オンラインカジノ

ラスベガスのカジノの治安は安全なの?犯罪やセキュリティは大丈夫?

この記事ではラスベガスのカジノの治安や安全性についてくわしくまとめましたので、今後ラスベガスのカジノに行かれるご予定がある方やラスベガスのカジノや街に興味がある方は是非参考になさってください。

ラスベガスのカジノの治安はどのくらい?

ラスベガスはアメリカの中でも毎年たくさんの観光客が訪れる街ということもあり、街中には多くの警察官が見回りをしておりますので、よっぽど夜中に一人で細い道路を歩いたりしない限り大きな犯罪に巻き込まれることはありません。

 

しかし、残念なことに人ごみの中で気持ちが緩んだ観光客を狙うスリは多発しており、特に派手な格好やブランド物を身に着けた日本人が狙われることもありますので油断は禁物です。

これはラスベガスに限ったことではありませんが、観光地では観光客を狙った犯罪が発生しており、まさかこんな場所で!?という場所でスリの被害にあったりします。

 

じゃあどのようにスリに狙われないようにしたらいいか?

それはとても簡単です!

カジノの街ということで出かける際に派手な格好をしがちかと思いますが、極力外を歩くときは派手な格好は避け、どうしてもディナーやパーティーのために少し派手な格好をしなければいけないという時は上に一枚羽織って中の派手な格好が見えないようにして街中を歩くようにしてください。

 

次にレストランやバーで食事をするときは日本にいる感覚で少しトイレに行くのにカバンをテーブルにおいたまま行ったり、財布やスマホを人目に見える場所に置いていると簡単に持っていかれてしまいますので、公共の場所では貴重品は絶対に肌身離さずお持ちください。

 

最後に、夜遅く街中を移動しなければいけない時は少しの距離であっても必ずタクシーを利用するようになさってください。

日中は人も多く、警察官もたくさん街中を歩いていますが、夜になると人の数も一気に減ってしまい、街中を歩くのはあまりおすすめできません。

 

すぐそこのホテルまでだから歩いて行く!というような日本人の方を多くみかけますが、その少しの距離で犯罪が起こる可能性がありますので、特に一人の方は夜絶対に移動する時はタクシーを利用してください。

 

ラスベガスのカジノは安全なのか検証

ラスベガスのどのカジノにも数えきれないほどの警備員(セキュリティスタッフ)が配置されており、ラスベガスの中で最も安全な場所と言っても過言ではないほどセキュリティばっちりの場所となっております!

ただし、スリや犯罪をするような犯罪者はそれらの厳しいセキュリティの目をかいくぐり犯罪をするので、例えカジノ内にいるとしても完全に気を抜くという事はないようになさってください。

 

ラスベガスの街中もそうですが、カジノ内には数えきれない台数の監視カメラが設置されておりますので、もしスリや誰かのチップを盗んだりすると監視カメラにとらえられておりますのでそう簡単にカジノ内で被害にあうということはありません。

ラスベガスのカジノの犯罪やセキュリティは大丈夫?

ラスベガスに行かれた事がある方ならお分かりになるかと思いますが、アメリカは一度テロの標的になってから、街中に日本では考えられないほどの警察官を配置しており、犯罪者にとって容易に罪を犯すことができないといっても過言ではないほど安全が保たれています。

 

もちろんそんなセキュリティが厳しいラスベガスの街でも毎年日本の大都市より多い数の犯罪が発生しております。

ただアメリカの他の都市に比べると犯罪件数も比較的少なくおさえられており、全米の治安が良い都市ランキングではトップ10に入るほど安全な都市となっておりますので、観光客の方が極端に気を付けなければいけないという事はありません。

 

ですので最低限の自己防衛をしながら気軽にラスベガスに足を運んで頂ければと思います。

 

ラスベガスの危険エリア

ラスベガスには危険エリアが二つあります。一つはダウンタウンエリアでもうひとつはチャイナタウンエリアです。

どちらも昼間にいけば危険を感じるような場所ではありませんが、夜になると場所柄ドラッグの取引が行われたり、ギャング同士の衝突があったりほかの地域に比べて凶悪犯罪が発生する危険な場所となってしまいますので、できるだけ夜間にこれらの場所には行かないようになさってください。

 

タクシーのぼったくりに注意

先ほど夜一人で歩いたりするのはやめてタクシーを利用してくださいと言いましたが、中には観光客をぼったくろうとする悪質なタクシードライバーがおり、観光客相手ということで、普段の数倍のタクシー料金を請求されるというトラブルがここ数年多く発生しております。

特に英語を話せない日本人観光客などは、おかしいと思っても言い返すことができず、泣く泣く要求された金額を支払ったということはよく耳にします。

 

ぼったくりに合わないために、タクシーを利用する前に運転手に行先までの相場(大体の金額)を聞いてから乗車することをおすすめします。

その時に明らかにおかしい金額を提示された場合は他のタクシーをご利用ください。

ホテルの部屋の中でも注意が必要!

日本人の感覚からするとホテルの部屋の中は誰もいないので絶対安全と思いがちですが、同じホテルに連泊される場合、毎朝部屋を掃除するスタッフが勝手に部屋の中に入ってきて掃除をしてくれます。

 

もちろんそれらのスタッフがみんな危険というわけでありませんが、中には置いているチップ以外に、金目のものがあれば(アクセサリーや時計など)盗んで売り払う人もいるので、部屋から一歩でも出るときは、貴重品や現金があれば必ず部屋に備え付けの金庫の中にいれてから出かけるようになさってください。

 

ホテルのスタッフなら万が一犯罪にあってもすぐに見つかるから大丈夫じゃない?と思われる方もいるかもしれませんが、このような犯罪行為に及ぶスタッフは盗んだあとすぐに質屋や人に売り払い、ホテルにも戻ってこないということが多いです。

 

ですので、盗まれてしまうとほぼ100%手元に戻ってくることは考えられませんので十分にご注意ください。

出来るだけ少ない現金を持ち歩くこと

日本人の観光客の方に多いのが、旅行ということもありカジノや食事にでかける時にかんがえられないほどの大金を財布の中にいれている方がいますが、それは絶対にやめてください!

もし多くのお金が必要な場合はクレジットカードを利用されるようになさってください。

 

現金の場合万が一スリにあったり盗まれてしまうと手元に戻ることは考えられませんが、クレジットカードの場合はすぐにカードを停止すれば最低限の被害で食い止めることができますので、ラスベガスで出かけるときは最低限の現金だけ持って出かけるようになさってください。

 

まとめ

 

ラスベガスは派手なイメージの反面、アメリカ国内では比較的犯罪が少ない都市となっております。ただ、少ないといっても日本と比べるとスリのような軽犯罪は得に多く発生しており、日本人を含むアジア人観光客が標的にされているとも言われています。

とはいえ、今回紹介した自分で自分を守るという気持ちを忘れず危ない場所にさえ行かなければよっぽどのことがない限り犯罪に巻き込まれるというようなことはありませんので、今後ラスベガスに行かれる予定がある方は安心してラスベガスを満喫なさってください。

 

またラスベガスに行くのが恐かったり、練習としてカジノをしたい場合は、オンラインカジノがオススメです。

現在、ベラジョンカジノがキャンペーン中で、新規会員登録するともれなく30ドルのボーナスがもらえます(下のボタンから登録された方のみが対象です)。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイト