未分類

ベラジョンカジノで儲けたキャッシュには税金がかかるの?脱税はバレる?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、ベラジョンカジノで儲けたキャッシュ(お金)には税金がかかるのか?についてお話しします。

 

またもし税金がかかるのなら、脱税した場合にバレるのかどうか?についても考えてみたいと思います。

 

オンラインカジノの税金のことは、皆さん気になりますよね。

早速お話しましょう。

 

その前に、先にこの記事のまとめを書いておきます。

・ベラジョンカジノで儲けたキャッシュには、所得税の中の一時所得として税金がかかります。

脱税はバレますので、僕はお勧めしません。税金はきちんと納めましょう。

 

ベラジョンカジノで儲けたキャッシュには税金がかかるの?

皆さん、 ベラジョンカジノで儲けていますか?

テーブルゲームで手堅く稼ぐのもいいですし、スロットのジャックポットなどを狙って一攫千金を狙うのもいいでしょう。

 

さて、このようにオンラインカジノで儲けたキャッシュ(お金) には、税金がかかるのでしょうか?

 

その答えは・・・

はい、もちろん税金はかかります!

 

ベラジョンカジノなどオンラインカジノで儲けたキャッシュは、所得税の中の一時所得という税金がかかります。

オンラインカジノに限らずその他のギャンブル、競馬・パチンコ・競輪・競艇の払戻金、そのほかの懸賞や福引などの賞金にも、同様に一時所得としての税金がかかるのです。

驚いた方もいるかもしれませんが、パチンコで儲かったお金にも税金がかかるのです。

 

日本で生活していると、本当に税金がたくさんかかりますよね。

日本では、空気以外は全て税金がかかると言っても過言ではないでしょう。

 

一時所得の計算の仕方とは?

それではベラジョンカジノで儲けた場合は、一体どれぐらいの税金がかかるのでしょうか?

一時所得の計算の仕方を簡単にご説明します。

 

まず、その年の1月1日から12月31日までに、ベラジョンカジノで儲けた金額を合計します。

そしてこの儲けた合計金額から、特別控除額として50万円を引きます。

特別控除とは、税金を”オマケ”してくれる制度のことです。

 

計算して出てきた金額が、ベラジョンカジノで儲けた一時所得の金額となります。

 

一つ具体例を挙げてみましょう。

 

平成30年中にベラジョンカジノで300万円儲けたとします。

次に特別控除の50万円を引きます。

 

300万円ー50万円=250万円

 

250万円が一時所得の金額となります。

 

なお実際に税金を支払う際には、250万円の1/2、つまり半分の125万円に対して税金がかかります。

その125万円とその他の所得、例えば給与所得などを合計したものが「所得税の合計金額」となり税金がかかるのです。

 

また特別控除の50万円を引いて、その金額がゼロかマイナスになった場合は税金がかかりません。

つまり一時所得は、その1年間の儲けが50万円以下の場合には税金が発生しないのです。

 

具体的に支払う税金の金額はその人によって変わってきますので、詳しいことは国税庁のホームページを参考にしてくださいね

 

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

(国税庁のホームページに飛びます)

 

ちなみに以前話題になった仮想通貨ですが、仮想通貨の儲けにも税金がかかります。

仮想通貨儲けは雑所得。

雑所得は一時所得と違って1/2にはなりませんので、儲けた分の全額に税金がかかってきます。

 

こう考えればオンラインカジノの儲けにかかる税金は1/2で済みますので、仮想通貨で儲けるよりもお得ですね。

 

一時所得は負けた金額は経費にならない

ここで一つ、ベラジョンカジノで儲けたキャッシュの税金について気をつけて欲しいことがあります。

 

ベラジョンカジノで儲けたキャッシュに対しては税金がかかりますが、負けた金額分はそこから経費として差し引くことができないということです。

ここは、皆さんよく勘違いされますので気をつけてくださいね。

 

例えば、昨日ベラジョンカジノで100万円儲けたとします。

しかし、残念ながら今日60万円負けてしまいました。

 

この場合の二日間だけの税金を考えた場合、一時所得の金額はいくらになるでしょうか?

 

40万円と思った方・・・残念です。

正解は、100万円が一時所得の税金としてかかってきます。

 

つまり今日負けた60万円は、経費として差し引いてもらえないのです。

一時所得は、単純に儲けたそれぞれの日の合計金額に対して税金がかかってくるのです。

 

以前ニュースで、競馬の外れ馬券が経費になるかどうかが話題になりましたね 。

競馬の馬券の方が分かりやすいので、一つ例に挙げてみます。

 

あなたは1万円ずつ5枚の馬券、合計5万円分の馬券を買いました。

その中の1枚が的中して、10万円の払い戻しになりました。

この時の一時所得の税金は、いくらかかるでしょうか?

 

答えは9万円です。

 

一時所得で経費として認められるのは、当たり馬券を購入した時に使った金額分だけ・・・つまり1万円です。

その他の4枚の外れ馬券の購入代金の合計4万円は経費として認められません。

 

このように一時所得の税金がかかってくるのは、その年1年間をトータルして儲かった日の合計金額が対象になります。

 

私たちが普段付けている収支表とは、計算方法が違いますので気をつけましょう。

 

ベラジョンカジノの儲けを脱税したらバレる?

はい、脱税はいつかバレます。

また仮にバレずに過ごせても、様々なデメリットがありますので僕は脱税は絶対にお勧めしません。

 

その理由を順番に書きますね。

 

ベラジョンカジノからの儲けは履歴が残るのでバレる

先ほど、パチンコで儲けたお金にも税金がかかるとお話ししました。

でもパチンコで儲けたからといって、税金を払ったっと言う人は聞いたことがありません。

これはなぜでしょうか?

 

それは、パチンコが現金で遊ぶギャンブルだからです。

 

税務署としても、本来ならパチンコで儲けた人から税金を徴収したいのですが、そのパチンコで儲けた人が一体いくら儲かったのかを把握することがとても困難だからです。

お金には名前が書いていないですからね。

 

それに比べてオンラインカジノであるベラジョンカジノは、必ず銀行などの金融機関を通してキャッシュのやり取りを行います。

そうです、銀行にはあなたがベラジョンカジノでいくら使っていくら儲けたのかが、しっかりと記録に残るのです。

 

税務署はその権限で、あなたがどこの銀行に口座を持っているのかを全て調べることができます。

例えインターネット銀行でも調べることが可能です。

ジャパンネット銀行や楽天銀行などは紙の通帳がないため、「脱税がしやすい」「儲けを隠せる」と思ってる人がいますが、これは大きな間違いです。

 

日本国内にある金融機関の口座は、税務署が全て把握できると思っていいでしょう。

 

あなたがベラジョンカジノで稼いだキャッシュは、ベラジョンカジノから出金した後、エコペイズなどを通して最終的には金融機関のあなたの口座に送金することになります。

 

税務署があなたの口座は調べれば、儲け分を脱税してるかどうかは一目でバレてしまうのです。

 

脱税はリスクがとても大きい

税務署は、税金を徴収するプロの集団です。

僕たち素人が考えつくような脱税方法などは、すぐに見破られてしまいます。

 

もし脱税してることがバレた場合、一体どうなるのでしょうか?

 

脱税がバレた場合ですが、本来納めるべき税金とは別にペナルティとして余分に税金を支払わなければなりません。

脱税がバレて悪質と判断された場合は、最大で約50%もの税金を余分に支払わなければならないのです。

 

脱税して見つかった人がよく言う言葉の中で「バレるのなら、初めから税金を支払っておけばよかった」というのがあります。

後悔先に立たず、ですね。

 

税金の支払いの時効は最大で7年

法律上の効力がなくなることを時効と言いますが、税金の支払いの時効は最大で7年です。

こう説明すると「せっかくベラジョンカジノで稼いだのだから、7年間逃げ切って脱税しよう」と思ってしまう人もいるかもしれません。

 

しかし時効には時効の停止や中断というものがあります。

例えば税務署から督促状が届いた場合は、また一から時効が始まる(1からやり直し)というケースもあります。

 

ベラジョンカジノでいくら儲けたかの金額にもよるかもしれませんが、最大で7年間もの間、脱税がバレないかどうか日々ビクビクしながら生活するのはいかがなものかな、と僕は思います。

 

これではせっかく楽しく稼いだベラジョンカジノのキャッシュが、反対に脱税がバレるかもしれない・・・という日々の悩みに変わってしまいます。

 

それにもし脱税がバレたら、余分に税金を支払わなければいけないですからね。

脱税は、金銭的にも精神的にもとてもリスクが大きいと言えます。

 

税金の滞納は自己破産で消えない

これは、実際に現実で起こっていることです。

 

脱税がバレてしまい、税務署から多額の追加の税金の支払いを命じられた人がいます。

もう何年も前のことだったので、本人も脱税したことをすっかり忘れてしまい、今更税金を支払えと言われてもそれだけのお金がありません。

 

そこでその人は、自己破産をするこに決めました。

しかしながら、自己破産をしても滞納した税金は免除されません(消えません)。

自己破産をすると借金など全てがチャラになって無くなると思いがちですが、滞納した税金だけは自己破産しても消えないのです。

 

また一般的に、ギャンブルで作った借金も自己破産では免除されません。

気をつけましょう。

 

税金の滞納は子供に迷惑がかかる

あなたが脱税がバレて、税金を滞納したまま亡くなるとしましょう。

その滞納した税金は、そのまま相続として引き継がれていきます。

 

つまりあなたの子供が、あなたの代わりに脱税によって滞納した税金を支払っていかなければならないのです。

これは、とってもみじめなことですよね。

 

もちろん相続を放棄することができますが、相続を放棄する場合は全ての財産を放棄しなければなりません。

あなたに貯金や不動産など財産があった場合は、これらと滞納した税金を合わせて全てを放棄しなければならないのです。

 

滞納した税金だけを放棄して、貯金や不動産だけを相続でもらうということはできないのです。

世の中、そんなに甘くはないですね。

 

このように税金を脱税すると、かなりのリスクを背負うことになります。

もちろん脱税とは、ベラジョンカジノの儲けを隠して税金を全く支払わないことを指しますが、儲けたキャッシュを少なく見せかけて少ししか税金を支払わない場合も脱税になります。

 

税金は正しく決められた期日までに納めましょう。

税金についての詳しいことは、税理士さんや税務署に聞いてみて下さいね。

 

まとめ

オンラインカジノであるベラジョンカジノで儲けたキャッシュは、所得税の中の一時所得として税金がかかります。

 

一時所得の計算方法として一つ気をつけなければいけないのが、ベラジョンカジノで儲かった日だけが税金がかかる対象となることです。

負けた日の金額は、儲けた金額から引くことはできませんので間違えないでくださいね。

 

また、ベラジョンカジノの儲けを脱税した場合にバレるかどうかですが、これは僕はほぼバレると思っています。

 

もし今現在に脱税がバレていなくても、脱税が見つかった場合は本来支払うべき税金にさらに上乗せされて、ペナルティとしての追加分の税金の支払いも求められます。

 

脱税を逃げ切ろうとするには最大で7年の時効がありますが、時効は中断したり中止になったりしますのでそうそう簡単なものではありません。

 

そして脱税がバレた場合、あなたが税金を支払うことができなく自己破産したとしても、滞納した税金はチャラにはならないのです。

 

あなたが支払わなければ、その脱税により滞納した税金は相続としてあなたの子供へと引き継がれていくのです。

 

日本国憲法で日本国民の三大義務の一つとして「納税の義務」があるように、税金を納めることは僕たち日本人に与えられた義務なのです。

 

「自分さえよければ・・・黙っていればバレない・・・せっかく儲けたのだから・・・。」

 

そんな軽い気持ちでしてしまった脱税が、将来大変なことになるかもしれないです。

 

繰り返しますが、僕は脱税は絶対にお勧めしません。

 

ベラジョンカジノで儲かった場合は、「○○円分は税金だ」と最初から自分に言い聞かせ、銀行口座を分けるなどして別で管理するなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか?