未分類

IR(カジノ)に賛成や反対する理由は?メリットやデメリットなど意見まとめ

日本では、IR法案によって、カジノが誕生しようとしています。カジノの誕生により、海外からの外資を得られる可能性が高まるほか、観光の拠点として有名になると予想され、日本経済にとっては大きな支えになる可能性も秘めています。

 

しかし、日本でのカジノ建設に反対する動きも強まっています。IR法案を巡る一連の流れ、さらには治安の問題なども含めて、反対という動きも徐々にですが広まりつつあるのです。

ここではIRに賛成や反対する理由について説明するほか、メリットやデメリットについて紹介します。

IR(カジノ)に賛成や反対する理由を解説

IRは、賛成と反対がはっきりと分かれている形であり、どちらでもいいという人はあまり多くありません。それだけ日本では重要なものと判断されているため、今後の動向は非常に注意していかなければなりません。

 

当然ですが、賛成する理由と反対する理由はいくつかあります。まずはIRに賛成する、反対する理由についていくつか紹介します。

IRに賛成する側の理由

IRに賛成する理由は、観光の拠点としてカジノを使えるという部分です。世界では、カジノの建設が進められており、場所によっては大きな収益を得られています。この収益を日本でも得たいという考えが強まったため、IRに賛成しているのです。

 

カジノの収益は、1日でかなりの額に達する場合があります。カジノで使われるお金は、他のギャンブルの比ではありません。1日の営業だけで、相当な収益が期待出来て、その金額の一部が国に入る形となります。国の財源がさらに増えることとなり、財政で苦労している分野にお金を使える可能性があります。

 

また、カジノというサービスが日本では利用されていないため、単純にカジノで遊びたいという理由も賛成にはあります。ラスベガスや韓国、マカオでカジノを楽しめるといっても、旅費などの負担は計り知れません。こうした負担を軽減し、入場料を支払うだけでカジノで楽しめると環境を求め、IRに賛成する立場を取っているのです。

 

こうした外資を得るという部分、そして楽しいリゾート施設を作ってほしいという意見が、IR賛成への理由となります。日本がより発展していくためには、IRによるリゾート施設が重要だと判断し、政府としては速やかに建設に踏み切りたいのです。

IRに反対する側の理由

一方で、IRに反対する理由としては、ギャンブル依存症が加速するためです。ギャンブル依存症によって、借金苦による自殺、さらには凶悪事件などが発生する可能性が指摘されており、これらの対策を徹底すべきとしています。

 

ギャンブル依存症は、他の賭け事でも指摘されていますが、射幸性を煽るような賭け事については一定の規制を設けるなどして対応しています。ただ、IRの場合は、射幸性を室内全体で煽っているような形となるため、依存症の患者が増えるのではないかと予想されています。

 

また、IRを巡る国会議員への献金問題も反対の理由として挙げられています。一部の議員がカジノに参入したい企業から不正な献金を受け取っていたとされ、逮捕される事態にも発展しました。こうした裏で何をしているかわからないという理由から、ここ最近は反対の意見も強まっています。

 

何をしているのか判断できない、本当に日本にとってプラスとなるのかわからないなどの理由から、IRに反対している人も多くなっています。

IR(カジノ)のメリットとデメリット

IRにはメリットとデメリットが存在します。このメリットとデメリットを理解した上で、本当に推し進めるべきか、自分なりに1度考えてみてもいいでしょう。

 

また、これからカジノを利用したいと考えている人は、これから紹介するメリットとデメリットを知っておけば、カジノを利用していいのか判断しやすくなるでしょう。

メリット

IRのメリットは、ギャンブルのできる場所が増える点にあります。現在は、国が提供しているギャンブルの場所は制限されており、一部の地域では利用できません。また、好きではないギャンブルで遊んだとしても、楽しめないという理由があります。

 

こうした問題をカジノが解決し、より遊びやすい施設でギャンブルができるようになります。ギャンブルの種類は豊富にありますし、IRについても4ヶ所ほどの設置が検討されるなど、広範囲で遊べる場所が増える可能性もあります。

 

また、リゾート施設として建設するため、ギャンブルで遊ばない人にとってもプラスとなる場合があります。ただリゾート施設で遊びたいだけでも入れるというのは、遊ぶ場所を探している人にはいいところでしょう。

 

他にも、高額なギャンブルに挑戦しやすいなどの理由から、多くの収益が期待できる場合もあります。ギャンブラーにとっては、大きな勝負ができるカジノは大きなメリットとなりますし、ギャンブルを実際に経験したいと感じるでしょう。

デメリット

一方で、IRにはデメリットもあります。

 

一番の理由は、遊ぶために必要な金額が多い点です。他のギャンブルは100円程度から始められますが、IRの場合は必要な金額が高く設定されます。当然ですが、入場するためには色々なチェックも入っており、気軽に遊ぶというのは難しくなっています。

 

また、カジノは周囲の治安が悪い傾向もあります。海外では、カジノが設置されている場所の周辺で事件が多くなっており、特に窃盗に関連する事件が多発しています。こうした事件が多くなるというのは、IR建設後の課題としても挙げられています。

 

一見すると、遊びやすい場所と思われるかもしれませんが、実際には入場するためのチェックが厳しい、周囲の治安が悪くなる傾向にあるなど、カジノに関連する課題は多くあります。実際のデメリットを理解して、IRについて考えたほうがいいかもしれません。

IR(カジノ)に対する世間の意見

では、日本人はIRについてどのような意見を持っているのでしょうか。

ここからは、実際の意見についていくつか見ていきましょう。

 

「IR ができると、アスリートやパフォーマーのチャンスが広がると思います。世界の人が観に来るでしょうから、かつてのマニー・パッキャオのように名もなきボクサーがいきなりスターになることもあるはず。“ジャパニーズドリーム” が生まれる場所ができたらいいですね」

記事URL:https://goetheweb.jp/lifestyle/slug-n5d8f7af0e64

 

 

この意見は、プロボクサーの村田諒太さんの意見です。村田さんは、IRによって、アスリート側に多くのチャンスが得られるのではないかと伝えています。確かに興行用の会場が日本にはあまり多くない現状では、リゾート施設として使えるIRというのは非常に大きな役割を果たすことでしょう。

 

「IR議連、パチンコ議連両方で活躍し利益誘導を図る議員も多数居るとか・・・ 玉石混交の巷の情報でも、怪しげな自民党議員が多数見受けられます。 公明党は論外、期待出来る保守政党は維新しかありません。」

URL:https://twitter.com/37633782/status/1227760529864675328

 

 

こちらは、国会議員の不信感から、IR反対気味の立場を取っています。国会議員の不正献金問題だけでなく、民間でギャンブルなどの問題を起こしていたパチンコの議連も関連しているとなれば、反対という意見を出してもおかしくはないでしょう。

 

「IRのこと。 賛成派は、外国から富裕層が来て潤うと言う。 反対派は、日本の中間層がターゲットになり、カジノが儲かった分、他の消費が落ち込むことになる、と言う。 どっちが正しいの?」

URL:https://twitter.com/7QDL5Zp1cLfu39H/status/1227444772807364609

 

 

こちらは中立派という感じの意見です。賛成派は富裕層に来てもらい、外資をたくさん使ってくれればいいと考えていますが、反対派は消費の落ち込みを懸念しています。この2つの意見は、相反する内容となっていますので、正しいのがどちらなのかわからないと考える人もいるでしょう。

まとめ

IRというのは、日本の将来を分ける可能性があるもので、慎重に議論していかなければなりません。

 

カジノのメリットやデメリットは多数ありますが、どちらを重視して賛成するのか、それとも反対するのか、しっかりと考える必要があるでしょう。また、今後の国会でどのような審議が続けられていくのか、見守っていく必要もあります。

 

世界中で利用されているカジノですが、どの国でもメリットとデメリットの議論は続いています。日本でも同様の議論が続けられ、将来的に1つの形となって集約されることでしょう。