未分類

公務員がカジノで稼ぐのは違法?ギャンブルは副業で禁止されているの?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、公務員がカジノで遊んだり稼いだりするのは違法になるのか?

カジノ以外のパチンコや競馬などのギャンブルで稼ぐのは、禁止されている副業にあたるのかどうか?

についてお話しします。

 

公務員の方 、是非参考にしてみてください。

 

先にこの記事の要点をまとめておきます。

 

・公務員が、カジノなどのギャンブルで遊ぶのは違法ではありません。

・ギャンブルで儲かって稼ぐことも違法にはなりません。

・ただ事業としてギャンブルで稼ぐのは、副業になりますので禁止です。

 

公務員はカジノで遊べる?

IR 推進法が成立して、いよいよ日本にも合法的にカジノで遊べる日が近づいてきました。

僕も、日本のランドカジノで遊べること楽しみにしています。

 

ところで公務員はカジノを始め競馬やパチンコで遊ぶことは違法になってしまうのでしょうか?

 

実は、これは全然問題ないですね。

遊んでも大丈夫です、違法ではありません。

 

ギャンブルの中でも特にパチンコは公務員の方に人気があるようで、休みの日などによく打ちに行く人も多いです。

法律で公務員がパチンコや競馬・カジノ施設に行くことを禁止しているわけではありませんので、 一人のお客さんとしてギャンブルを楽しむ分には全く問題はありません。

 

カジノで稼いだら違法になる?

では、公務員がそのカジノなどのギャンブルで、お金を稼いで収入を得た場合は違法になるのでしょうか?

 

公務員は副業による収入が禁止されてますので、ギャンブルなどで稼いだお金も副業による収入と思いがちです。

しかし、ギャンブルで儲けて稼いでも、これは副業にはなりませんので違法とはならないのです。

 

ギャンブル自体が勝ったり負けたりするものですから、時には大きく儲かって稼ぐこともあるでしょう。

でも、これは趣味や遊びとしての範囲のことですから、禁止されている副業にはなりません。

 

 

ギャンブルは副業になる?

このようにカジノを始めとしたギャンブルは、公務員だからといって特別に禁止されているわけではありません。

 

僕も公務員の方の知り合いがたくさんいますが、皆さんパチンコや競馬・競輪などを休みの日に楽しんでいます。

もちろんそのギャンブルで儲かって収入を得ても、それは副業ではありませんので違法にはなりません。

日本にランドカジノができたら、公務員の方も安心して遊べますね。

 

ギャンブルが副業になってしまう場合とは?

このように公務員の方でも一人のお客さん、プレイヤーとしてカジノやパチンコを楽しむ分には全く問題はありません。

しかし、中には禁止されている副業になってしまう場合もありますので注意が必要です。

 

それは、カジノなどのギャンブルを事業として行う場合です。

例えばカジノ場を運営したり、斡旋や仲介などで手数料を稼ぐなどの場合です。

これらはお客さん側としてではなく、経営者側の立場になりますのでもちろん副業になります。

パチンコの打ち子なども、一種のアルバイトですからやめた方がいいですね。

違法です。

 

そもそも公務員が禁止されてる副業以前に、賭博罪などの法律に反する可能性がありますのでこれらは注意が必要です。

 

お客としてギャンブルをしていても違法になる?

公務員がお客としてではなく、経営者や労働者という立場でギャンブルに関わることは副業になりますので違法です。

しかし、過去にはお客さんとしてギャンブル(パチンコ)を楽しんでいて、懲戒処分を受けた公務員がいます。

 

二つ例をご紹介します。

 

まず一つ目ですが、職務中にスマホでオンラインカジノで遊んでいることがバレて懲戒処分を受けた公務員が過去にいました。

これは少し常識で考えれば良いか悪いか分かると思いますけどね・・・。

ギャンブルが副業かどうかの以前の問題だと思います。

 

仕事中にスマホで遊んでいたら、民間の企業でも何らかの処分を受けるので懲戒処分は当たり前だと思います。

 

そして二つ目は、病気休暇中の公務員が内緒でパチンコで遊んでいた事がバレて懲戒処分されたことです。

病気休暇とは、あくまで病気を療養するための休暇ですから、たとえ症状が良くなったとしてもパチンコを打ちに行くのはやはり問題ですよね。

 

こちらも少し考えてみれば、不適切な行動だということは分かると思うのですが・・・。

 

このように公務員に限らず一般常識で考えて不適切な行動は、ギャンブルは副業になるかどうか、ギャンブルで稼いだら収入になるかどうか以前の問題です。

反対に言えば、職務をしっかりとこなしたうえで、休みの日にパチンコやカジノで楽しむのは全く問題がないということです。

 

また話は変わりますが、 IR推進法により日本にランドカジノができた場合ですが、そのカジノ施設がある地域の公務員の方は、そのカジノではゲームができないそうです。

まだ正式に決まってるわけではありませんが、これはカジノを運営する会社と地元の公務員との癒着や不正を防ぐためです。

もちろん地元の公務員の方のみですから、他の地域のカジノへは遊びに行くことができます。

 

現在国内に三つのカジノ施設が予定されていますが、一体日本のどこにカジノが建設されるのでしょうか?

僕も今から楽しみで仕方がありません。

 

 

今すぐカジノで遊ぶことはできないの?

そんな IR推進法ですが、まだまだ完成までには数年かかりそうですね。

そんなカジノ完成まで待ちきれない人のために、僕がおすすめするのがオンラインカジノです。

オンラインカジノって違法じゃないの?と思われがちですが、ベラジョンカジノというオンラインカジノは違法ではありません。

 

先ほど職務中にスマホでオンラインカジノを遊んでいた公務員が懲戒処分されたお話をしましたが、この公務員は懲戒処分こそされたものの賭博罪では逮捕されていません。

オンラインカジノの中には、日本人がプレイすると違法になってしまう恐れのあるカジノや、不正やイカサマが横行しているオンラインカジノもあります。

 

その点、僕がおすすめするベラジョンカジノは、現在の日本の法律では合法とは言えないものの違法でもありません。

その理由は、ベラジョンカジノがマルタ共和国という国で、正式なライセンスを得て運営されている合法的なカジノだからです。

詳しくは、以前に別の記事で詳しく説明しましたので併せてお読みください。

 

ベラジョンカジノは違法と合法どっち?逮捕されないのか検証

 

ベラジョンカジノなら、違法になることなく本物のお金を換金することができるカジノが楽しめます。

ニュースなどでたまに見かける闇カジノは、もちろん違法です。

日本国内のカジノで換金すると、賭博罪になってしまいますからね。

 

カジノバーやカジノカフェなどは、ゲームセンターと同じ扱いです。

カジノゲームを楽しむことはできますが、換金することは禁止されています。

せっかくカジノを楽しむのですから、やはり換金できた方がもっと面白いですよね。

 

こんなベラジョンカジノなら、18歳以上なら誰でもスマホ一台で手軽に楽しめます。

 

また、僕の知り合いの公務員の方が言っていたのですが、パチンコに行きたいけど周りの目が気になってなかなか打ちに行けない・・・という意見もあるようです。

市民の中には、公務員の人がパチンコなどギャンブルをすることにあまりいい目で見ない人がいるのも事実です。

僕は、全然問題ないと思うんですけどね。

 

でもベラジョンカジノなら、周りの目を気にすることなく自宅でちょっとした時間にカジノを楽しむことができるのです。

わざわざパチンコ店や競馬場などに行かなくても済みますので、時間の節約にもなりますよね。

 

ベラジョンカジノは、今なら新規アカウント登録で30ドルのボーナスがもらえるキャンペーン中です。

このチャンスお見逃しなく!

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノ公式サイト