未分類

アミューズメントカジノは景品交換できる?チップを換金するのは違法?

皆さん、こんにちは。

ベラジョンカジノ案内人の四条司です。

 

今回は、最近人気のアミューズメントカジノで、景品交換や換金ができるのかについてお話しします。

 

アミューズメントカジノで勝って増えたチップを、景品やお金に換金できたら楽しいですよね。

でも、これって違法なのでしょうか?

順に見て行きましょう。

 

先にこの記事の内容をまとめておきます。

 

・アミューズメントカジノのチップは、景品や商品には交換できません。違法になります。

・もちろん、チップを現金に換金するのも違法です。

 

アミューズメントカジノのチップは お金や景品に交換できる?

最近カジノバーやカジノカフェに続いて、カジノレストラン、 そしてアミューズメントカジノというお店まで見かけるようになりましたね。

カジノバーやカジノカフェの換金については、先日別の記事で詳しく書きましたので、よろしければ合わせてどうぞ。

 

カジノバーのチップは換金できるの?違法な闇カジノとの違いは?

 

これらいろいろお店の名前は違いますが、日本国内では賭博(博打)は禁じられています。

もちろんアミューズメントカジノに限らず、全てのカジノにおいてお金に換金することは違法です。

 

この「換金は違法」というのは、ほとんどの人は認識していると思います。

しかし問題は、商品や景品に交換できるのか?ということです。

 

せっかくアミューズメントカジノで勝ってチップを増やしたのですから、高級腕時計やネックレスなど高価な貴金属の景品に交換できたら楽しいですよね。

果たしてアミューズメントカジノのチップは、景品に交換することができるのでしょうか?

 

アミューズメントカジノのチップは景品になら交換できる?

結論を先に言いますと、残念ながらアミューズメントカジノのチップを景品に交換することはできません。

もしチップを景品に交換してしまったら、それは違法になります。

 

少し考えてみればわかりますよね。

現金に交換するのが違法だからと言って、代わりに高価な景品に交換ができてしまうのなら法律で規制する意味がありません。

交換した高価な景品を転売すれば、現金になりますからね。

 

このようにアミューズメントカジノやカジノレストランなど名前はそれぞれですが、日本の国内においてお金に換金するのはもちろん、景品や商品と交換するのも違法です。

 

アミューズメントカジノのチップは、なぜ景品と交換できないの?

もちろん法律で禁止されているから、アミューズメントカジノのチップは景品と交換できないのですが、もう少しわかりやすく説明してします。

 

実はアミューズメントカジノは風営法と言う法律のもとに営業許可されていますが、この風営法上ではアミューズメントカジノはゲームセンターと同じ扱いになります。

風俗営業の第5号営業ってやつですね。

 

皆さんは、ゲームセンターへ遊びに行ったことがあると思いますが、ゲームセンターではお金を払ってコインを借ります。

そしてそのコインがゲームで勝ってたくさん増えても、お金に換金することはもちろんできないですし、景品や商品に交換したこともないですよね。

 

余ったコインはカウンターで預かってもらうことはできますが、お金や景品に交換はできません。

お客さんはゲームセンターからお金を払ってコインを借り、ゲームそのものを楽しむだけです。

コインを増やして換金して稼せぐ、好きな景品と交換する、ということは全て違法になります。

 

余ったコインはゲームセンターから借りていたわけですので、ゲームセンターに返さなければなりません。

もちろん換金もダメですから、コインを買い取ってもらうことも違法です。

 

これをそのままアミューズメントカジノのチップに当てはめてもらえば、分かりやすいかと思います。

アミューズメントカジノもカジノゲームを楽しむお店であって、 チップを増やして換金して稼いだり、高額な景品を交換することが目的のお店ではありません。

 

 

パチンコ店だけなぜ景品交換ができるの?

そういえばアミューズメントカジノに似たお店で、パチンコ店があります。

パチンコ店は、お客さんの玉やコインをお金に換金したり景品に交換しています。

 

なぜ、アミューズメントカジノなどが換金や景品交換が違法になり、パチンコ店だけが換金や景品交換が合法的にできるのでしょうか?

 

少し法律の話になりますが、アミューズメントカジノやゲームセンターは風営法の第5号営業になると先ほどお話ししました。

そしてパチンコ店は、風営法の第4号営業になります。

同じ風営法の対象になるお店でも、少し規制の内容が違うのです。

 

この中で風営法は、パチンコ店にだけ対して「現金に交換してはならない」と換金することは違法行為としています。

 

ですからパチンコ店は、店内でこそお金に換金はしていませんが、「3店方式」というグレーな方式で、店外にあるパチンコ店とは全く関係のない業者が換金をしています。

この部分については、度々議論されていますよね。

 

パチンコ店の店内で換金してしまうのはもちろん違法ですが、お店の外でパチンコ店とは関係のない全く別の業者が換金しているので、これは違法ではないというのが現在の解釈です。

良いような悪いような・・・やはりグレーゾーンですね。

 

そしてパチンコ店は、お客さんが出した玉やコインを店内のカウンターで景品に交換しています。

現金はグレーゾーンで換金していますが、景品については店内のカウンターで堂々と交換しています。

ちょっとした家電製品やCDなどを、あなたも交換したことがあるのではないでしょうか 。

 

この景品交換は、違法にはならないのでしょうか?

 

実は先ほどお話しした通り、「パチンコ店は、現金には交換してはならない」と風営法で定められています。

ということは、つまり現金以外なら交換しても良いのでは?と言う解釈もできます。

 

屁理屈のようにも思えますが、パチンコ店の景品交換については合法とも違法とも風営法には定められていないので、現金への換金以外なら違法ではないというのがこの理由です。

 

そしてゲームセンターやアミューズメントカジノに関しては、「お金への換金も景品交換も違法」と定められています。

つまりパチンコ店だけ規制されている法律が違うので、景品交換は認められ現金への換金はグレーな手法でまかり通っているのが現状です。

 

ゲームセンターやアミューズメントカジノが、パチンコ店の真似をしてグレーな手法で換金したり店内で景品交換をしたら、それは違法となり警察に摘発されるでしょう。

 

UFOキャッチャーの景品は違法ではないの?

ここで少し気になるのが、ゲームセンターにはUFOキャッチャーなど「プライズゲーム」と呼ばれる景品を獲得するゲームについてです。

 

これらの景品は、違法ではないのでしょうか?

 

実は風営法では、このようなプライズゲームの景品は、800円までなら合法とされています。

これは、あまり知られていないことですね。

 

ここで気をつけて欲しいのが、プライズゲームは現金で直接景品の獲得を狙うゲームです。

コインゲームは、コインで遊ぶことが目的のゲームです。

つまりいくら800円までだからといって、コインで景品交換をするのはやはり違法になります。

 

尚、ガチャガチャやカードダスなど、必ず景品(商品)が出てくるものはプライズゲームではなく、自動販売機の扱いになります。

こうして風営法の規制から見ると、ゲームセンターも奥が深いですね。

 

もちろんアミューズメントカジノはゲームセンターと同じ規制になりますので、アミューズメントカジノに800円までの景品を入れたUFOキャッチャーを設置したり、カードダスやガチャガチャを設置しても違法にはならないということです。

アミューズメントカジノのお店の雰囲気に合わないので、誰も置かないと思いますが・・・。

 

 

換金や景品交換ができるカジノはないの?

それでは、お金に換金できたり景品に交換できるカジノは、日本にはないのでしょうか?

 

日本国内のカジノ店が換金することは違法ですが、中には秘密裏で換金をしているカジノがあるのも事実です。

このようなカジノは、通称「闇カジノ」と呼ばれています。

度々、ニュースで摘発されたことが放送されていますよね。

 

もちろん、こうした闇カジノで遊んでいたお客さんも賭博罪で逮捕されます。

 

でも僕は、景品交換こそできませんが、お金に換金できるカジノを一つだけ知っています。

そのカジノとは、オンラインカジノである「ベラジョンカジノ」です。

 

もちろんベラジョンカジノは、闇カジノではなく合法的なカジノです。

お店が摘発されたり、お客さんが捕まったりすることは現在のところありません。

 

なぜベラジョンカジノの換金は違法ではないの?

日本の法律では、賭博が禁止されています。

でもこのインターネットを使ったオンラインカジノであるベラジョンカジノは、マルタ共和国というヨーロッパにある国で運営されています。

そしてベラジョンカジノは、そのマルタ共和国の正式なライセンスを得て合法的にカジノ運営をしています。

 

世界ではアメリカのラスベガスやシンガポール・マカオのように、カジノが合法的に認められている国が世界中で130カ国以上もあります。

実は日本の換金できないカジノは、世界的に見て遅れているということです。

 

最近になってようやくIR推進法が成立し、近い将来、日本でも合法的に換金できるカジノが誕生しそうですね。

これは、僕はとても楽しみにしています。

 

ベラジョンカジノはアメリカのラスベガスと同じように、 マルタ共和国で合法的に運営されているカジノですから違法ではないのです。

 

 

日本人がベラジョンカジノで換金しても逮捕されないの?

ベラジョンカジノは、スマホやパソコンからインターネットを使って参加することができるオンラインカジノです。

いくら海外の合法的なオンラインカジノだからと言っても、僕たち日本人がベラジョンカジノで換金をしたら逮捕されないのでしょうか?

ちょっと心配ですよね。

 

これは、現在の日本の法律ではすぐには違法とは言えないので、逮捕されることはありません。

 

その理由を簡単に説明しますと、日本国内でお金をかけて換金することは違法になります。

でも、ベラジョンカジノは海外の合法的なオンラインカジノですので、日本の法律で取り締まることができません。

日本の警察が、ラスベガスを取り締まることができないことと同じです。

日本人旅行者が、ラスベガスで賭博罪で捕まったという話は聞いたことがありませんよね。

 

しかし、それでもベラジョンカジノの日本人のお客さんは、賭博行為(換金)をしていることに変わりはありません。

ということは、やはり違法で捕まるのでは・・・?

 

いえ、大丈夫です。

ここはパチンコ店の換金と同じグレーゾーンでして、ベラジョンカジノの日本人プレーヤーは逮捕されません。

 

なぜなら賭博とは、お客さん一人では成立しないからです。

お客さんと胴元、つまりベラジョンカジノの双方がいて初めて賭博が成り立ちます。

警察は賭博罪で有罪にしようと思うのなら、ベラジョンカジノとそのお客さん双方を摘発・逮捕しなければ犯罪の証明ができないです。

 

先ほどもお話しましたように、ベラジョンカジノは海外の合法的なオンラインカジノです。

なんら違法行為はしていません。

このようなベラジョンカジノを、日本の警察が日本の法律で取り締まることは到底無理です。

例えベラジョンカジノのお客さん側だけを逮捕しても、賭博罪の立証ができません。

 

過去にこんな事件がありました。

 

2016年にベラジョンカジノではないですが、他のオンラインカジノで換金をして賭博罪で逮捕された日本人がいました。

しかし逮捕された後、起訴され裁判にかけられることなく、不起訴のまま釈放されたのです。

 

これはどういうことかと言いますと、警察は逮捕したまではいいが裁判で有罪にする見込みがないので、起訴をすることを見送って不起訴にしたということです。

つまりオンラインカジノ側を逮捕できていないので、賭博罪の立証が困難と判断したからです。

 

そしてこれは誤認逮捕だったとも言え、不起訴とは「無罪放免お咎(とが)めなし」を意味します。

 

この2016年の誤認逮捕事件から現在2019年までの間、オンラインカジノに関する賭博罪の法律は改正されていません。

つまり現在の警察は、ベラジョンカジノで換金をしている日本人を逮捕しても、有罪にすることができないのを百も承知です。

 

これがベラジョンカジノは違法ではなく、逮捕されることがない根拠になります。

いわばオンラインカジノであるベラジョンカジノは、「合法とも言えないが違法とも言えない」グレーなカジノと言えるでしょう。

 

もちろん今後法律が改正されれば、オンラインカジノであるベラジョンカジノの換金も違法賭博になり、逮捕される可能性も十分にあります。

しかし法律の改正とは、ある日突然行われるわけではありません。

 

国会で改正が承認され、公布されてから施行されるまで猶予期間があります。

この猶予期間にベラジョンカジノを辞めてしまえば、捕まることはありません。

 

なお余談ですが、先ほどゲームセンターでの景品は800円までとお話ししました。

 

でもゲームセンターの中には、ニンテンドースイッチやプレステ4など、どう考えても800円を超える景品を置いてあるゲームセンターもあります。

これは、現在は警察が黙認してグレーな状態になっているだけで、違法なことには変わりはありません。

またパチンコ店の三店方式による換金も、今後警察がダメと判断すれば違法となってしまうでしょう。

 

ゲームセンターのニンテンドースイッチのグレーゾーンや、 パチンコ店の三店方式の換金のグレーゾーンは、法律では禁止されているが警察の判断でグレーになっているに過ぎないのです。

いつ、警察が違法と判断するかはわかりません。

もしかしたら、明日摘発される可能性だって十分に考えられます。

 

これに比べてベラジョンカジノの換金は、同じグレーゾーンでもそもそも警察の判断以前に取り締まる法律がないグレーゾーンなのです。

警察の判断ではなく法律を作る国会の判断になりますので、ベラジョンカジノで換金をしていて明日突然に捕まるということはありません。

 

それにパチンコ業界は、釘曲げ問題や出玉の規制などで「逆風」が吹いています。

反対にカジノ業界は、IR推進法が成立したことから「追い風」が吹いている状態と言えるでしょう。

 

将来的に見ても、 ベラジョンカジノの換金がすぐに違法となるのは考えにくいのではないかと僕は思っています。

 

もしオンラインカジノであるベラジョンカジノに興味がある人は、一度試してみてはどうでしょうか?

下のボタンから無料の会員登録をした人限定で、今なら30ドルのボーナスがもらえるキャンペーン実施中です。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから

 

ベラジョンカジノは、ブラックジャックやバカラ・ルーレットなどのテーブルゲームを始め 、一攫千金が狙えるジャックポット搭載のビデオスロットなども楽しめます。

その数は900種類以上!

 

そして僕のベラジョンカジノの中でのおすすめは、ライブカジノです。

オンラインカジノならではの、生身のディーラーとのリアルタイムのゲームが楽しめます。

実際にパリやシンガポールのカジノにインターネットでアクセスして、その場にいる生身のディーラーと勝負ができるのです。

これは興奮すること間違えないですので、是非一度体験してください。

 

もちろんベラジョンカジノは、お金に換金することができます。

(景品への交換はできません。)

 

 

まとめ

アミューズメントカジノなどは、ゲームセンターと同じ法律の規制を受けます。

お客さんは、アミューズメントカジノのチップを換金したり景品交換したりとすることはできません。

もちろんチップを換金したり景品交換したら違法となり、摘発・逮捕されます。

 

現在の日本の法律では賭博は禁止されていますが、海外のオンラインカジノであるベラジョンカジノは日本の法律では規制ができません。

したがって日本人がベラジョンカジノで換金をしても、警察は取り締まることができないのです。

 

やはりカジノはギャンブルである以上、僕はお金をかけて換金できるからこそ面白いと思います。

アミューズメントカジノで物足りなさを感じている人は、ベラジョンカジノで一度遊んでみてください 。

 

今ならベラジョンカジノはキャンペーン期間中!

下のボタンから会員登録するだけで、もれなく30ドルのボーナスがもらえます。

 

$30のボーナスを受け取って遊ぶにはこちらから