ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの勝ち方とは?儲かる攻略法や必勝法はあるの?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回はベラジョンカジノでの勝ち方や、儲かる必勝法や攻略法はあるのかどうかについてお話します。

 

ベラジョンカジノがギャンブルである以上、誰でも儲けて稼ぎたいと思うのは自然なことです。

そうなると気になるのが必勝法や攻略法、誰にでもできる勝ち方などの存在についてです。

 

さて、ベラジョンカジノの勝ち方とはどんなものなのでしょうか?

 

先にこの記事の要点をまとめます。

 

・ベラジョンカジノに必ず勝てる攻略法や必勝法ありません。

・ベラジョンカジノは、一番儲かりやすいギャンブルです。

・テジョンカジノの勝ち方とは、投資金額やヤメ時を管理することです。

 

ベラジョンカジノに攻略法や必勝法はある?

まずはじめに、大切なことをお伝えします。

 

ベラジョンカジノがギャンブルである以上、100%勝てる方法はありません。

これはベラジョンカジノに限らず、その他のギャンブル、パチンコや競馬・競艇などでも言えることです。

 

ベラジョンカジノなどのギャンブル運営者は、お客さんが賭けた金額から一定の割合の経費や利益を差し引きます。

そして差し引いた残りの金額を、お客さんに還元しているのです。

 

もし仮にお客さんが100%勝てる攻略法や必勝法があるなら、これは反対にベラジョンカジノが100%負けることを意味します。

これではベラジョンカジノは、カジノ運営会社としての経営が成り立ちませんよね。

 

まずは、ベラジョンカジノがギャンブルである以上、100%絶対に儲かる勝ち方はないということを知って欲しいです。

 

 

ベラジョンカジノは儲からないのか?

次に、ベラジョンカジノは儲かるかどうかについてお話しします。

これは、ネットカジノであるベラジョンカジノとその他のギャンブルとを比較すれば、すぐに理解することができます。

 

先ほど「ベラジョンカジノが手数料や利益を差し引いて」と説明しました。

このギャンブル運営者(胴元)が差し引く金額のことを、手数料やテラ銭・控除率、ハウスエッジと呼びます。

そしてこれら手数料を引いた残りをお客さんへ還元するわけですが、この還元される割合のことを還元率・払い戻し率・期待値・機械割などと呼びます。

 

全て同じような意味で使われる言葉ですので、一応覚えておいてくださいね。

 

さて、ベラジョンカジノが儲かるかどうかについてですが、このお客さんへ払い戻される還元率を他のギャンブルと比較してみます。

 

ベラジョンカジノ(ネットカジノ)

・・・還元率 約95%前後

 

パチンコやパチスロ

・・・還元率 約80%前後

 

競馬や競艇など公営ギャンブル

・・・還元率 約70%から約75%

 

宝くじ

・・・還元率 約45%前後

 

いかがですか?

初めて知る方は驚くと思います。

 

ベラジョンカジノは数あるギャンブルの中で一番還元率が高い、つまり稼ぎやすいギャンブルと言えます。

 

例えば、バカラやブラックジャックなどのテーブルゲームは、単純に考えて勝率は約50%です。

つまり2回に1回は、プレイヤーが勝つ計算になります。

 

ルーレットも黒か赤に賭ければ、こちらも当たる確率は約50%です。

ジャックポットなど一撃で数億円が当たる可能性のあるスロットでも、その還元率は約90%から約95%とかなり高い払い戻し率を誇っています。

 

↑ベラジョンカジノのブラックジャックの還元率です。

 

なぜこんなにベラジョンカジノが還元率が高いかと言いますと、それは”ネット”カジノだからです。

ネットカジノですから、ランドカジノと違い実店舗を持ちません。

そのため経費(ランニングコスト)が安く済むからです。

 

これは、Amazonや楽天などのネットショッピングが成長した理由と同じですね。

Amazonや楽天は、その分を商品に値引きとしてお客さんに還元していますが、ベラジョンカジノは払い出し率を高めてお客さんへ還元しているのです。

 

カジノと聞くと、何だかお金持ちが遊ぶセレブなイメージが浮かびます。

でも実は還元率が高く、初心者の方でもお小遣いの範囲で十分に遊べるギャンブルです。

僕が、日頃からベラジョンカジノをおすすめ理由の一つが、ここにあります。

 

ちなみにその他のギャンブルの還元率ですが、パチンコやパチスロはそのお店の店長が自由に設定や釘を変更することができますので、実際はもっと還元率が低いと言われています。

パチンコ業界も規制が厳しく、経営が苦しいパチンコ店が多いですからね。

そうなると、どうしてもお客さんへ還元する割合が低くなるのは、当然のことだと思います。

 

競馬や競艇の公営ギャンブルは、その還元率が法律で定められています。

主催者側が、還元率を勝手に変更することはできません。

 

僕も競馬をたまに楽しみますが、公営ギャンブルの唯一の残念なところが、その馬の組み合わせをお客さんが買えば買うほどオッズがどんどん下がっていくことです。

逆に人気のない馬ほどオッズが高いですよね。

 

これはまさに、そのレースの総売上から主催者側が一定の手数料を差し引き、残りお客さんへ還元しているからです。

還元される金額をお客さんの総数で割って配当しますので、お客さんの人数が少なければ一人当たりの配当金額が高い=オッズが高い。

反対にお客さんの人数が多ければ、一人当たりの配当金が低い=オッズが低い、というカラクリです。

 

このことから僕は、どんなに自分の予想が正しくても、その他大勢のお客さんとの予想の兼ね合いにより、オッズが変わってしまうところが残念に感じてしまうのです。

レースの結果を予想するというより、他のお客さんが何を買うかを予想するというギャンブルに思えて仕方ありません。

 

そして誰もが一度は夢見る宝くじですが、なんとギャンブルの中では最低の還元率の約45%です。

宝くじもお金を賭けて払い戻しを受けるという以上、僕はギャンブルだと思っています。

 

還元率が半分にも満たないということは、お客さんは宝くじを買った時点ですでに半分負けているという計算になります。

宝くじこそ一番還元率が高そうなイメージでしたが、カジノとは全く真逆で宝くじが一番儲けにくいギャンブルだったとは・・・。

 

公営ギャンブルや宝くじは、確かにその売上金の一部が寄付などの社会貢献に役立てられています。

でも社会貢献をするために馬券や宝くじを買う人はほぼいないでしょう。

やはり皆さん、お金を儲けたくて買っていると思います。

 

このように、ベラジョンカジノは還元率が一番高いため、ギャンブルの中でも特に稼ぎやすいと言えるでしょう。

ギャンブルをする人は、まずはベラジョンカジノを選ぶことが「勝ち方」の一つと言えます。

 

↑ベラジョンカジノのジャックポット付きスロットの一部です。

この記事の時点でのジャックポット最高額は、1番左の機種「ISIS」の1000万ドルです。

日本円で約10億円ですよ!

 

ベラジョンカジノの勝ち方とは?

そして最後になってしまいましたが、ベラジョンカジノの勝ち方についてお話しします。

 

ここまで僕がお話ししたことを振り返ると、よくよく考えるとベラジョンカジノでの勝ち方はないのでは?思ってしまうかもしれません。

 

ギャンブルには、100%勝てる必勝法や攻略法はありません。

そして、ベラジョンカジノは約95%と言う高還元率ですが、払い戻し率が100%を超えているわけではありません。

還元率が100%を超えないということは、理論上お客さんが儲ける勝ち方がないことになるからです。

 

しかしこれは、あくまでも数字、理論上の計算です。

 

宝くじで1等を当てた人は、数億円の賞金を手にします。

この人は、還元率の低い宝くじを買っていますので負け組でしょうか?

いえ、間違いなく勝ち組です。

 

1等どころか、3等や4等でも十分な勝ち組と言えるでしょう。

ちなみに僕は、末等しか当てたことがありません(笑)。

 

その他僕は競馬で万馬券(オッズが100倍以上)を何度か当てたことあります。

競馬は1日に12レースですが、一度万馬券を当てればその日は勝ちが確定します。

 

このように還元率が100%未満のギャンブルでも、十分に勝てて稼ぐことができるのです。

 

ここから考えられるベラジョンカジノの「勝ち方」ですが、それは投資金額やヤメ時を徹底的に管理することです。

これがベラジョンカジノでの勝ち方です。

 

 

もう一度、宝くじや競馬に例えてお話しします。

 

宝くじを買う人は、毎回購入金額をおよそ決めていると思います。

年末ジャンボ宝くじなら、連番で100枚購入で3万円というように。

 

仮に宝くじで100万円当たったとしましょう。

その次の宝くじではいくら購入しますか?

多少は購入金額が多くなるものの、当たった100万円全てを買う人はそうそういないと思います。

 

極端な話をしてしまえば、年末ジャンボ宝くじで7億円当たった人が、その当選金で次のジャンボ宝くじで7億円全てを購入することもないです。

(ちなみにジャンボ宝くじを全て買い占めるには、1000億円程度必要になります。)

 

つまり、宝くじで高額当選を当てた人は「勝ち逃げ」をしていることになります。

 

僕の競馬の万馬券も同じです。

 

僕は万馬券を当てても、1レースの購入金額はどれだけ多くても3000円までと決めています。

それ以上は、何があっても買いません。

このため、一度でも万馬券を当てた日は儲けることができるのです。

 

でも中には、万馬券を当てたにも関わらず儲けることができない人もいます。

そのような人の特徴として、万馬券を当てたことにより気持ちが大きくなり、次のレースで大きく賭けてしまうのです。

当然ハズれれば、一気に負けに転落してしまいます。

 

これをベラジョンカジノの勝ち方に当てはめてみます。

 

ベラジョンカジノで遊ぶ際は、1日の投資金額とヤメ時を必ず設定します。

具体的に言えば・・・

 

「1万円負けたら絶対に止める」

「3万円儲けたら絶対に止める」

 

と言うことです。

 

ベラジョンカジノで負けてしまう人の行動パターンは・・・

 

・せっかく勝っているのに欲を出して突然大きく賭けてしまい、あっという間に軍資金を失ってしまう。

・負けを取り戻そうとして追加入金をし、さらに負けてしまう。

 

確かにうまくいく時もありますが、大半は後悔する結果となります。

僕もベラジョンカジノ初心者の頃は、こんな苦い思い出がありました。

 

ジャンボ宝くじは年に数回の開催ですし、競馬は週末のみの開催で1日中に12レースと決まっています。

つまりそれ以上賭けることができませんので、必然的に勝ち逃げすることができ、またそれ以上に負けることもありません。

 

でもベラジョンカジノは、24時間365日スマホ1台さえあれば、いつでもどこでも誰でも楽しむことができます。

 

だからこそベラジョンカジノは、投資金額とヤメ時の管理の徹底が重要なのです。

自分の意志で勝ち逃げをし、またそれ以上その日の負けを増やさないことが大切になります。

 

投資金額とヤメ時がしっかりしていないと、人間とは欲深いもので必ず「もっと稼ごう」「負けた分を取り戻そう」となります。

初心者の頃の僕みたいにプレイすると、お金が底を尽きる、もしくは時間的な猶予がなくなる、飽きる、眠たくなる、などの理由がない限り、ズルズルとプレイしてしまい結果負けてしまいます。

 

「投資金額とヤメ時をしっかりと決める。」

 

これが、ベラジョンカジノでの勝ち方です。

 

その日が例えマイナスに終わっても、またその次の日に勝負すればいいのです。

後悔するまでお金を賭けてはいけません。

ギャンブルとは、いわば自分の欲との戦いです。

 

僕も投資金額とヤメ時を決めてからと言うものの、ベラジョンカジノでのトータル収支がプラスになりました。

元々、還元率の高いベラジョンカジノですから、稼げる条件は揃っています。

 

もしなかなかベラジョンカジノで勝てない人がいましたら、この投資金額とヤメ時を一度決めてみてください。

1日に使える金額は、ベラジョンカジノの「自己規制」から設定できますが、勝ち逃げをする際の儲けのヤメ時は設定ができません。

「もっと稼ごう」という欲は禁物です。

 

たとえ1000円の勝ちでも、ギャンブルが勝ちで終わった1日は気分がいいものですよ。

途中まで勝っていたのに最終的に負けで終わった一日は本当に後悔しか残らないですから(笑)。

 

「○万円負けたら絶対に止める」

「○万円儲けたら絶対に止める」

 

これを決めることこそが、ベラジョンカジノでの勝ち方だと僕は思います。

 

 

最後に・・・

 

これは、まだベラジョンカジノで遊んだことはない人限定になりますが、実は、今ならベラジョンカジノで100%稼げる勝ち方があるのです。

 

現在ベラジョンカジノは、新規アカウント登録をするともれなく30ドルのボーナスがもらえるキャンペーン中です。

入金不要でもらえるボーナスですので、マイナスになることはありません。

このようなチャンスを逃さないことも、ベラジョンカジノでの「勝ち方」と言えますね。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイト