未分類

ベラジョンカジノは違法で怪しい?逮捕されて捕まる可能性はあるの?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、ベラジョンカジノの違法性について説明します。

初めてベラジョンカジノを知った人に中には、「オンラインカジノって怪しいよね・・・?」思う人もいると思います。

 

果たしてベラジョンカジノは違法なのでしょうか?

ベラジョンカジノでプレイをしたら、逮捕されて捕まる可能性はあるのでしょうか?

 

このことについてお話しします。

 

先にこの記事の要点をまとめておきます。

 

・ベラジョンカジノは、現在の日本の法律では”グレー”です。違法とも合法と言えません。

・過去にベラジョンカジノ以外のオンラインカジノで逮捕された人がいましたが、不起訴となりました。

・日本の法律が改正されない限り、ベラジョンカジノでプレイして逮捕される可能性は限りなく低いでしょう。

 

ベラジョンカジノは違法で怪しいギャンブル?

カジノって聞くと、皆さんはどういう印象をお持ちですか?

ほとんどの人が、アメリカのラスベガスやマカオのカジノを思い浮かべることでしょう。

あのようなリアルなカジノをランドカジノと呼びます。

お金持ちが遊ぶイメージで、一度は自分も行ってみたいと思いますよね。

 

しかしこれが「オンラインカジノ」になると、「怪しい」という印象を持つ人がいるようです。

オンラインカジノであるベラジョンカジノは、違法カジノ(闇カジノ)ではないの・・・?

 

安心して下さい、大丈夫です。

 

怪しいと思うかもしれませんが、ベラジョンカジノは違法なギャンブルではありません。

その理由を説明しますね。

 

ベラジョンカジノを規制する法律は日本にはない

カジノの他に思い浮かぶギャンブルと言えば、パチンコや競馬・競輪・競艇などがあります。

それぞれが日本の法律に基づき運営されていますので、違法ギャンブルではありません。

 

そしてベラジョンカジノは、インターネットを利用したオンラインカジノですが、現在の日本の法律では、オンラインカジノ(ネットカジノ)に関する法律がないのです。

これはどういうことになるかと言いますと、合法とも違法とも言えない”グレー”な状態です。

 

皆さんが「カジノは怪しい」と思うのは、恐らくニュースなどでたまに見かける「闇カジノ摘発」と同じだと思われているからでしょう。

この摘発される闇カジノは、もちろん違法カジノです。

日本国内で無許可でカジノ賭博をしていたわけですから、違法行為で摘発されて当然。

 

でもベラジョンカジノはオンラインカジノです。

 

ベラジョンカジノを運営しているのは、Dumarca Gaming Ltdという会社です。

この会社は、ヨーロッパにあるマルタ共和国にあります。

マルタ共和国はカジノが合法な国であり、ベラジョンカジノはこのマルタ共和国のライセンスを取得して合法的にカジノ運営をしています。

 

そう、ベラジョンカジノは日本人に人気ナンバー1のオンラインカジノですが、日本国内で運営されているカジノではないのです。

海外で運営されているオンラインカジノなのですね。

これらのことから、ベラジョンカジノは怪しいということは全くなく、アメリカのラスベガスやマカオのカジノと同じように、違法ではない正式にその国で認められたカジノになります。

 

 

海外のオンラインカジノに日本人がアクセスしても違法ではないの?

でも、いくらベラジョンカジノが海外でライセンスを取得していても、それを日本人がプレイしたらやはり違法になるのでは・・・。

そう不安になり怪しむ気持ちも分かります。

 

先程も書きましたが、現在の日本の法律ではオンラインカジノを取り締まる法律はありません。

合法とも違法とも言えないのです。

 

では、こう考えてみてはいかがでしょうか?

 

日本人がアメリカのラスベガスに行って遊んでも違法にはなりませんよね?

これは、アメリカの法律が適用されているからです。

 

オンラインカジノであるベラジョンカジノも同じです。

ベラジョンカジノには、マルタ共和国の法律が適用されています。

 

僕たちは、それをスマホやパソコンを使ってインターネット経由でアクセスしているだけ。

ラスベガスに直接行って遊ぶことが、インターネット経由で遊ぶことに変わっただけなのです。

それにベラジョンカジノは、インターネットの通信を行う”サーバー”も日本国内ではなく、海外のサーバーを使っています。

 

このようにベラジョンカジノ自体は、日本とは全く無関係なところで運営されていますので、日本の法律が適用されず違法にはならないのです。

 

ベラジョンカジノで逮捕されて捕まる可能性は?

次に、こうした合法とも違法とも言えない”グレー”なベラジョンカジノで、逮捕されて捕まる可能性があるのか?について説明します。

 

実は過去に、ベラジョンカジノ以外の他のオンラインカジノをプレイしていた日本人が、逮捕されて捕まった事件がありました。

 

詳しくは、以前こちらの記事で書きましたので合わせてお読み下さい。

ベラジョンカジノは違法と合法どっち?逮捕されないのか検証

 

簡単にその経緯を説明しますと、2015年にイギリスのオンラインカジノをプレイしていた日本人3人が、京都府警に逮捕されました。

このイギリスのオンラインカジノ会社は、イギリス国内で運営されています。

 

警察は、逮捕した3人を起訴しようと思いましたが、なんと10ヶ月後に不起訴になったのです。

起訴されれば裁判になりますが、不起訴ということは裁判にすらならなかったということ。

これは警察は、裁判にかけても有罪にできる見込みがなく諦めたことを意味します。

 

なぜ不起訴になったのでしょうか?

 

その理由は、日本の賭博罪は運営会社側(胴元)を取り締まる目的が強いのです。

もし、このイギリスのオンラインカジノでプレイしていた3人を有罪にしようとするのなら、イギリスのオンラインカジノ会社も取り締まらなければなりません。

 

しかし、このオンラインカジノは、イギリスの法律に基づき合法的に運営されています。

それを日本の警察が、日本の法律に違反しているからと言って捜査することはできません。

アメリカのラスベガスを、日本の警察が賭博罪で取り締ることができないのと同じです。

 

外国で、その国や地域の法律に基づき合法的に運営されているオンラインカジノに、日本の警察が取り締ることはできないのです。

それをプレイしている日本人だけを逮捕して捕まえても、運営者側を罪に問えません。

その結果、不起訴となったわけです。

 

尚、僕がこの記事の前半でお話した「ベラジョンカジノ」が、違法でも合法でもない”グレー”と説明しましたが、実はこの事件がその根拠になっています。

この逮捕された事件から4年ほどが経ちますが、それ以降オンラインカジノをプレイしている日本人が逮捕されて捕まったことはありません。

この事件以来、オンラインカジノに対する日本の法律が何ら改正されていないからです。

警察もこの事件の前例があるので、仮に逮捕しても有罪にできないと分かっています。

 

 

この先ベラジョンカジノで逮捕される可能性はある?

それでは、この先ベラジョンカジノをプレイしていて大丈夫なのでしょうか?

万一、逮捕されることはないのでしょうか?

 

繰り返しますが、現在はベラジョンカジノなどのオンラインカジノは”グレー”な状態です。

今後、法律が改正されて違法となれば、もちろん逮捕される可能性はあります。

 

しかし法律の改正とは、ある日突然行われるわけではありません。

公布から施行まで猶予があります。

もしベラジョンカジノが違法と法改正された場合は、その時に止めれば逮捕されることはありません。

もちろん施行後にプレイしていれば、逮捕され捕まる可能性はあります。

 

少なくとも現在のベラジョンカジノは、過去の不起訴になった事件から違法でも合法でもない”グレー”なのです。

 

まとめ

オンラインカジノと聞くと怪しいと思いがちですが、ベラジョンカジノはマルタ共和国のライセンスを取得した合法的な運営会社です。

日本では馴染みの浅い「カジノ」ですが、海外ではラスベガスなどが人気で有名ですね。

 

そして現在の日本の法律では、違法とも合法とも言えない”グレー”な状態です。

過去にオンラインカジノで逮捕され、その後不起訴になった事件があったことがこの根拠です。

 

今後法改正されれば、ベラジョンカジノが違法となる可能性もあります。

しかし現在は「IR法案(統合型リゾート)」も議論されていますので、反対にカジノが合法となる期待もありますよね。

 

僕は、今日もベラジョンカジノを楽しんでいます。

”グレー”は「怪しい」ではなく、「取り締る法律がない」状態です。

今後の法律の行方を見守り、もしベラジョンカジノが違法となれば、その時はすぐにやめるつもりです。

それまでは、ベラジョンカジノをプレイしますよ。

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイト