未分類

メイドカジノで換金すると違法?合法的にチップを景品交換する方法はあるの?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、カジノの中でも「メイドカジノ」についてお話しします。

 

メイドカジノでは、メイドに扮した可愛い女の子がディーラーをしてくれます。

もちろん「カジノ」ですから、ルーレットやブラックジャックなどのテーブルゲームで遊ぶことができます。

 

ところでこのカジノで使うチップですが、現金に換金したり景品に交換することができるのでしょうか?

 

せっかくカジノで儲かってチップが増えたのなら、 換金や景品交換したいですよね。

今回は、このことについてご説明します。

 

先にこの記事の要点をお伝えしておきます。

・メイドカジノは、法律上ゲームセンターと同じ扱いです。

・従って、現金に換金したり景品と交換すると違法になります。

・合法的に景品交換できるのは、パチンコ店のみです。

 

メイドカジノでチップを換金すると違法になるの?

IR推進法案が可決したこともあり、最近「カジノ」と付く名前の店をよく聞くようになりました。

カジノバー、カジノレストラン、カジノカフェ、アミューズメントカジノ、そしてメイドカジノなど。

 

これらのお店にはそれぞれ特徴や特色がありますが、「カジノ」というぐらいですから、チップを現金に換金することはできるのでしょうか?

 

この答えは、もちろんチップを換金することは違法になりますのでできません。

メイドカジノでのチップの換金は違法です。

 

皆さんご存知の通り、日本では賭博が禁止されております。

お金を賭けるギャンブル行為は、法律違反です。

 

競馬・競輪・競艇・オートレースなどは「公営ギャンブル」と呼ばれ、特別に法律で許可されているのです。

パチンコ店も、グレーゾーンではあるものの現金への換金は違法になります。

 

メイドカジノのチップを景品になら交換しても合法になる?

では、現金に換金するのが賭博で違法なら、チップを景品に交換するのは合法なのでしょうか?

 

いいえ、メイドカジノではチップを商品や景品に交換するのも違法になります。

現金への換金ではないからと言って、合法になることはありません。

商品や景品への交換を認めてしまうと、例えば貴金属や高級ブランド品などを交換して換金することができてしまいますからね。

 

このようにメイドカジノのチップは、現金に換金したり商品や景品に一切交換することはでないのです。

 

 

メイドカジノはゲームセンターと同じ!?

カジノなのに換金や景品に交換することが違法なら、メイドカジノとは一体法律上はどういうお店になるのでしょうか?

 

実はメイドカジノを初め、カジノバーやアミューズメントカジノなどは、ゲームセンターと同じ扱いになります。

そしてゲームセンターを管理している法律は、風営法と呼ばれるものです。

メイドカジノなどは、この風営法に基づいて営業しているゲームセンターと同じお店です。

 

皆さん、一度はゲームセンターのメダルで遊んだことがあると思いますが、どれだけゲームに勝ってメダルが増えても、景品に交換したことはないと思います。

ましてや現金に換金したことは、絶対にないはずです。

 

このゲームセンターのメダルをメイドカジノのチップに置き換えれば、換金や景品交換ができない理由が分かると思います。

帰り際に手元に余ったチップは、メイドカジノ側が預かってくれることはあっても、現金に換金したり商品を景品に交換することは違法です。

 

「交換」ではなく、ドリンクなどをチップと引換に「注文」するのももちろん違法です。

「物々交換」になりますから、これでも合法にはなりません。

 

つまりメイドカジノやカジノバー・カジノアミューズメントのお店は、換金したり景品交換するのが目的ではなく、純粋にカジノゲームを楽しむのが目的のお店になります。

そこにプラスアルファとして、メイドカジノなら可愛い女の子と遊びながらカジノを楽しむ、カジノバーならお酒を飲みながらカジノゲームを楽しむ、というそれぞれの特徴があるのです。

 

なぜパチンコ店は景品交換が合法的にできるの?

日本では現金に換金するのは賭博となり、違法行為ということはわかりました。

しかし、一つ気になることがあります。

 

なぜパチンコ店は、玉やコインを合法的に景品に交換することができるのでしょうか?

 

これは風営法上では、パチンコ店だけ特別に景品に交換することが認められているからです。

もう少し詳しく説明しますと、メイドカジノやゲームセンターは風営法の中でも「第5号営業」というものになります。

これに対してパチンコ店は、風営法の「第4号営業」です。

 

同じ風営法でも、さらに細かく規制が分かれていて、その規制内容の違いからパチンコ店だけが景品交換を合法的に行うことができるのです。

 

パチンコ店が玉やコインを景品に交換しているからと言って、メイドカジノがチップを景品に交換すると違法になってしまいます。

ですからメイドカジノで勝ち続けてチップをたくさん増やしても、何かの景品に交換することを期待してはいけないのです。

ルーレットやブラックジャックなど、カジノゲームそのものを楽しみましょう。

 

余談ですが、 パチンコ店は実質的に現金に換金できています。

これは「3店方式」と呼ばれるグレーのやり方で、換金を半ば強引に合法化しています。

 

パチンコ店の隣にある「景品交換所」は、パチンコ店とは全くの別会社という建前で、パチンコ店が現金に換金しているのではなく、この景品交換所が換金をしているのです 。

でも表面上は別会社でも、実質はパチンコ店が換金しているのとは変わらないので、僕は違法ではないのかと思います。

 

メイドカジノで逮捕されて捕まる可能性がある!?

世の中には、「闇カジノ」と呼ばれるカジノ店があります。

度々テレビで摘発されるニュースを耳にする、違法カジノ店のことです。

 

これら闇カジノは、表向きは換金をしていませんが、警察にバレないように水面下で秘密裏にチップを現金に換金しているのです。

メイドカジノでも換金してしまえば、それは闇カジノです。

もしあなたが換金できる闇カジノで遊んでいれば、警察にバレた途端、賭博罪で逮捕され捕まるでしょう。

 

表向きはメイドカジノでも、チップを換金すれば違法行為です。

このような闇カジノは、いつか必ず警察に摘発されますので近づかないようにしましょう。

 

でも僕は、一つになっていることがあります。

それは換金や景品交換をしないメイドカジノでも、警察に摘発されたり逮捕される可能性があるかもしれないということです。

先ほど出てきました「風営法違反」での摘発や逮捕です。

 

メイドカジノで女の子と遊ぶと違法?

メイドカジノへ遊びに行く人は、男性のお客さんが多いと思います。

どちらかと言えば「カジノ」よりも、「メイド」さんを目当てで行く人が多いでしょう。

 

メイドカジノで、普通にカジノゲームを楽しむなら問題はありません。

しかし、メイドの女の子にお客さんが「接待行為」をしてもらうと、なんとお店が摘発される可能性があるのです。

 

接待行為とは、簡単に言えばお店の従業員がお客さんを「もてなす」ことです。

これは解釈がかなり難しく、警察の判断による部分が大きいです。

 

一般的には、カジノのディーラーがお客さんのテーブルの向こう側でカジノゲームの進行をするのは合法だと言えます。

しかし、もしもメイドの格好をしたディーラーが、お客さんの隣に座って一緒に談笑やゲームをすれば、これは風営法違反になりお店は摘発される可能性があります。

もちろん、メイドカジノの責任者は逮捕され捕まるでしょう。

 

え?そんなことで・・・と思われるかもしれませんが、もし「接待行為」をするお店を経営したいのなら、風営法の「第1号営業」の許可が必要です。

これは、いわゆるキャバクラやホストクラブのことです。

 

ゲームセンターと同じメイドカジノは、キャバクラやホストクラブと同じ接待行為をすることは違法になるのです。

合法的にお客さんをもてなしたいのなら、メイドカジノも風営法の「第1号営業」の許可が必要ということですね。

 

実際このような「接待行為」に違反して、逮捕されたスナックの経営者もいるぐらいです。

一般的なスナックは、カウンター越しにお客さんにお酒を提供できるに限ります。

それをお客さんの隣に座ったり、キャバクラのようなボックス席で接客するのは「接待行為」になります。

つまり風営法の「第1号営業」がやはり必要です。

 

もっと細かいことを言えば、スナックの従業員がお客さんにカラオケをリクエストしたり、そのお客さんのカラオケに拍手をすることも「接待行為」です。

少し常識では考えられないことでも、風営法では「接待行為」で「もてなす」とみなされ違法になってしまうのです。

 

メイドカジノでは、メイドの格好をした女の子がディーラーをしています。

カジノのディーラーは、無言では務まりません。

本場のランドカジノのディーラーは英語が堪能で、ゲームをするお客さんをもてなす必要があります。

 

このことから例えカジノのテーブル越しでも、「女の子目当ての接待行為では?」と警察に捉えられる可能性もあるのです。

実はメイドカジノやガールズバーは、風営法の隙間を突いたグレーゾーンな営業形態であるのも事実なのです。

今はまだグレーゾーンで警察も黙認していますが、 将来的には規制が厳しくなり摘発される可能性も考えられるでしょう。

 

 

メイドカジノが摘発されたらどうなる?

もしあなたが遊びに行っているその場で、そのメイドカジノ店が摘発されたらどうなるでしょうか?

 

もちろん換金をしていれば、あなたも賭博罪で捕まります。

しかし、今お話しした「接待行為」による風営法違反なら、お客さんであるあなたが捕まることはまずないのでは?と僕は思います。

 

でも、だからと言って安心はできません。

警察は風営法違反したお店を摘発するために、その違法な証拠を集めます。

もちろん接待行為の対象であるあなたも、警察から事情聴取されるでしょう。

 

逮捕こそされないものの、どこからかあなたが 「闇のメイドカジノで警察のお世話になった」 という噂が流れるかもしれません。

これが家族や会社に知られたら、社会的地位を失う危険だってあります。

 

少し考えすぎかもしれませんが、闇カジノや違法風俗店の摘発に居合わせたお客さんは、「 まさか自分がいる時に・・・」と誰しもが思うものです。

メイドカジノに限らず、 カジノバーやカジノカフェ、アミューズメントカジノなどに遊びに行く際は、そのお店がどのような許可を得て営業しているのか?

また、正しく風営法などの法律を守っているのか?をチェックした方がいいかもしれませんね。

 

日本で合法に換金できるカジノはないの?

ここまで、メイドカジノの違法性についてお話ししてきました。

 

現金への換金や景品の交換をしなければ、賭博罪で捕まることはないと思います。

しかし、お店の従業員がお客さんへ「接待行為」をすれば風営法に違反する恐れがあります。

摘発の現場に巻き込まれないように気をつけましょう。

 

さて、それでは今の日本で合法的に換金できるカジノはないのでしょうか?

実は合法とは言えないものの、違法でもない換金ができるカジノがあるのです。

それがオンラインカジノと呼ばれるものです。

 

オンラインカジノは、現在の日本の法律ではグレーゾーンとされています。

つまり違法でも合法でもない換金できるカジノです。

 

でもここでも注意して欲しいのが、オンラインカジノだからと言ってそのすべてが安全に遊べるわけではありません。

中には、賭博罪で逮捕されるオンラインカジノや、 イカサマや不正が横行するオンラインカジノもたくさんあるのも事実です。

 

そんな中、僕は皆さんに自信を持ってオススメができるのが、 オンラインカジノの中でも日本人に人気ナンバーワンの「ベラジョンカジノ」と呼ばれるカジノです。

 

ベラジョンカジノは違法ではないの?

オンラインカジノって聞くと、皆さんやはり違法なのでは?と不安になるようです。

 

ベラジョンカジノは、現在の日本の法律では合法とは言えませんが違法でもありません。

それはベラジョンカジノが、ヨーロッパにあるマルタ共和国と言う国で合法的に運営されているからです。

そう、ベラジョンカジノは、マルタ共和国から正式なライセンスを取得してる合法的なカジノなのです。

 

ニュースで聞く逮捕されるオンラインカジノは、 日本国内で運営されているオンラインカジノだったからです。

もちろん日本では賭博は禁止ですから、カジノの運営許可が取れるはずはありません。

いわゆるこれが闇カジノです。

 

日本人に大人気のベラジョンカジノ。

3年連続ナンバー1です。

 

海外のオンラインカジノなら逮捕されない?

それでは、なぜ海外で合法的に運営されているベラジョンカジノを、日本人が遊んでも逮捕されないのでしょうか?

 

それは、賭博罪を少し説明すれば分かるかと思います。

 

賭博罪は、胴元(運営者)とお客さんの両方がいて初めて成立します。

胴元だけ、お客さんだけ、という片方だけでは賭博罪にはならないのです。

これは、言われてみれば当然ですよね。

 

しかしよく考えてみてください。

仮にあなたが、オンラインカジノであるベラジョンカジノで遊んでいて逮捕されたとします。

警察はあなたを捕まえると同時に、胴元(運営者)であるベラジョンカジノも摘発しなければなりません。

 

でも、ベラジョンカジノは海外で合法的に運営されているカジノです。

アメリカのラスベガスと同じですね。

つまり日本の警察が、海外の法律に対して口出しすることができないのです。

 

従って、お客さんの賭博の証拠を集めるの難しいでしょう。

捜査協力も、どこまでしてもらえるのかわかりません。

むしろ難しいと思います。

ましてやベラジョンカジノ自体を摘発するなどとても不可能です。

 

これが、ベラジョンカジノが合法とも違法とも言えない理由になります。

 

ベラジョンカジノは風営法は関係ない

このように、オンラインカジノであるベラジョンカジノで日本人が遊ぶことは、違法ではないためすぐに捕まりません。

ベラジョンカジノの賭博の違法性は、現在の法律が変わらない限り捕まらないと言われています。

もし法律が改正されて違法になったとしても、法律が有効になるまでの「猶予期間」がありますので、ある日突然ベラジョンカジノで捕まることはないと思って大丈夫です。

 

これが、グレーゾーンな接待行為をしているメイドカジノなら、警察にいつ踏み込まれてもおかしくありません。

それに言い忘れましたが、オンラインカジノであるベラジョンカジノは風営法は一切関係ありません。

ベラジョンカジノの風営法絡みであなたが逮捕されたり、 摘発の現場に巻き込まれる可能性は全くのゼロということです。

 

当たり前ですよね、ベラジョンカジノはオンラインカジノですから、自分一人でパソコンやスマホからアクセスしてるだけですから。

 

気をつけなければいけないのは賭博罪のみ。

その賭博罪も、現在の法律では違法ではないグレーゾーンの状態です。

もし法律が改正されれば、その時にベラジョンカジノをすぐにやめれば捕まらないのです。

 

確かに 可愛いメイドのディーラーさんとルーレットやブラックジャックができるのは楽しいです。

僕も、一度は行ってみたいと思っています。

 

しかし、せっかくカジノで遊ぶのですから、換金できたらもっと面白いですよね。

興奮や楽しさは数倍にもなると思います。

 

それにいつ警察が来るのがビクビクしながらでは、心からカジノゲームを楽しめません。

メイドカジノのホームページなどを見てみれば分かると思いますが、「定期的に警察官が巡回に来ますのでご了承ください」との注意書きがあります。

こう書かれると、僕ならメイドカジノに行くのを躊躇してしまいます。

 

でもオンラインカジノであるベラジョンカジノなら、これらの心配を一切することがなくカジノでの換金を楽しむことができます。

まずは、ベラジョンカジノがどのようなカジノなのか?気になると思います。

 

ベラジョンカジノはちょうど今ならキャンペーン中で、このサイトからの新規アカウント登録されたから全員に30ドルのボーナスがもらえます。

 

カジノが好きなあなたなら、きっと喜んでもらえると思いますので、この機会に是非一度ベラジョンカジノを試してみてくださいね。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから