ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノはヤバイ?違法で逮捕されたりイカサマや不正の可能性は?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、ベラジョンカジノの「ヤバさ」についてお話しします。

 

実は先日、ネットカジノ初心者の知り合いから「ベラジョンカジノってヤバくない?」って聞かれました。

確かにネットカジノをあまり知らない人にとっては、ベラジョンカジノはヤバイと感じてしまうかもしれません。

実際は、全然ヤバくないですけどね。

 

その知り合いが気になっているベラジョンカジノのヤバさとは・・・

 

・ベラジョンカジノは、違法カジノで逮捕されないのか?

・ベラジョンカジノにイカサマや不正はないのか?

・ベラジョンカジノは、個人情報の保護は大丈夫か?

 

の3つです。

 

それでは、順番に説明していきますね。

 

時間がない方のために、この記事の要点を先にまとめておきます。

・ベラジョンカジノは、合法とも違法とも言えないグレーです。

・ベラジョンカジノはライセンスを取得しいるため、イカサマや不正はありません。

・ベラジョンカジノは、個人情報の保護も安全です。

 

ベラジョンカジノは違法でヤバイ?

まず、ベラジョンカジノの違法性のヤバさについてです。

結論から先にお話ししますと、ネットカジノであるベラジョンカジノは、現在の日本の賭博罪では、違法とも合法とも言えないグレーなギャンブルになります。

 

つまりベラジョンカジノの違法性は、今は「ヤバくない」と言えるでしょう。

その理由を書きますね。

 

ベラジョンカジノは海外の合法サイト

違法カジノが摘発されたニュースを、テレビで見たことがあると思います。

俗にいう”闇カジノ”や”闇スロット”と言われる違法なギャンブルです。

 

もちろん日本では、お金を換金するギャンブルは賭博罪に違法しますので、お店とともにお客さんも逮捕されます。

このような闇カジノはヤバイですので、絶対に近づかないようにしましょう。

 

これに対しネットカジノ(オンラインカジノ)であるベラジョンカジノは、海外で合法的に運営されているカジノサイトです。

実はベラジョンカジノは、マルタ共和国という地中海に浮かぶ国で運営されているカジノサイト。

マルタ共和国って聞き慣れない国名ですが、経済成長率トップクラスのEU加盟国です。

しかもマルタ共和国のカジノライセンスは、世界の中でも有数の取得が難しいライセンスで有名です。

 

このようにベラジョンカジノは、マルタ共和国の政府が認めた合法的なカジノサイトですので、安心できるネットカジノと言えるでしょう。

 

つまり、ベラジョンカジノは「ヤバくない」です。

 

↑ベラジョンカジノのライセンスを日本語に直訳したものです。

常時、公式サイトで公開されていますので安心です。

 

海外のネットカジノを逮捕できない

警察は、日本国内の違法カジノ店なら逮捕して摘発することができます。

しかし今お話ししたようにベラジョンカジノは海外の合法カジノサイトです。

日本の警察は、ベラジョンカジノの運営者を逮捕して摘発することができません。

 

いくらベラジョンカジノが日本の賭博罪に違法していても、マルタ共和国では合法に運営されているので、マルタ政府に捜査の協力を要請することもかなり難しいと思います。

ベラジョンカジノが、マルタ共和国内で許可なく運営されている闇カジノならヤバイですが、政府のライセンスまで取得していますので「全くヤバくない」ネットカジノ言えます。

賭博罪は運営者とお客さんとの同時逮捕

そして、ベラジョンカジノがグレーな理由はここです。

 

日本の賭博罪は、基本的に運営者(胴元)とお客さんとを同時に逮捕します。

運営者だけを逮捕、お客さんのみを逮捕、と片方だけを逮捕することは通常あり得ません。

 

闇カジノ摘発のニュースをよく聞いていると、必ずお客さん数名が「単純賭博罪」で逮捕されているのが分かると思います。

これは、ギャンブルとは運営者とお客さんの両者で行うもので、運営者だけ、お客さんだけでは賭け事をすることはできないからです。

 

この事をベラジョンカジノに当てはめてみます。

 

繰り返しますが、ベラジョンカジノは海外の合法ネットカジノです。

日本の警察が、ベラジョンカジノを逮捕して摘発することはできません。

 

しかし、もし日本の警察がベラジョンカジノのお客さんを逮捕しようとするのなら、同時にベラジョンカジノも逮捕する必要があります。

そう、ここで不都合が生じてしまいますよね・・・。

お客さんだけ逮捕して、運営者は逮捕できない。

 

それに日本の警察は、ベラジョンカジノを捜査することもできないので、お客さんの賭博の証拠を手に入れることもできません。

逮捕しても違法性を立証することができないので、裁判で有罪にすることがかなり難しいのです。

 

実は、過去に他の海外のネットカジノで遊んでいた日本人が逮捕された事件がありました。

その逮捕された人が警察と争った結果、不起訴となったのです。

不起訴とは裁判にかけないこと、つまり事実上の無罪と言えます。

警察は逮捕したまではよかったですが、裁判で有罪にできる見込みがなかったので不起訴とし釈放したのです。

 

この事件は、ネットカジノ界において画期的な事例となりました。

それまでネットカジノと言えば、怪しいやばいイメージがありましたからね。

ベラジョンカジノ案内人の僕としても、 驚いたと同時に少し安心することができた事件です。

 

ただ、だからと言ってネットカジノが合法と判断されたわけでありません。

「現在の法律では違法ではない」と判断されただけ。

これが、ベラジョンカジノは「グレー」と言われる理由になります。

 

警察も、一度は逮捕したが不起訴としてしまった前例があるので、現在の賭博罪が改正されない限りは、海外ネットカジノの日本人のお客さん(プレイヤー)を逮捕する可能性はかなり低いと思います。

 

ベラジョンカジノの違法性についてまとめますと、ベラジョンカジノは「今はヤバくないネットカジノです。

 

賭博罪などの法律が改正される時は、事前に猶予期間がありますので、もし今後改正されることがあれば、その時にベラジョンカジノをやめれば逮捕されないということですね。

 

 

ベラジョンカジノはイカサマでヤバイ?

ベラジョンカジノが違法でなくとも、そもそもベラジョンカジノ自体が不正なカジノ運営、つまりイカサマをしているようなカジノサイトでは意味がありません。

この点はヤバくないのでしょうか?

 

先ほども説明しましたように、ベラジョンカジノはライセンスを取得しています。

ライセンスを取得するには、もちろん不正やイカサマがないことを証明する必要があります。

 

マルタ共和国の政府は、ライセンス取得後も「抜き打ち」で各カジノサイトに検査を行っており、万一その検査で不正やイカサマが発覚すれば即ライセンスを剥奪します。

ベラジョンカジノは不正やイカサマが起こらないように、常に細心の注意を払ってカジノ運営をする必要があるのです。

 

そもそもベラジョンカジノにとっては、ライセンスを剥奪されるリスクを冒しながら短期的に不正やイカサマで利益を上げるよりも、健全な運営を長期にわたって行なった方がより儲かるということは明確ですけどね。

 

ゲームソフトメーカーもライセンスを取得

ベラジョンカジノには、現在700種類以上のカジノゲームで遊ぶことができます。

これらすべてのカジノゲームは、ゲームソフトメーカーからのライセンス契約により提供されているものです。

 

そして各ゲームソフトメーカーも、ゲームソフトメーカーとしてのライセンスを取得。

これは、カジノゲームに不正なプログラムやイカサマがないことの証明になります。

 

僕が何が言いたいかと言いますと、ベラジョンカジノはカジノ運営会社であり、各カジノゲームの設定などを不正に変えることができないということです。

そもそもカジノゲームには設定などというものがありませんので、いつ誰がどこで遊んでも大当たりできる期待は常に平等です。

 

中にはパチンコやパチスロのように、各お店によって自由に釘や設定が変更できると思っている人もいるかもしれません。

しかし、これは日本のパチンコ店だけの話であって、ベラジョンカジノにあるカジノゲームには設定というものが存在しないのです。

 

ライセンスを取得したゲームソフトメーカーが作成したカジノゲームを、ライセンスを取得したベラジョンカジノが運営しており、設定もないとなれば安心できますよね。

ベラジョンカジノは、平等で公正な透明性のあるカジノが楽しめると言えます。

 

ベラジョンカジノのイカサマや不正についてまとめると、「全然ヤバくない」です。

 

↑無作為とはいわゆる「ランダム」のことです。

意図的な抽選はないことの証明ですね。

 

ベラジョンカジノの個人情報管理はヤバイ?

ベラジョンカジノは、僕たちお客さんの個人情報の管理も徹底されています。

 

ベラジョンカジノの公式サイトの「プライバシーポリシー」にしっかりと書かれていることです。

お客さんの個人情報を外部に流出させないことはもちろんですが、他の目的に個人情報を使わないことも約束されています。

 

↑ベラジョンカジノのプライバシーポリシーと連絡先です。

ヤバイサイトは、この連絡先が明記されていません。

 

これは以前実際にあったことなのですが、他のネットカジノに登録した途端に迷惑メールや怪しい海外からのダイレクトメールが届いたという事例がありました。

個人情報が漏れたか、もしくはそのネットカジノ自体が個人情報を悪用したと思われます。

 

先ほどのライセンスの話を思い出してください。

 

ベラジョンカジノは、マルタ共和国政府からライセンスを取得います。

このライセンスの取得には、もちろん個人情報保護も含まれています。

 

もしベラジョンカジノから個人情報が流出たり、個人情報を悪用する事実が分かれば、こちらも即ライセンス剥奪の対象となってしまいます。

僕たちプレイヤーが安心して遊べるのも、ベラジョンカジノが個人情報の管理を徹底しているからこそなのです。

オンラインカジノはその性質上、クレジットカードの番号や銀行の口座番号を入力する必要があります。

 

怪しいヤバそうなオンラインカジノでは、このような情報は絶対に入力したくないですよね。

僕は、ベラジョンカジノを長年利用していますが、今まで個人情報流出や悪用の被害にあったことがありませんし、そのようなことを聞いたこともありません。

 

ベラジョンカジノの個人情報についてまとめると、ライセンスに基づきしっかりと管理されているので「ヤバくはなく安心できる」と言えます。

 

まとめ

ベラジョンカジノは、違法性やイカサマなどの不正、そして個人情報の管理から見ても、ヤバくはない安心して楽しめるネットカジノです。

 

それを裏付けるかのように、ベラジョンカジノは3年連続日本人に人気ナンバーワンを獲得!

多くの日本人が、ベラジョンカジノで日々ゲームを楽しんでいます。

 

 

ネットカジノ初心者の方が、僕の知り合いのように「ベラジョンカジノはヤバイのでは?」と思う気持ちも分かります。

でも僕から言わせてもらえば、遠隔操作や裏基盤の噂が絶えないパチンコやパチスロの方が余程ヤバイと思います。

公営ギャンブルにも、八百長やヤラセの噂もありますからね・・・。

 

特にパチンコ店は、営業許可を取得した後は余程のことがない限り、ほぼ「野放し」の状態が問題だと思います。

定期的な抜き打ち検査は、やはり必要かと。

 

パチンコ店は、警察と癒着しているとさえ言われている始末ですから、健全な営業を期待するのは無理でしょうか。

少なくとも僕は、パチンコ店では安心して遊ぶことができません。

 

またライセンスについてですが、近年大きく騒がれましたビットコイン(仮想通貨)がその良い例です。

 

最近になってようやく金融庁はビットコインの取引所に対して免許、つまりライセンス制を導入しました。

驚くことにそれまでは正式なライセンスがなかったのです。

 

個人情報や顧客の資産の管理が徹底されていなかったため、あのような何百億円と言う流出被害の事件が起こりました。

これは、起こるべくして起こった事件という人もいます。

 

企業は、ライセンス制度がないと自社の儲けだけを最優先して、お客さんの保護は二の次三の次になりがちです。

ライセンスがない業界や、ライセンスを取得していない企業はヤバイですよね。

 

ネットカジノの中にも、 ライセンスを取得済みと言いながら、そのライセンスを公表しないネットカジノが存在します。

具体的なカジノ名は僕からは避けますが、ヤバイサイトには近づかないようにする自己防衛が必要だと思います。

もし被害にあっても、最終的には「自己責任」と言われてしまわないように気をつけましょう。

 

 

最後に、僕は知り合いにベラジョンカジノがヤバくないことを説明した後に、アカウント登録を勧めました。

ベラジョンカジノは今ならキャンペーン中で、アカウント登録だけで入金不要の30ドルのボーナスがもらえるからです。

 

よろしければあなたもいかがですか?

下記のボタンからのみの限定で、30ドルのボーナスがもらえます(ボタン以外からは対象外です)。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイト