未分類

ベラジョンカジノは法律違反?違法賭博で逮捕される可能性はあるの?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、ベラジョンカジノは法律に違反しているのか?についてお話します。

 

ベラジョンカジノはオンラインカジノと呼ばれるジャンルに分類されますが、どうしてもオンラインカジノと聞くと怪しい、法律違反なのでは・・・と思ってしまいます。

法律違反カジノでしたら、最悪違法賭博で逮捕される可能性もありますからね。

 

この辺りを詳しく見て行きます。

 

先にこの記事の要点をまとめておきますね。

 

・ ベラジョンカジノ自体は、日本の法律に違反していません。

・従って現在の法律では、賭博罪で逮捕される可能性は低いでしょう。

 

公営ギャンブルとパチンコ以外は賭博罪に違反

現在の日本の法律では、お金をかける賭博行為は賭博罪に違反します。

法律に反する賭博として有名なのが、賭け麻雀や違法に換金する闇カジノ、闇スロットと言われるものですね。

 

例外として、競馬・競艇・競輪・オートレースは、公営ギャンブルとして法律で認められていますし、パチンコは風俗営業法によって賞品への交換が合法とされています。

つまりこれらパチンコや競馬以外でお金をかけることは、賭博罪という法律に違反することになってしまうのです。

 

では、オンラインカジノであるベラジョンカジノも法律に違反してしまうのでしょうか?

 

実はこれについては、”グレーゾーン” です。

つまり”黒”である違法とも言えないが、”白”である合法ともどちらとも言えない状態です。

 

ベラジョンカジノで遊んでいたら、実際に逮捕される可能性はあるのかが気になりますが、 違法でも合法でもないと言われても少し不安ですよね。

 

もう少し詳しく説明していきます。

 

 

逮捕・摘発されるのは日本国内での話

テレビでよく聞く闇カジノや闇スロットが摘発され、その経営者やお客さんが逮捕されたというニュース。

これらの事件に共通する言葉は、全て日本国内で行われている賭博ということです。

日本では賭博は法律で禁止されていますので、これに違反すれば賭博罪で逮捕されて当然です。

 

ベラジョンカジノは海外の合法カジノ

オンラインカジノにあるベラジョンカジノは、海外のカジノです。

ヨーロッパにあるマルタ共和国という国で、正式なカジノライセンスを取得した合法的なオンラインカジノです。

日本とは全く関係のない、海外で合法的に運営されているという点が特徴ですね。

 

賭博は運営者の方が罪が重い

このように、海外で合法的に運営されているベラジョンカジノは、日本の法律に違反していません。

そもそも外国ですから、日本の法律が及ばないのです。

 

日本の警察がベラジョンカジノを捜査したり、運営責任者を逮捕することができないのは誰が見ても明らかです。

アメリカのラスベガスや、マカオ・韓国などにもカジノがありますが、それらと全く同じ考え方です。

 

でも僕たちベラジョンカジノのプレイヤーは、ベラジョンカジノを利用して日本国内で賭け事しています。

やはりこれは法律に違反して、賭博罪にならないのでしょうか ?

逮捕される可能性があるのでしょうか?

 

オンラインカジノで過去に逮捕者が!?

実は、過去にベラジョンカジノ以外のオンラインカジノで遊んでいた日本人が、警察に逮捕されたという事件がありました。

その後、この逮捕された日本人がどうなったかと言いますと、不起訴となったのです。

不起訴とは、起訴されない=裁判にかけられない、 無罪・無実ということを表します。

 

なぜ、逮捕されたのにも関わらず不起訴になったのかと言いますと、それは先ほどお話したように、警察はカジノの運営者(胴元)であるベラジョンカジノを摘発(逮捕)できないからです。

 

賭博とは、通常、運営者とお客さんの両方がいて行うものです。

どちらも賭博罪に違反しますが、賭博罪では運営者側の罪を重く見ています。

 

少し難しい法律用語で説明しますと、運営者側は「賭博場開張図利罪」で懲役刑になりますか、お客さん側は「 単純賭博罪」で罰金刑で済みます。

運営者もお客さんも、どちらもお金を「稼ぐ」という目的は同じですが、運営者は商売として営利目的で賭博場(カジノ店)を開いていますが、お客さんは個人の趣味の楽しみの範囲でカジノを楽しんでいるに過ぎません。

 

このことから見ても賭博罪は、お客さんよりも運営者側を強く取り締まる法律であると言えますよね。

 

話を先ほどのオンラインカジノで逮捕された事件に戻します。

 

この事件では、お客さん側の日本人プレイヤーは逮捕されましたが、運営者側のオンラインカジノ側は摘発(逮捕)されていません。

これって何だかおかしな話だと思いませんか?

 

賭博罪でより罪が重い運営者は逮捕されず、罪が重くない方のお客さんのみが逮捕されています。

確かにお客さんは賭博罪という法律に違反していますが、お客さんだけが逮捕されて有罪になるのは、賭博罪という法律の趣旨から考えてもおかしいです。

例えが不適切かもしれませんが、薬物の使用者だけを逮捕して、売人は逮捕されないということと同じです。

 

それに警察は、お客さんを賭博罪で逮捕したら証拠を集めなければなりません。

でも海外で合法的に運営されているオンラインカジノから、どうやってその賭博の証拠となる資料を集めるのでしょうか?

 

おそらく日本の警察が証拠の提出を求めても、オンラインカジノ側は取り合ってくれないでしょう。

仮にその国の政府に捜査の協力を要請しても、オンラインカジノはその国では合法的に運営されていますので、これもまた取り合ってもらえない可能性の方が高いです。

 

このような事情から、逮捕された日本人はその後不起訴、つまり無罪無実となったわけです。

 

 

逮捕=有罪ではない

ここで少し説明の補足をしておきます。

 

警察に逮捕されるとすべて有罪だと思いがちですが、逮捕されるということは法律に違反している可能性がある、疑わしいということです。

本当に有罪かどうかを決めるのは、裁判所の裁判官です。

逮捕=有罪ではないということですね。

 

でも、皆さんがこう思ってしまうのには無理もない事情がありまして、現在の日本の刑事事件では起訴されれば99%有罪になると言われています。

起訴されるとは、裁判にかけられるということです。

それだけ警察は証拠を集めて、「まず間違いなく有罪になるだろう」という確信を得た上で起訴します(起訴するのは検察です)。

 

ですが先ほどのオンラインカジノで逮捕された日本人の事件では、警察(検察)は裁判で有罪にできる見込みがなかったので不起訴としたわけです。

これが、オンラインカジノはグレーな状態と言われる理由です。

 

確かにお客さんはスマホを使ってカジノでお金を賭けていますが、より罪の重い運営者側が海外で合法的に運営されているという特殊な事情から、このような「逮捕されたが不起訴」と言う結果になりました。

 

尚、海外では、賭博場開張図利罪は有罪ですが、単純賭博罪は無罪という国もたくさん存在します。

つまりこれは、カジノなど賭博場を開いてお金儲けをするのは重罪ですが、個人がカジノと言う趣味を楽しむ分には罪に問わないということを表しています。

 

また日本でも、先日IR推進法(通称カジノ法案)が成立しました。

これから日本でも、合法的にカジノが楽しめる時代がいよいよ来ます。

時代の流れから見ても、カジノは違法から合法へ変わりつつあるのです。

 

それに、競馬などの公営ギャンブルやパチンコはいくら法律で認められるといえども、ギャンブルという賭け事には変わりはありません。

現在の日本は、カジノという賭け事は法律違反ですが、昔から身近に賭博ができる環境があるのです。

これも何だかおかしな話ですよね。

 

このようなことから、海外の合法的なベラジョンカジノで個人がスマホを使って楽しむことは合法とは言えないものの違法とも言えないグレーな状態です。

警察も一度”不起訴”と言う前例があるために、賭博罪が改正されない限りはベラジョンカジノプレイヤーを逮捕するという可能性は低いのではないでしょうか。

 

法律違反のオンラインカジノもあるので注意

このように海外のオンラインカジノであるベラジョンカジノで遊ぶことは、現在の日本の法律に違反してるとは言えず、逮捕もされないグレーな状態です。

しかし、オンラインカジノがすべてこのような法律違反にならないとのか言えば、それは大きな間違いです。

 

実は過去に、海外のオンラインカジノで遊んでいたプレイヤーが逮捕された事件がありました。

なぜ逮捕されたかと言いますと、海外のオンラインカジノに見せかけた日本国内のオンラインカジノだったのです。

 

実際のカジノの運営は大阪市内の会社が行っており、海外のサーバーを利用して海外のオンラインカジノと見せかけていたのです。

海外のサーバーを利用することは誰でも簡単にできますし、このように度々犯罪に使われることもあります。

アダルトサイトなどでもよく使われる手口ですね。

 

つまり、海外のオンラインカジノだからと言ってうっかり手を出してしまうと、 おもわぬ事件に巻き込まれ逮捕される可能性があります。

やはりこの辺りは、正しい情報を見極める力、そして自己責任という部分も大切になってきますね。

 

 

オンカジとインカジは違う

以上が、オンラインカジノであるベラジョンカジノが法律違反にならない、そして逮捕される可能性が低いと言われる理由です。

 

せっかくですので、「オンカジとインカジの違い」について説明したいと思います。

 

皆さん、オンカジやインカジって聞いたことはありますか?

 

オンカジとは、オンラインカジノの略です。

インカジとは、インターネットカジノの略です。

 

オンラインとはインターネットを使うことですので、どちらも同じ意味の言葉に思えます。

しかしオンカジやインカジは、全く違う意味の言葉ですので間違いないようにしましょう。

僕もカジノを始めた当初は、このオンカジやインカジの二つの言葉は同じ意味だと思っていました。

 

オンカジとは、先ほど説明で出てきましたベラジョンカジノのようなオンラインで楽しむカジノです。

インターネットという通信を利用したカジノですね。

無店舗型カジノと言えば、分かりやすいでしょうか。

Amazon や楽天、ジャパンネット銀行などインターネット上にある実店舗を持たないお店のことです。

 

オンラインカジノに対する言葉が、ランドカジノと言われるものです。

これは実際にお店として実在するカジノのことで、アメリカのラスベガスなどがそれに当たります。

 

そしてインカジとは、オンカジのようなインターネットでプレイできるカジノを、実際の店舗の中でお客さんにプレイさせるカジノのことです。

カジノのお店に行くと、テーブルやスロットが置いてありますよね。

インカジはこれらの代わりに、お客さんはインターネットを使ったカジノで遊ぶのです。

 

例えるなら、競馬の場外馬券場をイメージして下さい。

場外馬券場では、実際に競馬のレースは目の前では行われていませんが、テレビ中継を通してレースを見ながらお客さんは予想して馬券を買います。

 

ほとんどのインカジは、お客さんにお金を賭けさせていますので、もちろん法律違反になります。

インターネットを使ったカジノだからと言っても、賭けたお金はその場でそのお店とやり取りをしていますので、もちろんこれは賭博罪になりますよね。

インカジの場合は、カジノの運営者(胴元)は日本国内にあるそのお店になりますから、摘発(逮捕)されて当然です。

 

このようにオンカジやインカジは一見同じ意味の言葉と思いがちですが、実は全く違う別の言葉ですので注意が必要です。

オンカジは、法律に違反していないグレーなカジノですが、インカジは違法に換金しているいわゆる闇カジノで法律違反です。

 

まとめ

オンラインカジノであるベラジョンカジノは、現在の日本の法律には違反していません。

合法とも言えませんが、違法とも言えないのです。

 

ベラジョンカジノは、海外で正式なライセンスを取得しているカジノです。

過去には別のオンラインカジノのプレイヤーが逮捕された事件もありましたが、起訴をして有罪にできる見込みがないため不起訴となり釈放されました。

ベラジョンカジノを個人が趣味を楽しむ範囲でプレイする分には、 警察に逮捕される可能性は低いでしょう。

 

 

昔からパチンコを初め、公営ギャンブルが身近にある日本で、数年後には合法的なカジノ施設が誕生します。

こう考えると、現在の賭博罪が個人が趣味を楽しむ単純賭博をも法律違反とするのは、時代の流れにそぐわないかもしれませんね。

 

まだベラジョンカジノに登録していない方は、こちらからどうぞ!

ベラジョンカジノは、現在キャンペーン中でアカウント登録だけで$30のボーナスがもらえます。お見逃しなく!

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイト