ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノのスロットはどれくらい勝てる?勝率とテクニックまとめ

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、ベラジョンカジノの中でも人気のゲーム「スロット」についてお話します。

スロットと聞くとほとんどの人は、パチンコの「スロット(パチスロ)」を思い浮かべると思います。

しかしベラジョンカジノ(オンラインカジノ)のスロットと、パチンコのスロットは全くの別モノ。

 

そこで、ベラジョンカジノ(オンラインカジノ)のスロットは勝つことができるのか?

その勝率や裏技テクニックなどについて説明したいと思います。

ベラジョンカジノのスロット初心者の人は、ぜひ読んで下さいね。

 

ベラジョンカジノのスロットってそもそも勝てるの?

まずは、そもそもベラジョンカジノのスロットは勝てるのか?ということから考えてみます。

 

ベラジョンカジノ(オンラインカジノ)はギャンブルである以上100%勝てるというこはありません。

だからと言って全く勝てないわけでもなく、勝ったり負けたり・・・の繰り返しです。

毎日コツコツ勝ちを積み重ねる人もいれば、なかなか勝てない日が続くけど勝つ時は金額が大きい人もいます。

これは、ベラジョンカジノ(オンラインカジノ)の遊び方により人ぞれぞれですので、一概に「どれだけ勝てるのか?」と聞かれてしまえば答えるのは難しいです。

 

しかし、ひとつ参考になる数字があるのでご紹介しましょう。

 

ギャンブルと言えば、ベラジョンカジノ(オンラインカジノ)の他にもパチンコ・競馬・競艇・競輪があります。

そして宝くじもギャンブルの一種と言えますよね。

 

これらとベラジョンカジノ(オンラインカジノ)を比べた場合、一体どのギャンブルが勝てる(勝ちやすい)のでしょうか?

一番身近なパチンコでしょうか?

それとも一攫千金の宝くじでしょうか?

 

答えは、ベラジョンカジノ(オンラインカジノ)です。

 

意外かと思われて驚くかもしれませんが、これは事実です。

数あるギャンブルの中で、ベラジョンカジノ(オンラインカジノ)が一番勝てるのです。

 

その根拠に「控除率」という数字があります。

控除率は、他にも「ハウスエッジ」「払出率」「ペイアウト率」「還元率」とも呼ばれますが、すべて同じ意味ですので覚えておいて下さいね。

控除率は「手数料」(テラ銭)と思ってもらっても大丈夫です。

 

控除率とは何を表す数字かと言いますと、運営者側の取り分(儲け分)の割合を表しています。

運営者とは、ベラジョンカジノで言えばベラジョンカジノの運営会社「Dumarca Gaming Ltd」です。

中央競馬なら「JRA」、宝くじなら「地方自治体や銀行」です。

 

お客さん(プレイヤー)が使ったお金、つまり売上金から運営者がどれだけ儲け分を差し引くのか?ということです。

 

例えば、お客さん全員で100万円使ったとします。

控除率が60%なら60万円が運営者側へ、残りの40万円をお客さん側へ還元して払い出します。

この場合は、控除率が60%で還元率は40%です。

 

つまり控除率が低ければ低いほど、お客さんに還元される金額が多いということになりますよね。

僕たちお客さん(プレイヤー)の立場から見れば、控除率が低い(還元率が高い)ギャンブルで遊んだほうが、より勝てる(勝ちやすい)のです。

 

ベラジョンカジノの控除率はどれぐらい?

さて、その気になるそれぞれの還元率は、一体どれぐらいなのでしょうか?

 

【還元率】

パチンコ・・・80~85%

競馬・・・75%

競艇・・・75%

競輪・・・75%

宝くじ・・・46%

オンラインカジノ・・・94~98%

 

・・・いかがでしょうか?

これは事実です。

 

そう、「カジノ」と聞くとものすごくギャンブル性が高くお金をたくさん使うイメージがありますが、実は還元率が一番高い(控除率が一番低い)のです。

仮にお客さんが100万円を使ったとしたら、カジノ側は2~6万円しか儲け分を取らないということです。

残りの94~98万円がお客さんに還元されるので、これなら勝負しても勝てると思えますよね。

 

反対に、TVCMなどで盛んに宣伝される年末ジャンボなどの宝くじは、控除率がナント54%!

半分以上が主催者側の”儲け”になっているのです。

極端に言ってしまえば、僕たちは宝くじを買った時点で半分はすでに負けていて、残った半分を皆で分け合っているのです。

 

僕もこの宝くじの控除率を初めて知った時は正直驚きました。

そして、それ以来宝くじは買っていません。

 

 

パチンコのスロットは勝てない?

中には、パチンコの還元率が80%~85%と意外と高いのでは?と思った人もいるかもしれません。

 

しかし、パチンコやパチスロは要注意です。

公営である競馬や競輪・競艇は、その控除率は法律で決められています。

もちろん宝くじもです。

主催者が、その時々で勝手に控除率を高くしたりはできません。

 

それに比べてパチンコやパチスロは、そのお店の店長の気分ひとつで釘や設定をシメられてしまいます。

「この80~85%」というのはかなりの優良店の還元率で、ほとんどのパチンコ店の還元率はもっと低いです。

昨今、パチンコ業界は規制強化で経営が苦しく、今後ももっと還元率は低くなるでしょう。

 

この「控除率(還元率)」という数字を見るだけで、どれぐらいベラジョンカジノ(オンラインカジノ)のスロットが勝てるのかが分かると思います。

 

ベラジョンカジノのスロットの勝率はどのくらい?

このように、還元率がとても高いベラジョンカジノのスロット。

スロットの機種によって差はありますが、おおよそ95~97%の高還元率です。

 

では、ベラジョンカジノのスロットで遊ぶと、勝率はどれぐらいなのでしょうか?

 

この答えも難しいですね。

還元率とは理論上の数字です。

毎回毎回、必ずこの数字通りになるわけではありません。

 

例えば先程のパチンコは、大勝ちしたり大負けする日もあると思います。

1日や1週間では、勝ち負けは安定しません。

しかし、これを年間通して見たらどうでしょうか?

 

やはりパチンコやパチスロだと、大きく負けてしまっている人がほとんどだと思います。

年間という長い期間を通すと、本来のパチンコの還元率である80~85%ぐらいになってしまうためです。

 

これは、ベラジョンカジノのスロットでも同じことが言えます。

いくら還元率が97%のベラジョンカジノのスロットと言えど、1日や1週間では勝率は安定しません。

時には負けが続くことだってあるでしょう。

でも、1ヶ月~半年~1年間とベラジョンカジノのスロットでプレイすれば、その還元率の

高さなりの勝率になるのです。

 

冒頭でも書きましたが、ベラジョンカジノはギャンブルである以上100%勝つということはあり得ません。

また、その人のベラジョンカジノのスロットの遊び方によっても勝率は変わってきます。

波が穏やかなスロットで遊べば、1回の勝ち金額は少ないですが勝率は高くなります。

反対に波が荒いジャックポットを狙うようなスロットでは、勝率こそ悪いものの勝った時の金額が大きいです。

 

しかし一つだけ言えることは、(繰り返しますが)ベラジョンカジノ(オンラインカジノ)の還元率の高さは、他のギャンブルとは比べ物にならないぐらい高いです。

パチンコ店のスロットを打つぐらいなら、ベラジョンカジノのスロットを打ったほうが勝率が良いのは目に見えています。

 

このように、具体的な勝率を数字で言い表すのは難しいですが、ベラジョンカジノのスロットが他のギャンブルに比べて、かなりの高い勝率であることは間違えないです。

 

 

ベラジョンカジノのスロットの裏技テクニック

最後に、ベラジョンカジノのスロットで使えるちょっとした「裏技テクニック」をご紹介しましょう。

 

みなさんは、ベラジョンカジノからのメールは毎回確認していますか?

迷惑フォルダに入っていたりしていませんよね?

ベラジョンカジノからのメールには、お得なキャンペーンの案内などがあるので必ず毎回チェックして下さい。

これも勝率を上げるひとつのテクニックです。

 

そして今回ご紹介するのは、スロットの「フリースピン」「スピンクレジット」です。

ベラジョンカジノからのメールに、スロットの「フリースピン」や「スピンクレジット」が受け取れる案内が届く時があります。

(ショップで購入することもできます)

 

このスロットの「フリースピン」や「スピンクレジット」の受け取り条件として、決められた入金額を入金し、その50%を賭けるとスロットの「フリースピン」や「スピンクレジット」を受け取ることができるというものがあります。

 

つまり受け取り条件が「入金$50の50%」なら、$50を入金して50%の$25をスロットなどで賭ければ、「フリースピン」や「スピンクレジット」がもらえるのです。

 

そして、ここからがちょっとした裏技テクニック。

「フリースピン」とは、決められた回数分だけ無料でスロットを回すことができます。(20回など)

「スピンクレジット」は、決められたクレジット分だけスロットで遊ぶことができます。($10分など)

 

そしてどちらも当たったコインは、一般のボーナスとしてカウントされるのです。

ご存知かと思いますが、ベラジョンカジノのボーナスは受け取ったボーナスの20倍を賭けなければ出金ができません。

またキャッシュ(お金)とボーナスを合わせて持っていると、キャッシュから先に使われてしまいます。

 

詳しくは・・・

 

ベラジョンカジノのボーナスの受け取りはした方がいいの?キャッシュとは別?

ベラジョンカジノの出金方法と手数料はいくら?制限やできない条件も

 

を御覧ください。

 

つまりこの場合、手元に残った$25を先に使い切り、その後スロットの「フリースピン」や「スピンクレジット」で当てたボーナスの20倍を賭けてようやく出金ができるのです。

 

そこで、入金額の50%を賭けてスロットの「フリースピン」や「スピンクレジット」の受け取り条件を満たしたら、「フリースピン」や「スピンクレジット」を受け取る前に手元に残ったキャッシュ$25を先に出金してしまうのです。

※出金にも条件があります。

 

こうすることによって、「フリースピン」や「スピンクレジット」を当てて受け取ったボーナスで、すぐにプレイすることができます。

もしボーナスがなくなってしまったら、その時に改めて出金した$25を再入金すればいいのです。

 

ちょっとした裏技的なテクニックですが、ベラジョンカジノの出金の仕組みを知らないとできない高度な?テクニックです。

まずは、ベラジョンカジノからのキャンペーンメールが届くのを待ちましょう。

そしてメールが届いた時は、この「ちょっとした裏技テクニック」のことを思い出してください。

 

まとめ

ベラジョンカジノ(オンラインカジノ)のスロットは、還元率が95~97%とかなり高いです。

他のギャンブルに比べて、圧倒的に勝てると言って良いでしょう。

 

またベラジョンカジノのスロットは、1日や1週間の短期では勝ったり負けたりしますが、1ヶ月~半年と長い期間プレイすれば、その還元率の高さから勝率もかなりのものになります。

少なくともパチンコ店のスロットよりは、勝率が高く安定して勝つことができます。

 

そして更にベラジョンカジノのスロットの勝率を上げるためには、ちょっとした裏技テクニックを使います。

それはメールで受け取る「フリースピン」や「スピンクレジット」でプレイする前に、手元に残ったキャッシュを先に出金させてしまうというテクニックです。

忘れずに実行して下さいね。