ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの儲けは税務署にバレる?税金対策する方法はあるの?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、ベラジョンカジノで儲けたお金が、税務署にバレるかどうかについてお話します。

 

ベラジョンカジノで儲けたお金は、所得税の中の一時所得になります。

例えギャンブルで儲けたお金と言えども、それは収入とみなされますので、しっかりと税金を納める必要があります。

 

でも他のギャンブル、パチンコや競馬で儲けて税金を納めてる人なんか聞いたことがありません。

ということは、ベラジョンカジノで儲けたお金についても、黙っていても税務署にバレないのでは?

税務署にバレないようにする、何か良い税金対策する方法はあるのでしょうか?

 

皆さんが、大きな声では聞けないそんな疑問について説明しますね(笑)。

 

先にこの記事の結論を書いておきます。

とても重要なことですので、まずここを読んで欲しいです。

 

・脱税は税務署にバレます。 脱税は様々なリスクを背負いますので、”割に合わない”でしょう。

・一番の税金対策の方法とは、正しく納税することです。

 

脱税はいつかはバレる

ギャンブルでの儲けにも税金がかかるとは意外かもしれません。

ベラジョンカジノで儲けたお金も、所得税の対象になるのです。

 

税金の計算方法については以前別の記事で書きましたので、よろしければそちらもご覧ください。

 

ベラジョンカジノで儲けたキャッシュには税金がかかるの?脱税はバレる?

 

普段生活をしていると、税務署と関わることはほとんどありません。

でも、僕は個人的に商売をしているため、常に税金や税務署を意識しています。

 

初めに僕からはっきりと皆さんに言っておきたいことは、「税務署を甘く見ない方がいい」ということです。

まず脱税はバレると思ってください。

 

そして、脱税は割に合いません。

これは脱税をして税務署にバレた人が、口を揃えて言うことです。

 

よく税金対策などと言って税金をごまかす人がいますが、脱税と節税は全然違います。

税金対策という言葉は、節税に対して使われる言葉です。

節税は合法ですが、脱税はもちろん違法です。

 

脱税の主な手口は、売上の過少申告と経費の水増しですよね。

どちらも納める税金が少なくなります。

 

これをベラジョンカジノに当てはめて言えば、実際は100万円稼いだのに80万円しか稼いでいないと税務署に申告することです。

これも立派な脱税になります。

 

もっと悪質なのが、税金の無申告です。

ベラジョンカジノで100万円稼いだのに、1円も申告せずにやり過ごすことです。

 

・バレなければ大丈夫

・みんなやっている

・もしバレたら、その時に税金を払えばいい

 

恐らく、そんな軽い気持ちで税金を払わないでいると思います。

 

でも僕は、脱税は絶対にやめたほうがいいと思います。

「パチンコやパチスロで勝っても、誰も税金を払っていないから大丈夫」という考えは危険です。

特にオンラインカジノであるベラジョンカジノでの脱税は、 ほぼバレると思いますよ。

 

脱税が税務署にバレるケースを、順に説明します。

 

 

100万円以上の海外からの送金

まずこれはオンラインカジノプレイヤーの中では有名なことです。

 

国内の金融機関は、100万円以上の海外への送金を行うと、全てその内容を税務署へ通知するようになっています。

海外から日本の金融機関の口座へ、送金されることも含みます。

 

ベラジョンカジノは、海外のオンラインカジノです。

ベラジョンカジノから儲けたお金を出金する際は、必ず日本国内の金融機関で受け取ることになります。

 

エコペイズやアイウォレット、今は直接自分の口座へ出金することもできますが、全て一度の送金金額が100万円を超えれば、その内容を税務署が把握することになるのです。

 

税務署が把握するとどうなるのか?

 

送金から半年から1年後、つまりは忘れた頃に税務署から「お尋ね」の通知が届きます。

まずはここで、ベラジョンカジノの儲けを隠していた事が税務署にバレます。

 

 

金融機関に履歴を残る

100万円未満の送金なら、原則税務署には通知が行きませんのでバレない可能性もあります。

 

しかし、ベラジョンカジノからの儲けを出金して自分の口座で受け取ったという事実は、その金融機関の履歴にしっかりと残っています。

僕がベラジョンカジノの儲けが、一番税務署にバレると思う理由がここです。

銀行という第三者が、儲けを証明してくれるからです。

 

ネット銀行に振り込めばバレないのでは?

 

甘いです。

「ネット銀行は、紙の通帳がないからバレない」というのは、全く間違った認識です。

 

税務署は権限であなたの持っている銀行口座を全て調べることができます。

もっと言えば、家族名義の銀行口座も調べることができるのです。

 

パチンコやパチスロの儲けを脱税しても税務署にバレないのは、直接現金でやり取りしているからです。

現金に名前が書いてるわけではありませんので、誰がいくらか儲けたのかを税務署は把握することができません。

 

公営ギャンブルの競馬や競艇も同じです。

直接、競馬場に行って現金で馬券を買えば、あなたがいくら儲けようと自主的に申告しない限り税務署にはバレません。

でも、インターネット投票で馬券を買った場合は、税務署に調べられればいくら儲けたのかが一目瞭然です。

 

このようにインターネットはとても便利ですが、現金と違って記録を残してしまうため、後々税務署にバレる原因になるのです。

ベラジョンカジノがインターネットを使っている以上、そして海外から送金している以上、その”証拠”は必ず残ります。

 

よく商売をやっている人が「税務署に入られた」と言いますが、税務署が税務調査に入った場合、銀行の通帳は必ず調べます。

もしあなたに税務署から脱税の疑いが掛けられた場合、あなた名義の銀行口座は全て調べられると思ってください。

 

マイホームを買った時

ただ税務署も年中あなたのことを監視しているわけではありません。

さすがにそれは無理ですし、税務署もそんなに暇ではありません。

 

では、一体どういった時にベラジョンカジノの儲けを脱税したことがバレるのでしょうか?

 

実は、直接ベラジョンカジノについて調べられなくても、それ以外のことからバレるケースも多いのです。

 

あなたがマイホームを買った時。

数千万円の買い物をするわけですから、お金が大きく動きます。

 

この時、税務署がチェックするのが贈与税です。

両親や祖父母から、マイホームの購入資金をもらっていないかチェックします。

実際、マイホームを買った数カ月後に、税務署からの「お尋ね」通知が届いたという人を、僕は何人も知っています。

 

その時に贈与税について調べられたのに、ついでにベラジョンカジノの儲けが税務署にバレるというパターンです。

 

 

相続があった時

次にお金が大きく動くのは、相続があった時です。

 

これはもちろん、税務署は相続税のチェックをしているからです。

相続税は、計算が複雑です。

税理士に相談せずに親族だけで処理すると、実は相続税が未払いだったというケースもあります。

 

マイホームの時同様、銀行の通帳でお金の流れを調べられて、その際にベラジョンカジノの儲けが発覚してしまうパターンです。

 

税務調査に入られた時

これはサラリーマンの方には関係ありませんが、僕みたいに個人で商売していると、税務調査に入られた際についでに個人の口座も調べられます。

この時に海外からの入金履歴があれば、当然、税務署は不審に思うでしょう。

会社を経営している社長さんは、要注意です。

 

その他、「急に羽振りが良くなった」などから、脱税が税務署にバレる時もあります。

 

例えばあなたがベラジョンカジノのジャックポットで1000万円当てて、高級車を買ったとします。

このような大きなお金の動きも、税務署が把握している場合もあります。

ご近所さんから、税務署への情報提供もあります。

 

自分では自然を装っていても、やはりお金を持っていると他人からは目立つようです。

 

 

所得税の時効は7年

僕は、ベラジョンカジノの儲けを脱税することはオススメしませんが、納税するかしないかはあなた次第です。

もし仮に脱税した場合、その時効は何年でしょうか?

 

所得税の時効は7年です。

言い方が悪いですが、7年間逃げ切ればあなたの”勝ち”です。

 

でも7年って長いですよね。

僕は7年間も税務署にビクビク怯えながら生活するのは耐えられません。

指名手配されている逃走犯の気分です。

 

でも実際は、大抵の人は脱税したことを忘れます。

1年も経てば脱税したという罪の意識がなくなってしまいますし、ベラジョンカジノで儲けたお金を使ってなくなってしまえば尚更です。

 

税務署は、忘れた頃にやって来ます。

 

これは噂ですが、税務署は脱税していることを把握しておきながら、あえて”泳がす”こともするそうです。

その理由を次に説明します。

 

 

重加算税などのペナルティがある

もし、ベラジョンカジノでの脱税が見つかったら、どうなるのでしょうか?

 

もちろん未払いの税金を納めなければいけませんが、ただ払えば済む問題ではありません。

延滞税や無申告税、そして重加算税など様々なペナルティーが、本来納めるべき税金に上乗せされて課せられます。

例えば「きちんと期限までに納めれば100万円の税金で済んでいたものを、5年後に脱税したことがバレたがために、200万円の税金を払わなければならない」というようなことになります。

 

延滞税などは日々加算されていきますので、バレるのが遅ければ遅いほど支払う税金も多くなります。

税務署は、これを狙ってあえて泳がせているとも言われています。

怖いですよね・・・。

 

↑FXもギャンブルでの脱税も同じです。

 

差し押さえされる

ベラジョンカジノの儲けの脱税が税務署にバレたけど、もし税金を払うお金がない場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

ギャンブルで稼いだお金は、大抵すぐに使ってしまいます。

所得税の時効は7年ですが、人によっては1億円儲けたとしても7年後には残っていないのではないでしょうか。

いまさら税務署に税金を払えと言われても、払うお金がない。

 

税金を支払わない場合は、差し押さえをされます。

差し押さえとは、ある日突然に税務署員が自宅にやって来て、売却してお金になりそうなものを持っていくことです。

 

例えば、車やテレビなど。

会社からの給料が、税務署に差し押さえられることもあります。

もちろん会社には、差し押さえされることがバレます。

マイホームなどの不動産の差し押さえも・・・。

 

あなたが税金を悪質に滞納していれば、税務署員は警察官と同じく捜査令状を持って家の中に入って来ます。(強制調査)

僕の中では「税務署員=警察官」というイメージです。

 

「ベラジョンカジノの儲けは、もう使ってしまって残っていない。だから税金は払えない。」

という言い訳は通用しないのです。

 

税金は自己破産で消えない

「税金が払えないなら、自己破産すればいい」

こう考える人もいるかもしれません。

 

でも滞納した税金は、自己破産しても消えません。

税金は、あなたが生きている限り払わなければならないのです。

いえ、先々あなたが亡くなれば、あなたが滞納していた税金はあなたは子供が払うことになります。

 

ギャンブルで儲けた税金を、子供の代にまでも払わせる・・・。

これは、とってもみじめですよね。

 

 

正しい納税が一番の税金対策

というわけで、今回は何だか暗いお話になってしまいました。

でも本当に、税務署や税金を軽く思わない方がいいですよ 。

 

最後に、僕が思う一番の税金対策の方法をお話します。

一番の税金対策の方法とは、正しく納税することです。

 

きちんと税金を払っていれば、税務署は怖くありません。

税金をごまかそうとするから、税務署に目をつけられるのです。

 

ギャンブルで儲けたお金は、一時所得になると初めに説明しました。

この一時所得は、税金対策をして節税をするのが難しいです。

 

もし税金のことで分からないことがあれば、税務署や税理士さんに聞いてください。

ネットや素人からの情報は、間違っていることが多いです。

 

税法は多岐に渡って複雑ですし、毎年毎年細かいところが改正されています。

素人が自己判断で節税をしてみたら、実は脱税だったという笑えない話もあるぐらいです。

 

もし、あなたがベラジョンカジノで大金を稼いだなら、その稼いだお金の一部は税金だということを忘れないでください。

全額自分のものだと思ってしまうので、脱税をしたり使ってしまったりするのです。

儲けたお金は、税金分だけは必ず残しておきましょう。

 

本当に、脱税はやめたほうがいいですよ。

見つかった時に後悔しても遅いです。

 

正しく納税できると約束できる人は、下のボタンからベラジョンカジノにアカウント登録してみて下さい(笑)。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイト