ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノのスロットの機械割は勝てる?パチスロより稼げるの?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、ベラジョンカジノのスロットの機械割についてお話ししたいと思います。

 

スロットと言えば、まず思い浮かべるのがパチンコ店のパチスロですが、ベラジョンカジノのスロットは、パチンコ店のパチスロよりも稼げるのでしょうか?

 

ベラジョンカジノのスロットを、機械割などから比べてみて勝てるかどうかをお話します。

 

先にこの記事の内容をまとめておきますね。

 

・ベラジョンカジノのスロットの機械割は95%前後です。

・パチスロの方が機械割が高い場合もありますが、換金手数料や情報の不正確さから勝てるとは言えません。

・ベラジョンカジノは、ギャンブルの中で一番機械割が高く稼げます。

 

ベラジョンカジノスロットの機械割は95%前後

ベラジョンカジノのスロットの機械割は、およそ95%前後です。

この機械割で勝てるのかどうかをお話しします。

 

その前にまずは皆さん、「機械割」という言葉を聞いたことがありますか?

スロットマシンなどで使われる言葉ですが、「還元率」「ペイアウト率」「払い出し率」などとも言われます。

全て同じ意味の言葉ですが、ここでは統一して「機械割」と呼ぶことにします。

 

お客さんが賭けた(ベットした)お金に対して、一体どれぐらいの割合で戻ってくるのか?という数字が「機械割」です。

お客さんとしては、機械割が100%を超えていないと全く勝てないような気がしますが、そんなことはありません。

この機械割は、あくまでも計算上の理論上の数値です。

 

実際、ベラジョンカジノで遊んでみるとわかりますが、自分のその時の”運””読み”、そして”場の流れ”などで勝負の結果は大きく変わります。

それに、そもそも機械割が100%を超えるギャンブルは絶対にありません。

 

ギャンブルのおいて運営者側のことを「胴元」とも呼びますが、カジノにしても公営ギャンブルにしても、ギャンブル場を運営するのには多額の経費が必要です。

そして、もちろん利益をあげなければギャンブル場を運営する価値がありません。

 

胴元であるギャンブル場の運営者は、お客さんが賭けたお金の中から一部を自分たちの経費や利益として差し引き(これを控除率やテラ銭と呼びます)、残ったお金をお客さんへ還元するのです。

これを考えると、ベラジョンカジノの機械割が95%前後ということは、高還元率であり勝ちやすく稼ぎやすいギャンブルと言えるでしょう。

 

なおベラジョンカジノは、スロット以外のテーブルゲーム、ブラックジャックやルーレットの機械割は98%前後とかなり高い還元率となっています。

ルーレットの「黒か赤」に賭ければ、単純に考えて2回に1回は勝てる計算ですし、ブラックジャックもコツコツと資金を稼ぐ事ができるゲームです。

「カジノ」と聞くと、お金持ちの遊びだとイメージしてしまいますが、このような高い機械割から見ると、実は誰でも手軽に遊べるギャンブルなのです。

 

↑人気のスロット「ゴンゾーズクエスト」の機械割は96%。

 

↑ブラックジャックの機械割は99.28%。

 

パチスロの機械割は?

それでは、パチンコ店にあるパチスロの機械割は一体どれぐらいなのでしょうか?

 

ご存知だと思いますが、パチスロには6段階の設定機能がついています。

機種によってかなりの差がありますが、一番上の設定6の機械割はおよそ110%前後。

一番下の設定1では、96%前後の機械割となっています。

 

この機械割の数字だけ見ると「パチンコ店のパチスロの方が稼げるのではないか?」と思ってしまいますが、実はこの機械割の数字には大きな落とし穴があるのです。

 

換金手数料で機械割が下がる

パチンコやパチスロを打ったことがある方ならお分かりだと思いますが、パチンコ店で現金に換金する際は「換金手数料」が一定の率で差し引かれます。

パチスロで言えば、”6枚交換”や”7枚交換”と言われているものです。

 

例えば6枚交換のパチスロなら、お客さんはコインを1枚20円で借りて、これを換金すると1枚16.6円になります。

これは、約17%もの手数料をパチンコ店に差し引かれたことになります。

7枚交換のパチスロなら1枚14.3円で現金に換金できますが、約28%もの手数料が差し引かれます。

 

これが、パチンコやパチスロが勝てないカラクリです。

パチスロを打っているほとんど人が、稼げない原因がここにあるのです。

 

機械割とは、そのスロットマシンそのものの払い出し率(ペイアウト率)のことです。

ネットカジノであるベラジョンカジノは、パチスロのような換金手数料はありませんので、スロットの機械割そのものがお客さんへの払い出し率となります。

 

対して今説明しましたように、パチンコ店のパチスロには換金手数料が発生しますので、実際のお客さんが手にする払い出し率は、スロットの機械割よりもかなり低くなるのです。

 

なお「等価交換のパチスロなら換金手数料が発生しないのでは?」と思うかもしれません。

確かにその通りです。

 

しかし等価交換のパチスロの場合は、「ほぼ全台設定オール1」と思って間違いありません。

むしろ、オール設定1にしなければ経営が成り立ちません。

 

等価交換のパチスロ店で機械割100%以上の設定では、経費や利益を一切無視しても純粋に赤字になってしまいます。

経費をまかないつつ利益をあげようと思えば、実際の機械割は80%以下にしなければ店舗の運営は難しいでしょう。

 

このように単純に機械割だけを比べると、パチンコ店のパチスロの方が勝てるように思えてしまいます。

しかし実際には、パチスロ店には換金手数料が発生しますので、思ったより稼げないのが現実です。

 

ベラジョンカジノの機械割は保証されている

パチンコ店のパチスロの設定は、そのお店の店長が好きに変更することができます。

いくら設定6の機械割が高くても、設定6が打てる保証はどこにもありません。

高設定と呼ばれる設定5や6を探し出すのはとても難しく、パチンコ店によってはそもそも置いてないことも十分考えられます。

 

又、仮にパチンコ店がいくら「この台は設定6です」と言っても、それを確認することができません。

信じるかどうかはそのお客さん次第ですが、言ってしまえばそれが”嘘”だという可能性も考えられます。

 

このパチスロに比べてベラジョンカジノのスロットは、公表されている機械割が保証されています。

 

ベラジョンカジノにはたくさんの種類のスロットがありますが、それぞれが専門のゲームソフトメーカーが製作しています。

ベラジョンカジノはあくまでカジノ運営会社であり、各スロットはベラジョンカジノとのライセンス契約により、専門のゲームソフトメーカーから提供されています。

つまりベラジョンカジノが自由に機械割を変更することができない仕組みになっているのです。(パチスロのような設定はありません)

 

↑意図的ではない「ランダムな無作為抽選が保証されています。

 

又、各ゲームソフトメーカーは、それぞれゲームメーカーとしてのライセンスを取得しています。

もちろんベラジョンカジノ自体も、カジノ運営会社としてマルタ共和国政府から正式なライセンスを取得済み。

これは、不正な操作やプログラムがないことの第3者機関による証明になります。

 

↑ベラジョンカジノのライセンスを日本語に直訳したものです。

 

そしてベラジョンカジノやゲームソフトメーカーには、定期的に不正がないかの「抜き打ち検査」が行われます。

もしそこで少しでも不正が発覚すれば、即ライセンス剥奪という厳しい処分が待っています。

 

これに比べてパチンコ業界では、「裏基盤」「遠隔操作」の噂が常に絶えません。

実際、テレビで裏基盤で摘発されたというニュースも度々見ます。

 

パチンコ業界は、本来チェックする側の警察と癒着(ゆちゃく)しているとも言われていますからね・・・。

その管理体制には、どうしても疑問を感じてしまいます。

 

パチスロの機械割はメーカーの自己申告!

実は、もう一つ驚くべき落とし穴があります。

 

ベラジョンカジノのスロットは、ライセンスを取得したゲームソフトメーカーが制作しています。

定期的なライセンス認定者による「第三者」の抜き打ち検査もあり、その透明性と公平性が保証されています。

ですから僕たちは、安心してベラジョンカジノで遊ぶことができるのです。

 

これに対してパチスロの機械割ですが、なんとパチスロメーカーの自己申告の機械割なのです。

いわゆる「メーカー公表の機械割」。

第三者による検査がありませんので、お客さんはこのメーカーの自己申告による機械割を信じるしかありません。

 

でも昔からパチンコ業界には、裏基盤や遠隔操作が横行しています。

にわかには、この機械割を信じることはできませんよね・・・。

 

 

 

保通協もアテにならない

確かにパチンコ業界には「保通協」という組織があり、発売前のパチスロ台が法律に適合しているかを検査します。

 

しかしこの保通協の検査も、以前から「不透明であいまいな検査方法」な噂が絶えません。

保通協の検査のやり方は、そのパチスロ台を実際に専用の機械で打ち、メーカーが申告した内容と相違がないかチェックするだけです。

乱暴な言い方をすると、外見上の見た目に異常がないか検査しているだけ。

 

本来なら、パチスロ基盤に不正なプログラムなどがないか詳しく検査するべきですが、驚くべきことにプログラムの検査はほとんど行われていないと言われています。

つまり検査機関である保通協も、基盤にプログラムされた「本当の」機械割を把握せずに発売の許可を出しているのです。

 

そのパチスロ台にプログラムされた本当の機械割は、製造したメーカーにしか分からない・・・・。

ギャンブルにおいて、こんな不透明なことが許されるのでしょうか?

 

話が少し戻りますが、先ほどの「設定6の機械割が約110%」と言われるのは、あくまでパチスロメーカーの自己申告による機械割です。

あなたは、この機械割を信じることができますか?

設定6ならまだしも、これが設定1だったらと思うと、とても勝てる気がしませんよね・・・。

 

 

 

パチスロ攻略雑誌も・・・

皆さんは、パチスロの機械割の情報をどこで知りますか?

ほとんどの人が、パチスロの攻略雑誌や攻略サイトからの情報だと思います。

 

でもその機械割は、本当の機械割なのでしょうか?

 

そう、攻略雑誌や攻略サイトの機械割も、パチスロメーカーの自己申告による機械割です。

もちろんパチンコ店に備え付けられている「冊子」の機械割も、パチスロメーカー発表のものです。

もうパチスロの機械割は、何を信じていいのか分かりません・・・。

 

実はパチスロ攻略雑誌は、数年前までは独自にパチスロ基盤のプログラムを解析していたのです。

これをロム解析と言いますが、つまりそのパチスロの大当たり確率などをプログラムから調べ上げることです。

ロム解析をすれば、本来の正しい機械割を知ることができます。

 

でも、この攻略雑誌によるロム解析は現在では禁止されており、どのパチスロ攻略雑誌も行なっておりません。

数年前にロム解析をしていた攻略雑誌会社が、 パチスロメーカーから著作権の侵害だと裁判で訴えられ敗訴してしまったからです。

パチスロメーカーが作った知的財産物であるプログラムを、許可なく勝手に調べてはいけないという判断が下りました。

さすがに裁判で負けてしまっては、パチスロ攻略雑誌会社もそれ以上は手が出せません。

 

しかしパチスロ攻略雑誌会社も、現在でもロム解析をやろうと思えばできます。

でも、もしロム解析を行ったらどうなると思いますか?

 

当然著作権侵害にはなりますが、それ以前にパチスロメーカーはパチスロ攻略雑誌会社の大事な広告主(スポンサー)です。

パチスロ攻略雑誌会社がロム解析をすれば、スポンサー契約を解除されてしまいます。

どの業界でもそうですが、お金を出してくれるスポンサーには逆らえません。

 

このような図式から、現在のパチスロ攻略雑誌はパチスロメーカーの言いなりと言ってもいいでしょう。

近年のパチスロ攻略雑誌が、メーカーについて過激な内容を書かなくなったのもこの為だと言われています。

 

やはりパチスロ攻略雑誌に掲載されている機械割は、僕はにわかには信じらません

実際、パチスロメーカーが公表している機械割を始め、各数値に疑問感じる人がたくさんいるようです。

 

繰り返しますが、パチスロがギャンブルである以上、第三者機関による公平性や透明性の保証は必ず必要です。

 

お客さんは、パチスロメーカーの都合の良い自己申告による機械割だけを頼りに、お金を賭けているのです。

これって、とても恐ろしいことですよね。

パチスロの「見かけの」機械割に惑わされないようにしたいものです。

 

 

公営ギャンブルの機械割は?

日本の公営ギャンブルは、競馬・競輪・競艇・オートレースの4つです。

日本では賭博は禁止されていますが、公営ギャンブルは法律で例外として認められています。

 

気になる公営ギャンブルの機械割(還元率・払い出し率)は、約75%です。

ベラジョンカジノに比べれば、かなり低い機械割ですよね。

競馬などはもっと稼げるイメージがあったのですが、実際にはベラジョンカジノの方が勝ちやすいギャンブルと言えます。

 

実際公営ギャンブルは、お客さんに人気の組み合わせは、お客さんがその組み合わせを買えば買うほどどんどんオッズが下がっていきます。

そのレースの総売上から運営者側が控除率の約25%を先に差し引いて、残りをその組み合わせの購入者数で割って払い戻しているからです。

だから人気の組み合わせはオッズが低く、人気のない大穴の組み合わせはオッズが高いのです。

 

なんだかこれは、お客さん同士で払い戻される金額を取り合っているようなイメージですね。

 

この公営ギャンブルの機械割も法律で決められていますので、公営ギャンブルの運営者が勝手に変えることはできません。

 

引用元:JRA http://www.jra.go.jp/keiba/reimbursement_rate/index.html

 

宝くじの機械割は?

最後にギャンブルというイメージとは少しかけ離れていますが、お金を賭けていることに違いはない宝くじの機械割(還元率)についてお話します。

 

宝くじの機械割は約45%です。

 

現在のジャンボ宝くじの1等は、数億円です。

でも意外や意外、宝くじは機械割が50%もないギャンブルで、購入者のお客さんには半分も還元されていないのです。

 

このことから、宝くじはごくごく一部の当選者のみが勝ち、大半の人が負けてしまうギャンブルと言えるでしょう。

この機械割では、宝くじは到底稼げるギャンブルとは言いがたいですね。

 

まとめ

ベラジョンカジノのスロットの機械割は、およそ95%と高還元率です。

スロットを製作しているソフトメーカーも、カジノ運営者のベラジョンカジノもそれぞれライセンスを取得していますので、この機械割は信用できる数字と言えるでしょう。

またベラジョンカジノが、スロットの機械割を任意で変更することができない点も安心できますよね。

 

パチンコ台のパチスロは6段階の設定がありますが、換金手数料を取られますのでお客さんが手にする実際の金額は、パチスロ機自体の機械割よりも大幅に少なくなります。

またパチスロの設定は、パチンコ店の店長が好きに変更することができますので、パチンコ店によっては「オール設定1」という可能性もあります。

 

そして何より一番不透明なのが、パチスロの機械割はパチスロメーカーの自己申告による数値のみということです。

パチスロはギャンブルであるにも関わらず、第三者による公正なプログラムチェックがされていませんので、パチスロメーカーが公表している機械割をそのまま信じるしかありません。

このような体質が、今のパチンコ業界の衰退に繋がっているのではないでしょうか。

 

その他、公営ギャンブルの機械割(還元率)は約75%、宝くじに至っては約45%という低さです。

 

こうして各ギャンブルの機械割を比べると、ベラジョンカジノが一番勝ちやすく稼ぎやすいギャンブルということがわかります。

 

本文では書き忘れましたが、なぜベラジョンカジノがこれだけの機械割を維持することができるかと言うと、それは無店舗型のカジノだからです。

オンラインカジノであるベラジョンカジノは、インターネット上のカジノですので店舗を持たないことでコストを抑えることができ、その分プレイヤーへ還元することができるのです。

ネットショッピングのAmazonや楽天などが、急成長したのと同じですね。

 

最後に・・・

 

まだ高還元率のベラジョンカジノにアカウント登録されていない方は、こちらのボタンからどうぞ!

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイト

 

このボタンからアカウント登録された方には、今ならキャンペーン中につきもれなく$30のボーナスがもらえます。

(このボタン以外からのアカウント登録は、キャンペーン対象外です)

お見逃しなく!