバンカーとプレイヤーの両方同時に賭けることも禁止ですよ。

 

 

ゲームによりカウントされる割合が異なる

もう一つ、クイーンカジノでボーナスをリアルマネーとして出金する際に、重要な条件があります。

それは、数あるカジノゲームの中でも、遊ぶゲームによってベット数にカウントされる割合が違うということです。

 

例えば、スロットなら100%のカウント率です。

10ドルベットすれば、そのまま10ドル全部がボーナスの出金条件としてカウントされます。

 

しかし、ブラックジャックやルーレット・バカラは15%のカウント率となっています。

これらのゲームは、例えば$100ベッドしてもその15%、つまり15ドルしか出金条件としてカウントされないのです。

 

これだけを聞くと、何だかブラックジャックなどは損をするような感じがしますよね。

でも、先ほどの「同時に賭ける」という賭け方をしなくても、ブラックジャックやバカラはプレイヤーがほぼ1/2の確率で勝ちます。

少し専門的な言葉を使うと、これらのゲームはスロットに比べ還元率が高いです。

還元率が高い分、ボーナスの出金条件にはカウント率が低く設定されているのです。

 

先ほどの例で言う30ドルのボーナスを受け取った場合、100%のカウント率のゲームなら1200ドルのベットで済みますが、15%のゲームなら8000ドルのベットが必要です。

もし、ブラックジャックで1ドルずつプレイするなら、8000ゲームも遊ばなければいけません・・・。

ちょっとこの数字を聞くと、ボーナスの出金は非現実的に思えてしまいますよね。

実は、クイーンカジノの40倍という出金条件は、オンラインカジノの中では条件が悪い方です。

僕は正直、40倍はちょっと厳しいかなと思っています。

 

 

クイーンカジノの入金方法まとめ

最後に、クイーンカジノの入金方法についてまとめます。

 

クイーンカジノはVISAが使えないの?他のカードや入金方法はどれが良い?

 

現在クイーンカジノへ入金する方法として・・・

 

・クレジットカード

・電子マネー決済

・銀行振込

 

の3つの方法で入金ができます。

 

電子マネー決済による入金

クイーンカジノの電子マネー決済は、エコペイズアイウォレットが対応していますが、初心者の方にはこの電子マネー決済での入金はあまりお勧めできません。

エコペイズやアイウォレットに、それぞれクイーンカジノとは別に新規でアカウントを作成する必要があります。

クイーンカジノへ入金するたびに、これら電子マネー決済にもログインして操作しなければいけないため少々面倒です。

 

また、入金の手数料がそれほど安くありません。

特にアイウォレットは、安いどころが手数料が高いのが難点です。

 

クイーンカジノのホームページは電子マネー決済での入金は手数料が無料と書いてありますが、これはクイーンカジノへ支払う手数料が無料という意味です。

実際には、エコペイズやアイウォレットに対してそれぞれ手数料が発生しますので間違えないように気をつけてくださいね。

特にこだわりがない方は、電子マネー決済以外の入金方法を選んだ方が無難です。

 

エコペイズやアイウォレットは、多くのオンラインカジノに対応しています。

クイーンカジノ以外の他のオンラインカジノで遊ぶ方には、とても便利な入金方法と言えるでしょう。

電子マネー決済での入金方法は、どちらかと言えばオンラインカジノに慣れた方向けです。

クイーンカジノ初心者の方は、無理して使う必要はないと思いますよ。

 

クレジットカードによる入金

僕が初心者の方にお勧めする入金方法が、クレジットカードを使った入金方法です。

クレジットカードを使った入金方法は、若干の手数料がかかるものの、手続きがとっても簡単で分かりやすいというメリットがあります。

もちろんクレジットカードで決済が完了すれば、即クイーンカジノのアカウントに入金されますので、すぐに遊ぶことができます。

 

ただ、一つだけ残念なことがあるのです。

クイーンカジノへクレジットカードを使って入金する場合、マスターカードしか使えないのです。

VISAが対応してないのですよね・・・。

 

VISAブランドのクレジットカードといえば、全世界で一番発行され使われているクレジットかです。

クイーンカジノは、これが使えないのが痛い。

 

クイーンカジノに問い合わせたところ、現在 VISAのクレジットカードは取り扱いを中止しているとのことです。

早く復活して欲しいですよね。

 

銀行振込による入金方法

クイーンカジノは、銀行振込による入金方法があります。

実はこれ、オンラインカジノではかなり珍しいサービスです。

銀行振込による入金は、クイーンカジノのひとつのセールスポイントと言えるでしょう。

 

早速、僕もこの銀行振込による入金を試してみたのですが、あまりにも怪しいと言うかいい加減だったので途中でやめました。

詳しくは別の記事で紹介していますが、このHi-BANQ(ハイバンク)という銀行振込サービスは「雑」すぎます。

僕は初め、本気でフィッシングサイトかと思ったぐらいです。

 

Hi-BANQ(ハイバンク)のネット上の評判を調べた所、問題なく入金できたという口コミが多かったので多分大丈夫だと思いますが、僕はそういう問題でもないような気がします。

 

このような雑なサービスでは、入金ができないなどのトラブルがいつ起こってもおかしくありません。

それにHi-BANQ(ハイバンク)は、クイーンカジノとは全く別の会社ですので、入金のトラブルがあった時にクイーンカジノが対応してくれることには期待しない方が良さそうですね。

クイーンカジノ自体も、ライセンスの部分がグレーですし・・・。

 

というわけで、現在のクイーンカジノには、「コレ!」というおすすめの入金方法がないのが現状です。

 

オンラインカジノは、何かトラブルがあってもすべて自己責任です。

自分で解決しなければなりません。

 

ライセンスが不透明なクイーンカジノ、入金方法が雑なHi-BANQ。

これらに、自分の大切なお金を入金することができますか?

 

 

クイーンカジノの現在のまとめ

クイーンカジノをまとめると、このような感じになります。

 

やはり気掛かりなのが、ライセンスが公表されていないことですね。

少なくとも今年2019年の2月の時点では、「自社の都合により、ライセンスの公表は調整中」となっていました。

ちょっと時間がかかり過ぎているような気もしますが、ライセンスが公表されるまでクイーンカジノで遊ぶのを見合わせる、という人もいるようです。

僕も、そうした方がいいと思います。

 

・・・せっかくクイーンカジノについてまとめてみましたが、後味が悪い結果になってしまいました。

 

そこで僕からの提案ですが、クイーンカジノのライセンスが公表されるまで他のオンラインカジノで遊んでみてはいかがでしょうか?

ベラジョンカジノ公式サイトはこちら

 

例えばベラジョンカジノでしたら、ラインセンスが公表されていて安心できます。

しかも、世界的に審査が厳しいことで有名な「マルタ共和国」のライセンスを取得済み。

↑ベラジョンカジノの「公表されている」ライセンスを訳したもの。

 

ベラジョンカジノならクイーンカジノで使えないVISAのクレジットカードももちろん使えます。

何よりボーナスの出金条件が、クイーンカジノの半分の20倍で済むのがメリットですね。

40倍はちょっと非現実的な数字ですが、20倍ならリアルマネーとして出金できる条件です。

せっかく受け取ったボーナスですから、リアルマネーに換金したいですよね。

 

もちろんベラジョンカジノは、日本語に対応しておりサポートも日本人スタッフが日本語で対応してくれます。

困った時は、すぐにサポートへ聞いてみましょう。

 

カジノゲームの種類も1100種類以上と、豊富なベラジョンカジノ。

今なら新規アカウント登録だけで、入金不要の30ドルのボーナスがもらえます。

20倍の”甘い出金条件”を達成して、リアルマネーを受け取りましょう。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイトはこちら