ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで借金するまで負けた!なぜ勝てないか検証してみた  

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

先日、ネットの掲示板で「ベラジョンカジノで全然勝てず、借金をしてまで負けた」という書き込みを見かけました。

うーん、さすがに借金してまでベラジョンカジノはマズイですよね・・・。

 

そこで今回は、なぜベラジョンカジノでそこまで勝てないのか?

借金してまでも負けてしまう原因について、僕なりに考えてみました。

 

ベラジョンカジノで、なかなか勝てないと悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

熱くなり冷静さを失う

僕が思うに、ギャンブルで借金してまで負けてしまう、自分が予定した以上にお金を使ってしまう原因はこれだと思うのです。

 

「熱くなりすぎて、冷静さを失うこと。」

 

よくギャンブルは、「熱くなったら負け」と言われます。

負けが込んできて熱くなりすぎると、人は冷静さを失ってしまいます。

冷静さを失うと、正常な判断ができなくなります。

正常な判断ができなくなれば、当然各ゲームの進行にも影響を及ぼしますよね。

 

例えばブラックジャックなどは、カードの判断やディーラーとの駆け引きが重要ですので、

冷静な判断ができなくなると負けやすくなってしまいます。

 

また、冷静さを失うと金銭感覚が麻痺するということも起こります。

後述しますが、ずっと1ドルずつで賭けてプレイしていた人が、突然痺れを切らしたかのように5ドル…10ドルと、意味もなくベット数が大きくなってしまうことってありますよね。

この時って、お金の価値観が少し麻痺しているのだと思います。

こんな経験、あなたにもありませんか?

 

ベラジョンカジノはギャンブルですからアツくなるのも当然です。

僕も、本当に楽しいと思いますよ。

 

でも、冷静さを失ってまでのめり込むのは、ちょっとやりすぎですよね。

人間は、意外と熱くなっているのを自分では気づかないものですが、少なくともギャンブルで熱くなってもプラスになることはないでしょう。

 

ギャンブルで借金をしてしまうということこそが、まさにこの冷静さを失っている典型的な例だと思います。

誰だって、ギャンブルで借金をするのは良くないことと理解しています。

でも世の中には、パチンコなどが原因でギャンブルの借金を抱えてる人が多いです。

 

依存症という問題もありますが、「次は儲かるかもしれない」「負けた分を取りに返さなければいけない」という考えになってしまい、気がつけば借金に手を出してしまうのです。

このような人たちは、決まって我に返った時に後悔をします。

後悔をするということは、やはり冷静な判断ができていなかったということですね。

冷静な判断ができていれば、ギャンブルでの借金なんか誰もしないはずですから・・・。

 

またギャンブルでは、意外とどんな時でも冷静沈着な人が勝つことが多いです。

常に場の流れやディーラーのクセなどを的確に読んで、自分のその日の調子や実力に合った勝負をするからです。

 

自分はすぐにカッと熱くなってしまうタイプの性格だと思う人は、少しこの冷静さというものを意識してベラジョンカジノで遊んでみてください。

 

100%勝てるわけではない

僕が、必ずベラジョンカジノ初心者の方に言うことがあります。

それは、「ベラジョンカジノはギャンブルである以上、100%勝てるわけではない」ということです。

 

これは、ベラジョンカジノがイカサマや不正があるのか等と言う、議論以前の問題です。

(もちろん、ベラジョンカジノにはイカサマや不正は一切ありません。)

もし、お客さんであるプレイヤーが皆100%勝つことができれば、運営者であるベラジョンカジノは経営が成り立ちません。

 

これは、その他のギャンブルでも同じことが言えます。

一番身近なパチンコや競馬、競艇そしてサッカーくじ・ジャンボ宝くじも同じです。

主催者側が、必ず一定の割合で儲かるようにできているのがギャンブルです。

 

インターネット上で「必勝法」や「必ず儲かる方法」という言葉を目にしますが、これを言葉のまま受け止めればということになりますよね。

ギャンブルにおいて、必ず100%勝てる・100%儲かる方法などあるわけないのですから。

 

僕はギャンブルとは勝つのか負けるのか、結果がわからないことをドキドキ予想して楽しむものだと思っています。

事前に結果が分かっていたら、全然ドキドキしませんよね。

 

例えば、100%必ず負けるギャンブルがあったら誰もやりません。

反対に100%必ず勝てるギャンブルなら、お金が増えること自体は嬉しいです。

しかし、ゲームをしていてもそのゲーム自体は全然楽しくないでしょう。

ギャンブルとは、勝つのか負けるのか結果が分からないからこそ楽しいのです。

 

次は絶対に勝つ、今日は100%儲かるという、根拠のない変な自信は禁物です。

ベラジョンカジノはギャンブルである以上、100%勝てる保証はどこにもないということを忘れないでください。

 

 

負けを取り戻そうとする

ギャンブルにおいて、一番やってはいけない行動がこれだと思います。

 

「負けた分を取り戻す」

 

先ほどギャンブルは100%勝てる保証はないと言いました。

つまり負けを取り戻そうとした人が負けてしまったら、さらにその負けを含めた金額を取り戻そうとします。

 

100ドルの負けを取り戻すために200ドルを賭けて、200ドルの負けを取り戻すために400ドルを賭ける ・・・。

1度に賭けるベットの金額も、どんどん大きくなってしまうのです。

 

もちろん、時にはその勝負で勝つことができ、負けた分を取り戻すことができることもあるでしょう。

でも、これがマズイのです。

 

過去に一度でも、負けた分を取り戻すことができたという経験をしてしまうと、次回から「あの時はうまくいった」「今度も負けた分を取り戻せるはずだ」と言う思考になってしまうからです。

こうなると「借金しても大丈夫。必ず取り戻せるから」「次で勝って借金を返そう」となってしまい、気がつけばギャンブルで負けすぎて多額の借金に陥ってしまうのです。

 

ギャンブルでの負けをギャンブルで取り戻そうとしてはいけないですし、ギャンブルでの借金をギャンブルで返そうとしてはいけません。

 

ギャンブルで負けた分の借金を確実に取り戻そうとするのなら、100%確実な方法を選択するべきです。

例えば、しっかり働く・無駄遣いをなくすなどして借金を減らして行きます。

ギャンブルは100%勝てる保証がありませんので、さらに負けて借金を増やしてしまう可能性があります。

 

この「負けた分を取り戻す」という考えは、ギャンブルでは非常に危険ですので気をつけましょう。

ギャンブルとは、諦めることや負けを受け入れることも大切な考え方です。

 

予算を決める

皆さんは、ベラジョンカジノで遊ぶ際に予算をあらかじめ決めていますか?

ベラジョンカジノはギャンブルですので、必ず遊ぶ前にその日一日の予算を決めてから遊んで下さい。

 

予算を決めるということは、それはベラジョンカジノで使っても大丈夫な範囲金額ということです。

予算を決めないと、勝負に熱くなってしまった時や負けを取り戻そうとした時に、当初の予定以上にお金を使ってしまいます。

 

中には、気がつけばクレジットカードの限度額いっぱいまで入金してしまったという人もいます。

クレジットカードとは、言ってしまえば借金と同じです。

後日、カード会社に支払いなければならないお金です。

熱くなって冷静な判断ができない時ですと、借金をしているという感覚が薄れてしまうのですね。

 

また、ベラジョンカジノはオンラインカジノですから、スマホやパソコン一つで手軽に遊べることもその原因です。

実際に手で現金に直接触れることなく、画面一つで操作できますから、借金をしているという実感が湧きません。

「気がつけば、クレジットカードで借金をしていた」とならないように、必ず遊ぶ前に予算を決めてそれを守りましょう 。

 

「自己規制」を利用する

予算をしっかり決めていても、実際にベラジョンカジノで遊んでいると、つい熱くなってお金を使いすぎてしまうことがあります。

そのような人のために、ベラジョンカジノには「自己規制」という機能があるのをご存知ですか?

この「自己規制」を設定すれば1日の入金限度額や1日のプレイ時間数を制限することができます。

 

ベラジョンカジノに熱くなってのめり込んでいる時に、この「自己規制」機能が働けば我に返り冷静になることができるでしょう。

負けが続いて勝てない時でも、借金までして・・・という最悪のことは避けられると思います。

 

まだこの「自己規制」を設定していない人は、ぜひ設定してみて下さい。

定期的に、設定金額を見直すのも大切ですよ。

 

 

収支表をつける

皆さん、ベラジョンカジノやギャンブルの収支表ってつけていますか?

この収支表も、ギャンブルで借金をしないためのかなり重要なポイントです。

 

人間の記憶や感覚とはいい加減なもので、自分の都合の良いように解釈し、そして残そうとします。

つまり、ベラジョンカジノで大勝ちしたことや連日勝ち続けたことだけを記憶し、大負けしたことや負け続けたことは忘れようとしてしまうのです。

 

”嫌なことの記憶を封印する”って言いますよね。

これは、あながち嘘ではないのです。

 

こうなると、実際にはベラジョンカジノでトータルかなりの負けになっているのにも関わらず、「まだ大丈夫だろう、そんなに負けていない」という間違った感覚になってしまい、どんどんお金を使ってしまいます。

気がつけば貯金がなくなり、クレジットカードの限度額もいっぱいに・・・。

 

最終的には借金までしていたということにならないためにも、必ずベラジョンカジノやギャンブルでの収支表を付けるようにしてください。

そして、その収支表を一週間に一度や1ヶ月に一度見直して、自分の勝ち負けを冷静に見直します。

”記憶”ではなく、”記録”で正しく勝ち負けを把握するのです。

 

収支表は、エクセルでも手書きのメモでも構いません。

僕は、パソコンのエクセルで管理しています。

 

ルールを理解していない

ベラジョンカジノには、実に1000種類以上のゲームがあります。

初めは、どれで遊んでいいのか迷いますよね。

 

そんな時、新作のゲームやまだ自分が遊んだことのないゲームを試すのもいいでしょう。

でも、ルールを理解していないゲームで、いきなり勝負をするのは無謀だと思いませんか?

 

例えばブラックジャックは、簡単そうに見えて奥が深いゲームです。

カードを追加でもらうのかの判断や、ディーラーのクセ・駆け引きを読む必要があります。

 

またスロットも、最低限オールラインが有効になるようにマックスベットをしてプレーをします。

ジャックポット付きのスロットでは、マックスベットをしていないとジャックポットを受け取る権利がなくなるからです。

 

このようにルールを理解してないうちに勝負してしまうと基本的なことで損をしてしまい、その結果、勝率が大幅に下がってしまいます。

これは、非常にもったいないことですよね。

 

そこで僕は、自分がまだ知らないゲームで遊ぶ時は、無料のフリープレイでまず試しに遊んでみることをお勧めします。

ベラジョンカジノには、誰にでもできるフリープレイモードがありますので、是非これを活用してください。

 

そのやり方はカンタン。

ベラジョンカジノにログインをしていない状態で、自分の遊びたいゲームを選ぶだけです。

 

ベラジョンカジノはお試しデモプレイでずっと遊べるの?無料モードの方法も

 

まずはお金を使わずにそのゲームのルールを覚えましょう。

そしてゲームの感覚やルールを覚えたら、実際にログインをしてリアルマネーで勝負をするのです。

こうすることで余計な負けをなくし、勝率をアップさせることができます。

 

すべてのルールを覚えるのも大変ですね・・・。

 

ゲームによって勝率は違う

ベラジョンカジノでなかなか勝てないと、嘆いている人がいます。

でもなかなか勝てないと言っても、それは人それぞれだと思います。

なぜなら、ゲームによって勝率が違うからです。

 

バカラやブラックジャックでは、ゲーム毎の勝率は単純言うと50%。

自分が勝つか、ディーラーが勝つかのどちらかです。

その代わり勝ちやすい分、1ゲームで儲かる金額も少なめです。

 

これに比べジャックポット付きのスロットは、やはり大きな役を当てないとなかなか勝てません。

しかしその大きな役を当てることができれば、一撃で多額の金額を勝つことができるのが魅力ですね。

 

このように同じベラジョンカジノのゲームでも、その遊ぶゲームによって全く勝率は変わってきます。

手堅くコツコツ稼ぐのか、また一撃の大金を狙うのかはその人の好みですが、やはりこれも自分の予算と相談して決めるべきです。

 

しかし、今まで負けた分をより波の荒いゲームで取り戻そうとするのは、とても危険な思考だと思います。

余計に負け額を増やしてしまう可能性があるからです。

 

負けが込んでいる時こそ、コツコツと手堅く稼ぐという賭け方も、僕はアリだと思いますよ。

一度、自分が日頃プレイしているゲームのゲーム性や、ペイアウト率を調べてみて下さいね。

ペイアウト率は、各ゲームのヘルプに載っています。

 

突然、大勝負に出る

これは、初心者の方がやりがちな負けパターンです。

 

例えばルーレットやバカラで、コツコツと1ドルずつ勝負をしていました。

しかしなかなか思う通りに稼ぐことができず、痺れを切らして3ドル・・・5ドルと1度に賭けるベットの金額を、意味もなく突然増やしてしまうことがあります。

場の流れを読むなどの根拠があればいいですが、特に意味もなく突然大勝負に出るのは負けてしまう大きな原因になります。

 

例えば、1ドルベットで1時間かけてコツコツ稼いだ50ドルを、10ドルベットに増やしてしまったらわずか5ゲームでなくなってしまう可能性があります。

当たり前のことですが、ベットする金額が多くなっても、そのゲームの勝率は変わりません。

配られるカードを良くなったり、ディーラーが手加減するようなことがないからです。

 

せっかく1ドルベットでコツコツ稼いだのですから、 その日はそのまま1ドルベットで勝利を収めましょう。

最後に大勝負に出て負けてしまうのは、単純にベットの仕方が悪いだけです。

その時の気分によってベット数を変えるような賭け方は、僕は避けた方がいいと思いますよ。

 

予算と同じように、ベットする金額もあらかじめ決めてその日一日を勝負して下さい。

例えわずかな金額でも、勝ちは勝ちです。

少なくとも負けではありませんし、借金までしなくて済みます。

この少ない勝ち金額の積み重ねも、ギャンブルでは大切ではないでしょうか?

 

 

予算以上にレートを上げる

これも先ほどの大勝負と似ています。

予算100ドルの人が1ドルベットのテーブルで遊んでいたのに、よりレートが高い10ドルベットのテーブルで勝負をすることです。

 

レートの高いテーブルで勝負することが、悪いことではありません。

しかし、100ドル予算の人は1ドルベットのレートだと最低100ゲームは遊べますが、10ドルベットだと最低10ゲームしか遊べない計算になります。

 

オンラインカジノは、他のギャンブル比べてそのペイアウト率が非常に高いのが魅力です。

競馬などの公営ギャンブルのペイアウト率は70%ぐらい、パチンコパチスロは80%ぐらい、宝くじに至っては45%というペイアウト率の低さです。

これらに比べて、オンラインカジノのペイアウト率は約90%以上と高いですからね。

 

しかし、このオンラインカジノの高いペイアウト率の恩恵を受けるためには、やはりある程度の長期的な勝負をすることが必要です。

ギャンブルとは、確率との戦いです。

確率とは、試行回数を増やせば増やすほど理論上の数値に近づいていきます。

でもこれは、逆に言えば試行回数が少なければ、理論上の数値通りの結果になりづらいのです。

 

つまり、先ほどの100ゲーム勝負する場合と10ゲーム勝負する場合では、10ゲームでの勝負は”運任せ”の勝負となってしまいますね。

これでは、せっかくのオンラインカジノのペイアウト率の高さの恩恵を受けることができません 。

数多くゲーム数をこなすからこそ、その分チャンスもたくさん回ってくるのです。

 

競馬で例えるのなら、1万円を1レースで一点買いするよりは、1000円を10レースで一点買いした方が当たるチャンスは多いですよね。

予算が10万円ある人が、1レースにつき一万円を一点買いするのはいいと思います。

しかし、予算が1万円しかない人が1レースで1万円を一点買いするのは、さすがに無謀だと思います。

 

ベラジョンカジノで勝負する時のレートは、自分の予算に合った適切なレートを選ぶようにしましょう。

こうすることで、負ける可能性を少なくすることができるのです。

 

1日の勝ちにこだわる

これは勝気な性格の人に多いようです。

 

「負けることを受け入れられない、負けることに納得がいかない」

 

とにかくその日1日の収支を、勝ちで終わらなければ気が済まない性格の人は危険です。

負け込んでいても勝つまで勝負を続けてしまうので、気がつけば予算オーバーや借金をしてまで・・・と言うことになってしまうからです。

 

ベラジョンカジノは、365日24時間いつでもプレイすることができます。

当然、負ける日もあるでしょう。

むしろ、負けがないことの方がおかしいです。

 

でも勝気な性格な人は、とにかく勝ちにこだわってしまいます。

その日1日を、負けという結果で終わらせたくはないのです。

 

ギャンブルでは、負けを認めるということも大切です。

「ギャンブルは、引き際が肝心」とも言いますよね。

 

今日仮に負けたとしても、その負けた金額が少なければ翌日以降に取り戻すことができます。

しかし、今日の負けた金額が大きくなってしまえば、取り戻すのは困難です。

ベラジョンカジノでの勝負は、1日単位の勝ち負けにこだわらずに長期的な目線、一か月や半年・一年と言う長いスパンで勝負してみてください。

 

1日単位で負けていても、トータルで勝っていればそれはあなたの勝ちです。

反対に大勝ちした日があっても、トータルで負けていて借金までしてしまっていたら、それはあなたの負けです。

 

確率を理解する

場の流れを読むのも、ベラジョンカジノでの楽しみ方の一つです。

しかし誤解して欲しくないのは、過去の結果に未来は左右されないということです。

 

具体的にどういうことか説明しますと、ルーレットで黒が10回連続で続いたとします。

あなたは、次に赤か黒どちらの色に予想して賭けますか?

(この場合、0の緑はないものとして考えます。)

 

「もうそろそろ、赤が来るだろう」と思うのが人間の心理です。

しかし、確率は過去の結果には左右されませんので、次に赤が来る確率は同じ1/2です。

場の流れを読んで楽しむのは一向に構いませんか、「黒がずっと続いているから、赤が出る確率が上がる」と思うのは、確率を理解していないことになりますので気をつけましょう。

 

このような間違った確率の認識でベットするのは、ベラジョンカジノで負ける原因になります。

もし赤に入りやすいようなことがあれば、それはイカサマや不正ということになります。

もちろんベラジョンカジノには、そのようなことは絶対にありません。

確率は常に同じですので、これを正しく理解した上で場の流れを読みましょう。

 

 

カジノを楽しんでいない

最後になりますが、ベラジョンカジノで勝負していて楽しいですか?

ギャンブルは100%勝てる保証がないものだからこそ、楽しむことが必要だと僕は思うのです。

勝ち負けや儲けることだけに執着すると、ベラジョンカジノで勝負していても全く面白くはないでしょう。

 

反対にベラジョンカジノで楽しむことができれば、多少の金額を負けたとしても満足ができます。

ギャンブルを稼ぐことを目的にしないことが大切です。

 

もしあなたが、「ベラジョンカジノでなかなか勝てない・・・借金をしてしまった」と悩んでいるのなら、勝負の結果だけに執着しているのではないでしょうか?

ギャンブルとは、ゲームの結果を予想するのが楽しみであり、その自分の予想が当たるかどうかの経過を見守り、ドキドキハラハラするのを楽しむものです。

僕は結果だけではなく、事前の予想や途中の経過も楽しみべきだと思います。

 

このようにギャンブルを楽しむことができれば、楽しむことができたという満足感を得ることができ、素直に負けを受け入れることができるようになります。

そうなれば過剰な賭け方や、ましてや借金をしてまで・・・ということはなくなると思います。

ベラジョンカジノで儲けよう、ベラジョンカジノで稼ごうと目をギラつかせている人は、すでに冷静さを失っている証拠ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕自身の経験や考えなどから、色々と書いてみました。

 

やはり一番初めにも書きましたが、ギャンブルで借金してしまう人は冷静さを失い熱くなっている人に多いです。

誰だって、ギャンブルで借金をするのはいけないことだと分かっているのに、判断力を失って借金してしまうからです。

 

また、クレジットカードが手軽に使えるのもその原因の一つです。

クレジットカードの利用は借金という感覚はありませんが、お金を前借りしていることには変わりはありません。

翌月には、カード会社に支払わなければいけませんので、自分の資金以上のカード利用は絶対にやめましょう。

熱くなって冷静さを失っている時ほど、注意が必要ですね。

 

今回の記事が、少しでも皆さんのお役に立てて、ベラジョンカジノで負けすぎて借金・・・という人がいなくなれば良いなと思います。

 

まだベラジョンカジノのアカウントを持っていない人は、コチラからどうぞ。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイトはこちら