ベラジョンカジノ

ムーンプリンセスのやめどきはいつ?ボーナス後のモードや天井も解説

オンラインカジノには多数のスロットゲームが存在する。

どのスロットゲームもそれぞれの魅力が存在するが、そんな中でも特に根強い人気を誇るスロットゲームがムーンプリンセスである。

このムーンプリンセスは、飽きないゲーム性と低額の賭け金でも一攫千金が期待できる爆発力を秘めたスロットゲームである。

今回はこのムーンプリンセスの攻略等を解説していこう。

 

ムーンプリンセスについての解説

先ず攻略を始める前にムーンプリンセスについて解説していこう。

このムーンプリンセスは海外のゲーム会社であるPLAY’n Goが配信提供しているスロットゲームである。

ゲームのルールも簡単で、5×5の盤面に表示されている図柄を全て消す事が出来るとフリースピンが成立するシンプルなスロットゲームである。

盤面の図柄を消すために、3人のプリンセスキャラクターの特殊能力を発動して、フリースピンの道のりを軽くしてくれる事も魅力の1つである。

そんなムーンプリンセスであるが、幾つか、プレイをする際に知っておきたい事があるのである。

 

ムーンプリンセスのデータ一覧

 

トリニティ出現確率          約1/49

トリニティからフリースピン当選確率 約17.5%

フリースピン出現確率 約1/278

 

機械割 約97%

 

ボーナス 108倍

 

こちらのデータはムーンプリンセスをプレイするうえであらかじめ知っておきたいデータである。

 

ムーンプリンセスの止め時はいつなの?

どんなスロットゲームにも止め時がある事は間違いない。

この事はオンラインカジノに限らず、パチンコ店に置いてあるスロットにも共通する内容である。

 

例えを挙げるなら、Aタイプの王様と呼ばれるジャグラーにも止め時は存在する。

基本的に言うとジャグ連終わりが止め時ではないだろうか?

その他のパチンコでも時短が終了すると止め時と考えられるのではないだろうか?

 

少し話しは逸れたが、この事はオンラインカジノのスロットゲームにも共通する事で止め時を間違えると無駄な出費をしてしまい。最悪大敗に繋がってしまうのである。

では、ムーンプリンセスの止め時はいつなのであろうか?

その答えはフリースピンを引いた場合300回転させた場合が止め時である。

では何故、そのように考えられるのか解説していこう。

 

フリースピンを引いた時に場合

フリースピンを引いた場合は間違いなく止め時である。

その理由は、ムーンプリンセスのフリースピン突入率に答えが隠されているのである。

 

その答えとはムーンプリンセスのフリースピン突入率は278/1である。

この事から一度フリースピンを引くと278/1の確率がリセットされたと考えられるからだ。

またムーンプリンセスに設定という概念は存在せず、毎回転ごとに抽選が行われているのである。

そのため、一度フリースピンを引くと、もう一度278/1の壁と戦う事になってしまうのである。

 

278/1の壁は意外と高く、無理して回していると、せっかく得た勝利金を失ってしまう事にも繋がるので、一度フリースピンを引いた時は思い切って止める事をオススメしている。

 

300回転させた場合

次に300回転させた場合は止め時だと考える。

その理由は、先程と同様にムーンプリンセスのフリースピン突入率が関わって来るのである。

 

その他にも、先程も記載した通り、ムーンプリンセスは毎回転ごとに抽選を行っているため、いつまで粘っても確率は変わらないのである。

そのため、300回転で見切りを付けてスロットゲームを止める事をオススメしている。

 

少し味気ないと考えるプレイヤーもいるだろうが、オンラインカジノにおいて無理は禁物である。

 

ムーンプリンセスに天井はあるの?

パチンコ店のAT・ART機には天井と呼ばれる機能が付いている。(最近では天井が無いスロット台も増えてきたが…)

しかし、オンラインカジノのスロットゲームには天井と呼ばれる機能は付いていない。

仮に1000回転回しても天井にたどり着くことは無く無意味な作業となってしまうのである。

 

ボーナス後のモードについて

パチンコ店のスロットゲームにはボーナス後のモードが示唆されたり、継続したりする事があるが、オンラインカジノのスロットゲームにはそういった機能は存在しない。

ボーナスを得たのであれば、すぐにゲームを止める事が得策と考える。

その方が軍資金や勝利金をより良い使い方が出来るのでオススメである。

 

 

ムーンプリンセスのやめどきはいつ?

先程も記載したが、ムーンプリンセスの止め時はフリースピンを引いた場合と300回転を回した場合である。

これ以外にも止め時は幾つか存在するので、紹介しよう。

 

トリニティの発動後にすぐに止める

ムーンプリンセスにおいて、「トリニティ」は非常に重要なフリースピンへの道筋である。

そして、このトリニティの確率は約49/1となっている。

つまり50回転を回して一度でもトリニティを獲得する事が出来れば、その結果次第で止める事も非常に効果的なのである。

勿論確率上の話しになるが、試してみると効果的な結果を得る事が出来るであろう。

 

負けを受け入れて止める

最後にムーンプリンセスを始め、他のスロット台にも共通する事であるが、ギャンブルにおいて負けを受け入れる事は非常に重要である。

オンラインカジノをプレイすると必ず勝ち負けは結果として現れる。

 

その際に無理をして負けを取り戻しに行かない事が重要である。

先程も説明したが、ムーンプリンセスは最低でも約300回転は回す必要がある。

その回転数を回すことが出来ない軍資金の状況で、負けを取り戻しに行っても、火に油を注ぐ結果になってしまうのだ。

オンラインカジノのスロットゲームで一番大切な事は、大敗をしない事が一番重要である。

 

「明日には明日の風が吹く」の言葉通りギャンブルにもその日によって自身の運はそれぞれ変わるのである。

その日の負けを受け入れる事で、明日の軍資金を残す事が非常に重要である。

そして、時には負けを受け入れ、何故負けたのかその対策を練る事が大切である。

 

ムーンプリンセスにモードや天井はある?

先程も記載した通りムーンプリンセスには天井は存在しない。

毎回転する度に抽選が行われているのである。

 

そして、天井の無い事は極めて危険な事であり、ムーンプリンセスをプレイするプレイヤーの心が止め時の天井を作り出すと言っても過言ではない。

何度も記載しているがオンラインカジノで止め時を間違えると最悪の場合大敗に繋がってしまうので、止め時の天井は常にプレイヤーの心に身に着けて欲しい。

 

終わりに

今回はムーンプリンセスの止め時にや天井についての解説を記載した。

インターネット上では様々な情報が飛び交い結局のところ「ムーンププリンセスは勝てない!」と書かれた記事を幾つか見る事が非常に残念である。

 

オンラインカジノのスロットゲームはパチンコ店のパチンコやスロットと違い、高確率で勝つことが出来るギャンブルである。

そんなオンラインカジノのスロットゲームで勝てない理由はプレイヤー自身に原因がある事を考える必要があるのではないだろうか?

 

その事から、ムーンプリンセスを回す際に勝敗を全て運に任すのではなく、ムーンプリンセスの特性をしっかりと理解して立ち回って欲しいと考える。

そして、しっかりと心の天井を持ってプレイすれば大敗は防ぐことが出来ると筆者は考えている。

 

まだベラジョンカジノの会員登録が済んでない方は、こちらからどうぞ!

今なら、もれなく30ドルのボーナスがもらえるキャンペーン実施中です。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイト